一人暮らしにおすすめ電力会社10選を電気料金比較【2022年最新】
監修者
監修者江田 健二RAUL株式会社/代表取締役

「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動などを実施。富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。東京大学 Executive Management Program(EMP)修了。大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。その後、RAUL株式会社を設立。 主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事。一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事。環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション委員会委員(2019年)等

初めての一人暮らしには、家電や家具の購入、引越し費用など初期費用で数十万円単位のお金が必要になることも少なくありません。

少しでも節約するためには、毎月の固定費である電気代金の見直しがおすすめです。料金が安い電力会社に乗り換えたり、ガスとセットで契約することで、電気代が抑えられることがあります。

しかし、新電力会社は数多くあり、自分にとって一番安い電力会社やプランがわからないと悩んでいる方も多いかもしれません。

この記事でわかること

そこで、電力会社おすすめランキングの中から一人暮らしにおすすめの電力会社を料金プランや特徴を比較して紹介。はじめての一人暮らしで不安な方にも、契約方法などわかりやすく解説していきます。

一人暮らしに必要なアンペア数や電気代の平均も知っておきましょう。

今月申し込みが多い!一人暮らしおすすめ新電力

東京ガス(でんき)
東京ガス
基本料金3ヶ月無料
・東京電力より安い料金設定

詳細をチェック
CDエナジーダイレクト
CDエナジーダイレクト
9種類のプランから選べる
・ガスとセットでさらにお得に

詳細をチェック
大阪ガス
大阪ガス
切り替え手続きもWEBからカンタン
新生活応援プランも登場!

詳細をチェック
電力会社の口コミ・評判アンケート調査
調査実施日 2022年8月29日〜2022年10月11日
調査方法 オンライン調査
調査に利用した会社 クラウドワークス
調査対象者 各電力会社を利用している男女
※昨今のウクライナ情勢や円安などの影響で、全国的に電気料金が高騰しています。新電力会社に乗り換えても、お得にならない可能性があります。また、当サイトのシミュレーションには「燃料費調整費」と「再エネ賦課金」を含みません。より、正確な料金シミュレーションは記事内で紹介している公式サイトでご確認ください。

一人暮らしにおすすめの電力会社10選

ここからは、一人暮らしにおすすめの電力会社を紹介していきます。以下の項目を比較したので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの電力会社比較ポイント
  • 一人暮らしにおすすめの料金プラン
  • 1ヶ月の電気代目安
  • 基本料金
  • 従量料金
  • ガスセット割の有無
  • 解約金の有無
  • 対応エリア

スクロールできます>>

電力会社 東京ガス(でんき) CDエナジーダイレクト 大阪ガス TERASELでんき HTBエナジー ONEでんき ドコモでんき おうちでんき ミツウロコでんき エネワンでんき
東京ガス でんき CDエナジーダイレクト 大阪ガス TERASELでんき HTBでんき ONEでんき ドコモでんき おうちでんき ミツウロコでんき エネワン
一人暮らしに
おすすめのプラン
基本プラン シングルでんき ベースプランA-G TERASELでんき東京B PRIME30 スタンダードプラン ドコモでんきGreen おうちでんき シングル応援プラン ベーシックでんき
1ヶ月の電気代目安 4,396円 5,214円 4,409円 5,146円 5,254円 5,760円 5,362円 5,316円 5,330円 4,356円
基本料金(税込) 30A:858.00円
40A:1,144.00円
50A:1,430.00円
30A:802.98円
40A:1,070.64円
50A:1,338.30円
最低料金
(最初の15kWhまで)
285.00円
30A:832.68
40A:1,098.24
50A:1,372.80
30A:840.84
40A:1,086.80
50A:1,358.50
30A:0円
40A:0円
50A:0円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:825円
40A:1,100円
50A:1,375円
従量料金(税込) 〜120kWh/19.78円
121~300kWh/25.29円
301kWh〜/27.36円
〜120kWh/19.78円
121~300kWh/25.47円
301kWh〜/26.38円
〜120kWh/20.31
121~350kWh/24.90
351kWh〜/27.83
〜120kWh/19.48
121~300kWh/25.42
301kWh〜/29.34
〜120kWh/19.48
121~300kWh/25.95
301kWh〜/29.96
〜120kWh/28.80円
121~300kWh/28.80円
301kWh〜/28.80円
〜120kWh/19.88円
121~300kWh/26.48円
301kWh〜/30.57円
〜120kWh/19.68円
121~300kWh/26.21円
301kWh〜/30.26円
〜120kWh/19.88円
121~300kWh/26.08円
301kWh〜/28.95円
〜120kWh/19.88円
121~300kWh/26.48円
301kWh〜/26.91円
ガスセット割
あり

あり

あり
×
なし
×
なし
×
なし
×
なし

あり
×
なし

あり
解約金
無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料
対応エリア 東京電力エリア 東京電力エリア 関西電力エリア
全国
沖縄電力を除く
全国
沖縄電力を除く
全国
沖縄電力を除く
全国
沖縄電力を除く
全国
北陸電力を除く
全国
沖縄電力を除く
全国
料金詳細
※当サイトでは「最低料金」と「電力量料金」を比べていますが、実際に毎月請求される電気代には、このほかに「燃料費調整額」と「再エネ賦課金」がかかります。
昨今の燃料価格の高騰により、関西電力・従量電灯と比べて燃料費調整額が割高になる場合があります。
・燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まず計算しております。
・2022年10月1日時点の料金です。
・それぞれ以下の使用量と仮定し、小数点以下は切り捨てして計算しております。
・1人:30A 200kWh/月
・2人:40A 300kWh/月
・ファミリー:50A 450kWh/月
・東京ガス:3ヶ月基本料金無料を適応した場合の金額です。

東京ガス(でんき)

東京ガス

基本料金(税込)
基本プラン
【20A】
572.00円
【30A】
858.00円
従量料金 【〜120kwhまで】
19.78円
【121kwh〜300kwhまで】
25.29円
【301kwh〜】
27.36円
対応エリア 東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
静岡県
セット割 0.5%割引
違約金 0円
CHECK POINT
  • 東京電力の従量電灯Bよりも全段階でおトク!
  • 電気料金1,000円あたり15ポイント貯まる
  • ガスとのセット割でさらに0.5%割引
  • 新規申し込みで基本料金3ヶ月無料

東京ガスは言わずと知れたガスの大手企業ですが、新電力会社としても知名度が高い会社です。

 新電力会社として新電力販売量が2020年12月時点で№1となっており、新電力会社としての実績も確かです。

電気料金1,000円あたりパッチョポイントを15ポイント貯めることができ、1ポイント1円でdポイントや楽天ポイントなどに交換することができます。

東京ガス(でんき)の料金シミュレーション結果

東京ガス年間お得額(一人暮らし)

料金シミュレーション詳細
世帯人数
平均月額使用量
東京ガス
基本プラン
ガスセット割込み
東京電力
従量電灯B
初年度の差額
(月額差額の12倍)
+基本料金3ヶ月無料分
一人暮らし
月200kWh/30Aの場合
5,228円 5,362円 4,182円

※燃料費調整額・原料費調整額・再エネ賦課金を除く

料金シミュレーションの結果、一人暮らしの方の場合は初年度4,182円安くなりました。もちろんガスとのセット割もあり、対応エリアの場合は更にお得になるでしょう。

今なら、電気代基本料金が3ヶ月無料になるキャンペーンを実施中なので、お得な機会を逃さないようにしましょう。

ただし、東京ガスは関東を中心とした新電力会社なので、範囲はほぼ東京電力エリアになるので注意が必要です。

元々東京ガスを使っている人なら切り替えがおすすめできます。
東京ガス(でんき)の口コミ・評判
口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・女性30代・女性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員)
ひとり暮らしからファミリーまで、各種プランがリーズナブルな点が良いです。新規契約で最初の三ヶ月分の基本料金が無料になるキャンペーンはお得なものでよかったです。ガスと電気をセットにすれば割引がきく点も良さです。 ガス単体の契約だけでなく、電気とのセットの契約をすると少しお得になる。私も電気代を安くしたいと思い、いろんな電力会社と比較したが、私が住んでいる地域ではこの東京ガスのセット契約が1番安かったです。 東京ガスの電気について実際良かったことは、初年度3か月無料で、電気代が純粋に割引になるだけでなく、また、月々の支払でポイントがたまる点についても素晴らしかったです。

東京ガスについてもっと知りたい方は、こちらの東京ガス(でんき)のメリット・デメリットについてまとめた記事がおすすめです。

出典:東京ガス公式サイト
おトクな電気料金メニューに切り替えよう!-東京ガス

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト

基本料金(税込)
シングルでんきの場合
【30A】
858.00円
【40A】
1,144.00円
従量料金 【120kwhまで】
19.78円
【121kwh〜300kwhまで】
25.29円
【301kwh以上】
27.36円
対応エリア 東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
茨城県
栃木県
群馬県
セット割 基本料金・電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%引き
違約金 0円
CHECK POINT
  • 一人暮らし用のプランで毎月電気料金100円引き
  • ガスとセットで0.5%相当割引
  • 電気料金100円につき1Pプレゼント

CDエナジーダイレクトは、豊富なプランが揃っている新電力会社。一人暮らしの方向けに「シングルでんき」というプランが用意されています。

 1ヶ月あたり、150kWh以下で電気を使用する方におすすめで、電気料金から毎月100円割引が受けられます。

電気とガスをセットで契約すると、さらに0.5%相当が割引となりお得に光熱費を抑えられます。

CDエナジーダイレクトの料金シミュレーション結果

CDエナジーダイレクト年間お得額(一人暮らし)

料金シミュレーション結果
世帯人数
平均月額使用量
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
東京電力
従量電灯B
年間差額
(月額差額の12倍)
一人暮らし
月200kWh/30Aの場合
5,214円 5,362円 1,776円

※燃料費調整額・原料費調整額・再エネ賦課金を除く
※ガスセット割は計算に含めていません。

CDエナジーダイレクトの料金シミュレーションの結果、一人暮らしの方は大手電力会社より年間約1,800円程度お得になることがわかりました。

9つのプランから自分に合ったプランを選べば、もっと電気料金を安くできる可能性もあるので、まずはシミュレーションをして確認してみましょう。

生活トラブルサポートで日常生活のトラブルもお得に対応してくれるのも魅力ですね。
CDエナジーダイレクトの口コミ・評判
口コミ・女性20代・女性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性20代・男性(会社員)
プランが豊富なので、ライフスタイルや使用電気量に合わせて選べるのは嬉しいですね。東京電力より電気代が安くなって良かったです。 一人暮らしでしたが、一人暮らし向けのプランもあり電気料金は安くて非常にお得に感じましたし、電気使用量をリアルタイムで確認しながら節約することもできたので、電気料金を安く保てとても良かったです。 初めての一人暮らしで節約をしたいと思ってCDエナジーに加入しました。電気代の利用量に応じてTポイントがたまるのでとても助かっています。
CDエナジーダイレクトへの切り替えを検討している方は、こちらのCDエナジーダイレクトの評判・口コミについてまとめた記事をぜひ参考にしてくださいね。

出典:CDエナジーダイレクト公式サイト

大阪ガス

基本料金(税込)
ベースプランA-G
【最初の15kWhまで】
285.00円
従量料金(関西エリアの場合) 【〜120kwh】
20.31
【121kwh〜350kwhまで】
24.90
【351kwh~】
27.83
対応エリア 関西エリア
一部の料金メニューであれば他エリアでも申込可能
セット割 ガス
違約金 0円
CHECK POINT
  • 関西電力管内で新電力内契約数No.1※1
  • 15年以上にわたる電気の販売実績
  • 新生活応援プランなら電気基本料金がずっと無料
  • 5,000円相当が当たるキャンペーン実施中※2

大阪ガスは、家庭だけでなく工場や病院などにも電気を15年以上にもわたって提供してきた実績のある新電力サービスです。

 ガスとセットの新生活応援プランで申し込めば、電気の基本料金がずっと無料。つまり毎年2,400円分お得になります。

基本料金と121kWh以上の従量料金は、関西電力より安い料金設定。引っ越しのサポートも全面協力してくれるので、一人暮らしスタートの方はぜひ検討してみてください。

ネットも合わせて申し込むとさらにお得になりますよ!
大阪ガス(でんき)の口コミ・評判
口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性40代・男性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員)
一人暮らしの場合にも安く扱える点が良かったと思います。プランが細分化され、一人暮らし向けの少ない電力からからのプランもあって選びやすいです。ガスと電気をセットにして支払うことでガス代が3%お得になるキャンペーンも良かったです。 ガスとのセットにより契約をひとつにして煩雑化を避けることができますしAmazonプライム付のプランによってお得なサービスを受けることもでき満足できます。 問い合わせした内容がすぐ回答してくれるから、疑問点の解消に大いに役立っています。さらに電気代を削減するテクニックまで提供してくださり、今後の光熱費の在り方がきちんと理解できました。
出典:大阪ガス公式サイト
※1 新電力とはみなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)以外の小売電気事業者/電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回配布資料(2022年3月末時点)
※2 2022/10/1〜2023/1/10まで
※昨今の燃料価格の高騰により、他社(関西電力・従量電灯)と比べて燃料費調整額が割高になる場合があります。
申し込みをする前に、その電力会社の燃料費調整額を確認しましょう。

TERASELでんき

基本料金(税込)
TERASELでんき東京B
【20A】
549.12円
【30A】
823.68円
従量料金(東京エリアの場合) 【〜120kwh】
19.08円
【121kwh〜300kwhまで】
25.42円
【301kwh~】
29.34円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
セット割 なし
違約金 0円
CHECK POINT
  • 電気料金の支払いで毎月楽天ポイントが貯まる
  • 伊藤忠エネクスグループの安心感
  • 20Aから契約可能
  • 楽天ポイント4,000ポイントプレゼントキャンペーン中※1

TERASELでんきは、エネルギー商社である伊藤忠エネクスグループが提供する新電力会社。60年以上の歴史・実績があり、沖縄を除く日本全国で契約が可能です。

 毎月の支払いで楽天ポイントが貯まり、さらに12/31までの申し込みなら4,000ポイントプレゼントのキャンペーンが受けられます。

20Aからの契約が可能なので、電気使用量の少ない方にもぴったりです。東京電力の従量電灯Bよりも基本料・従量料金が安く設定されているので、電気代の節約が期待できるでしょう。

キャンペーンは楽天ポイント以外にもamazonギフト券やHuluチケットなど、6種類の中から好きなものを選べますよ。
出典:TERASELでんき公式サイト
※1 2022年9月30日~2022年12月26日まで

HTBエナジー

HTBエナジー

基本料金(税込)
PRIMEプラン
【30A】
840.84円
【40A】
1,086.80円
従量料金(東京エリアの場合) 【〜120kwh】
19.48円
【121kwh〜300kwhまで】
25.95円
【301kwh〜】
29.96円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
沖縄
セット割 東京ガスエリア:3%OFF
東邦ガスエリア:5%OFF
大阪ガスエリア:2〜5%OFF
違約金 引越しによる解約の場合は無料
CHECK POINT
  • 切り替え費用はもちろん無料で全国対応
  • ライフスタイルにあったプランを選べる
  • 基本料金・従量料金が最大で5%OFF
  • 契約件数26万件突破(2020年10月現在)

HTBエナジーは、自然との共生をテーマに環境に配慮した運営を行っている電力会社です。比較的新しい新電力会社ですが、契約件数は26万件を突破をしている実績があります。

一人暮らしにおすすめは「PRIMEプラン」。地域によっても異なりますが、30〜60アンペアで契約することができます。

HTBエナジー

 各地域電力よりも基本料金、従量料金が安く設定されているので、今の電気料金よりもお得に利用することができるでしょう。

ガスとのセット割では、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスエリアにお住まいの方は最大5%割引が受けられるのでさらにお得です。

無料オプションとして、電気や水廻り、鍵やパソコンなどの緊急トラブルに対応してくれる「あんしんサポート365」が利用できます。

HTBエナジーの口コミ・評判
口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・女性30代・女性(無職)
一人暮らしでも毎月の電気料金が下がったのでとても満足していますし、電気使用量が少なくても安くなるのは非常に有り難いです。また、サイトから簡単に電気使用量をその都度確認できるので、節約もしやすくて便利です。 とにかく電気代金を安くしたい方にオススメの電力会社です。大手の東京電力などよりも、電気料金は安くなります。ガスとセットで契約すると、さらにお得に利用できる点もオススメ出来るポイントです。 一日に2時間無料タイムがあるプラン(その代わり基本料が2倍)を利用しています。その時間に集中して家事を行なうようにしています。特にメリット、デメリットは感じませんが、他にはないプランなのでHTBを選択しました。

出典:HTBエナジー公式サイト

ONEでんき

ONEでんき

基本料金(税込)
フリープラン
0円
従量料金(東京エリアの場合) 【一律】
26.40円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
セット割 なし
違約金 0円
CHECK POINT
  • 基本料金はずっと0円!従量料金も一律
  • 最短5分で手続き完了
  • 初期費用・解約手数料無料で安心

ONEでんきは、株式会社グランデータが提供している新電力サービスです。沖縄電力エリアと一部離島を除く日本全国で利用することができ、電気料金は使った分だけのシンプルさが魅力となっています。

 基本料金はずっと0円。東京電力従量電灯Bの基本料金は858円/30Aなので、1年間で10,296円お得になる計算となります。

ONEでんき

解約手数料、違約金は無料なので、もし乗り換え後にお得さを感じられなければ元に戻せばOK。あらかじめシミュレーションをして、どれくらい節約できるのか確認してみましょう。

契約期間の縛りもないので、気軽に変更できますよ。
ONEでんきの口コミ・評判
口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性40代・男性(会社員)
一人暮らしで元々電気の使用量が多いわけではなかったですが、やはり一人暮らしだと電気料金は安くならず逆に以前より高くなる月もありましたし、ある程度電気使用量の多い家庭ではないと向かない印象でした。 電力自由化の波に乗って、個々のライフプランに合うサービスが充実しているため、深夜にたくさん使いたい私にはぴったりな電力会社だと思いました。
基本料金が0円なのでお得感を感じて使用できますしサポート体制が比較的しっかりされていてちょっとした疑問にも丁寧に説明してくれるので良いです。

出典:ONEでんき公式サイト

ドコモでんき

ドコモでんき

基本料金(税込)
ベーシックでんき
【20A】
572.00円
【30A】
858.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【〜120kwh】
19.88円
【121kwh〜300kwhまで】
26.48円
【301kwh~】
30.57円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
北陸
関西
中国
四国
九州
セット割 なし
違約金 0円
CHECK POINT
  • 電気料金の最大10%ポイント還元
  • docomoユーザー以外でも申し込み可能
  • 地球にやさしいCO2排出量実質ゼロの電気プランを用意

ドコモでんきは名前からもわかるように、docomoが運営している新電力サービスです。docomo、ahamoユーザーやdカードGOLDをお持ちの方が特にお得になります。

 基本料金は地域電力会社と変わりませんが、電気料金の最大10%がポイントとして還元されるためお得です。

初期費用や切替費用もなく、誰でも簡単に切り替えができるので安心です。

プランはドコモでんきGreenとドコモでんきBasicの2種で、ドコモでんきGreenではCO2排出量を実質0にしながらポイント還元まで付きます。

ドコモでんきGreenでdカードゴールドの会員なら、最大で10%のポイント還元です。
ドコモでんきの口コミ・評判
口コミ・女性40代・女性(主婦) 口コミ・男性30代・男性(会社員) 口コミ・男性30代・男性(会社員)
私はdocomoユーザーなのですが毎月dポイントがもらえるのがとても良いです。デメリットはガス代とセットにしてもお得にならないことです。 一人暮らしですが、一人暮らしだと電気代自体は以前の大手電力会社とほとんど変わらなかったです。ただ、ドコモユーザーなので毎月の支払いでdポイントが貯まるのは助かっています。 ドコモユーザー向けに割り引かれる制度を簡潔にオペレーターが説明してくれたことで、光熱費の節約に結び付く方法がきちんと把握できました。

ドコモでんきをもっと知りたい方は、ドコモでんきのメリット・デメリットをまとめた記事も参考にしてみてください。

出典:ドコモでんき公式サイト

おうちでんき

おうちでんき

基本料金(税込) 【10Aにつき】
286.00円
【15Aにつき】
429.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【最初の120kwhまで】
19.68円
【120kwh超過300kwhまで】
26.21円
【300kwh超過】
30.26円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
関西
中国
沖縄
セット割 ガス
違約金 550円(キャンペーンの違約金は3300円)
CHECK POINT
  • 新規加入で初月の電気代0円※エリア限定
  • 24時間対応可能のトラブルに駆けつけてくれるサービス
  • ソフトバンクユーザーだとよりお得に
  • 電気とガスのセット割あり※関東限定

おうちでんきはソフトバンクが展開している新電力です。

 ソフトバンクユーザーなら、電気代も通信費も割引が適用されお得に利用できます。

回線数が多いほどお得なのでネットや携帯をソフトバンクで統一している方はかなり節約できるのでおすすめです。

おうち電気キャンペーン

新規加入することで、初月の電気代が0円になるのも嬉しいキャンペーンです。しかし、1年未満に解約してしまうと、3300円の違約金がかかってしまうので注意しましょう。

24時間365日対応でおうちのトラブルに駆けつけてくれるサービスもあります。

水漏れや鍵の紛失、ガラスのひび割れなどの出張料や作業料は無料です。

ミツウロコでんき

ミツウロコでんき

基本料金(税込) 【10A】
286.00円
【30A】
858.00円
従量料金(東京エリアの場合) 【最初の120kwhまで】
21.83円
【120kwh超過300kwhまで】
23.05円
【300kwh超過】
25.71円
対応エリア 北海道
東北

東京
中部
北陸
関西
中国
四国
セット割 なし
違約金 0円
CHECK POINT
  • 使用量に合わせたプラン
  • 電気トラブルに24時間365日対応
  • 環境にやさしい再生可能エネルギーを使った電気
  • 振込用紙による支払いOK
  • 10Aから利用できる

ミツウロコでんきは、ミツウロコグリーンエネルギー株式会社が運営する新電力サービス。アニメ「ちびまる子ちゃん」のCMでもおなじみで知名度抜群です。

 クレジットカードや口座振替のみの新電力が増えていますが、ミツウロコなら振込用紙も選べる!

また、新電力のほとんどが30Aからしか契約ができませんがミツウロコなら10Aから利用可能です。容量を変更することなく切替が可能です。

提供プラン
特徴
従量電灯プラン 電気を多く使用する方におすすめ
シングル応援プラン 一人暮らしなど電気使用量の少ない方におすすめ
とくとくナイト エコキュート等を利用している方におすすめ

それぞれのプランで割安な使用量や時間帯が異なるため、自分のライフスタイルに合わせてプランを選びましょう。一人暮らし向けのプランがあるのは嬉しいポイントです。

ミツウロコでんき安心サポートも特典でついてきます。
「電気がつかない」「ブレーカーが落ちる」「コンセントが焦げ臭い」などの電気のトラブルに24時間365日対応してくれます。いざという時に無料で駆けつけてくれるので安心です。

エネワンでんき

エネワンでんき

基本料金(税込)
エネワンスタンダード(北海道)
【20A】
640.8円
【30A】
961.2円
従量料金
エネワンスタンダード(北海道)
【〜120kwh】
23.25円
【121kwh〜300kwhまで】
29.35円
【301kwh~】
32.96円
対応エリア 全国
セット割 都市ガス・LPガス・灯油(北海道)
違約金 3,300円(税込)
※1年以内に解約の場合
CHECK POINT
  • 北海道では3つの料金プランから選べる
  • 一人暮らしでお得な「スタンダードプラン」
  • 都市ガス / LPガス / 灯油のセット割でさらにお得

エネワンでんきは、ガス販売を手掛ける株式会社サイサンが立ち上げた電力会社です。全国エリアで電気を提供している中、特に北海道エリアでの料金設定がお得になっています。

選べる3つのプラン(北海道エリア)

エネワンスタンダード
→ 一人暮らしにおすすめ
エネワンLプラン
→ 二人暮らしにおすすめ
エネワンLLプラン
→ ファミリー世帯におすすめ

さらに北海道エリアでは、ガス・灯油のセット割を適用すると、料金プランがアップグレードされ、基本料金・従量料金が安くなります。

【エリア別】一人暮らしにおすすめの電力会社の料金比較

供給エリアによって契約できる電力会社は異なります。ここからは全国10箇所ある供給エリアごとの、一人暮らしにおすすめの電力会社を紹介します。

関東エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
東京電力
従量電灯B
4,038円 5,362円
東京ガス東京ガス(電気)
基本プラン
初月:3,132.3円
→年間円お得
初月:4,396.80円
→年間3,324.9円お得
CDエナジーダイレクトCDエナジーダイレクト
※1※2
初月:3,938円 ※1
→年間1,200円お得
初月:5,262円 ※2
→年間1,773円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。
東京ガスの基本料金3ヶ月0円を適用しています。
※1 「シングルでんき」プランの料金です。
※2「ベーシックでんき」プランの料金です。

関西エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 150kWh 200kWh 公式サイト
関西電力
従量電灯A
3,244.86円 4,530.36円
大阪ガス
ベースプランA-G
3,164.55円
→年間963.72円お得
4,409.55円
→年間1,449.72円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

中部エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
中部電力
従量電灯B
4,148.1円 5,423.6円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき中部B
4,085.43円
→年間752.04円お得
5,341.93円
→年間980.04円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

九州エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
九州電力
従量電灯B
3,678円 4,831円
TERASELでんきドコモでんき
TERASELでんき九州B
3,493.05円
→年間2,219.4円お得
4,551.18円
→年間3,357.84円お得
HTBエナジーHTBエナジー
PRIMEプラン
3,604.38円
→年間883.44円お得
4,734.38円
→年間1,159.44円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

東北エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
東北電力
従量電灯B
3,979.5円 5,246円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき東北B
3,817.14円
→年間1,948.32円お得
5,034.8円
→年間2,534.4円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

北陸エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
北陸電力
従量電灯B
3,518.7円 4,615.2円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき北陸B
3,378.66円
→年間1,680.48円お得
4,422.16円
→年間2,316.48円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

中国エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 150kWh 200kWh 公式サイト
中国電力
従量電灯A
3,339.87円 4,771.87円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき中国A
3,172.73円
→年間2,005.68円お得
4,476.23円
→年間3,547.68円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

北海道エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 30A/150kWh 30A/200kWh 公式サイト
北海道電力
従量電灯B
4,807.2円 6,320.2円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき北海道B
4,616.28円
→年間2,291.04円お得
6,069.28円
→年間3,011.04円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。
セット割・キャンペーンの割引は計算に含めていません。

四国エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 150kWh 200kWh 公式サイト
四国電力
従量電灯A
3,441.43円 4,790.93円
TERASELでんきTERASELでんき
TERASELでんき四国A
3,269.18円
→年間2,067円お得
4,551.18円
→年間2,877円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。

沖縄エリア】一人暮らしにおすすめの電力会社

電力会社 150kWh 200kWh 公式サイト
沖縄電力
従量電灯
3,781.6円 5,206.1円
ソフトバンクでんきソフトバンクでんき
おうちでんき
3,747.6円
→年間408円お得
5,157.6円
→年間588円お得
電気料金詳細
燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた計算です。
2022年10月1日時点の料金から計算した金額です。
セット割・キャンペーンの割引は計算に含めていません。

一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方

一人暮らしの方が電力会社を選ぶ際には、以下のポイントに注目して選びましょう。

一人暮らし向け電力会社を選ぶ際のポイント
  • 供給エリア
  • 料金プラン
  • 違約金や縛りの有無
  • セット割

供給エリア

電力エリア

電力会社によってはサービスを供給していないエリアがあるため、まずは自分の住んでいる地域または引っ越し先の地域が対象のエリアに入っているかどうか確認しましょう。

どんなに魅力的な電力会社でもエリア対象外では契約することができません。また、エリアによって従量料金の単価が違う場合もあるので注意が必要です。

特に北海道、沖縄、離島に住む方はエリア対象外になることが多い傾向にあります。

料金プラン

電気代が決まる仕組み

料金を安く抑えるには料金プランの確認は必須です。電気料金のプランは基本料金従量料金からなります。少しでも安い方が良いので、電力会社の料金プランは必ず比較するようにしましょう。

基本料金

基本料金は電力会社が設定している固定の料金で、使用量にかかわらず毎月支払います。

基本料金をカットすることで節約につながりますが、従量料金の単価が高い場合はかえって電気代が高くなる可能性があるので注意しましょう。

従量料金

従量料金は1kWhあたり〇円という形で設定されている、使用した分だけ支払う料金です。

多くの電力会社は、第1段階(最初の120kWhまで)、第2段階(120kWh超過300kWhまで)、第3段階(300kWh超過)と3段階で単価を分けている場合がほとんどです。

使用量が極端に少ない一人暮らしの人なら、第1段階の単価が比較的安い電力会社を選びましょう。

第1段階の単価が東京電力の第1段階の単価(19.88円)より安い電力会社(2022/5/17現在)
CDエナジーダイレクト(19.78円)
東京ガス(19.78円)
おうちでんき(19.68円)
使用量が多い場合は、従量料金の単価が一律の電力会社を選べば安くなるのでおすすめです。
また自分のライフスタイルに合わせて特定の時間だけ単価が安くなるプランを提供している電力会社もあります。

違約金や縛りの有無

違約金や縛りの有無自分のライフスタイルに合わず電力会社の見直しをしたり、引っ越しに伴い解約する可能性は高いでしょう。電力会社を切り替えたい時に違約金や契約期間の縛りがあるとお金のムダになってしまいます。

 違約金や契約期間の縛りのない電力会社を選びましょう。

また電気の解約には違約金がかからなくても、ガスは違約金がかかってしまうケースもあるのでチェックしておきましょう。乗り換えの際は確認してみてください。

契約期間の縛りがあることで月々の電気料金が安くなるプランもあります。

セット割

セット割

一人暮らしが電力会社を選ぶ際には、セット割にも注目してみましょう。

セット割とは電気とセットで他のサービスを申し込むことで電気料金がより安くなる割引のことです。
ガスやネット回線など多くの電力会社がセット割を提供しています。

セット割を提供している電力会社

おうちでんき(ガス)
CDエナジーダイレクト(ガス)
東京ガス(ガス)

電気料金だけでなく、その他のサービスも安くなることが多いのでさらに節約ができます。まずは試算してみて今よりもどのくらい安くなるのか確認してみましょう。

支払いがまとめてできるという手軽さもメリットです。
電気とガスでセットにしたい方は、こちらの電気とガスのセット割があるおすすめ新電力会社についてまとめた記事をぜひご覧ください。

一人暮らしの電気料金の平均はいくら?

総務省の統計によると、一人暮らしの方の電気料金平均は月5,482円(2021年/全国平均)です。

一人暮らしの電気代といっても季節や地域、一人暮らしをしている人の年齢によって電気代も変わってきます。

以下では、季節や地域に分けて詳しく一人暮らしの電気料金を確認していきましょう。自身の電気代と比較してみてくださいね。

多くの新電力では、地域電力会社の料金よりも安くなるプランが用意されています。

季節・地域別の一人暮らし平均電気料金

1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
北海道・東北 8,059円 6,179円 5,571円 5,532円
関東 5,783円 4,271円 4,761円 4,619円
北陸・東海 6,664円 5,382円 5,648円 5,393円
近畿 5,656円 4,788円 4,617円 5,041円
中国・四国 7,624円 5,032円 5,088円 5,659円
九州・沖縄 6,401円 4,835円 5,380円 5,470円

総務省の統計では、日本を6つのエリアに分けてそれぞれの季節ごとに電気料金平均を公表しています。

比較をしてみると、どの地域も4~12月までの春、夏、秋ではほとんど変化がなく、冬といえる1~3月の電気代が他の季節の約1.3倍になっています。

賃貸などでは石油ストーブの使用が禁止されている場合もあり、その場合はエアコンやハロゲンヒーターなどの家電製品で暖を取ることになるため、電気代が増加する傾向にあります。

エアコンに関しても、夏場よりも冬場の方が電気代がかさむ傾向にあります。

一人暮らし電気使用量・アンペア数の平均

一人暮らし電気使用量・アンペア数の平均

一人暮らしの電気料金を考えた場合、電気の使用量や契約アンペアの影響が大きくなります。

一人暮らしの使用電気量

ほとんどの電力会社では、使用電力量に応じて段階的に電気の単価が上がっていく仕組みになっています。

 120kwhまでと、121kwhから300kwhまで、301kwh以降の3段階に分かれているのが基本です。

一般的には一人暮らしの場合、1日に4kwhから6kwhとなることが多く、1ヶ月では120kwhから180kwh程度になります。

ほとんどの場合は121kwhからの2段回目の料金で計算されると思っておくと良いでしょう。

使用電力量は検針票に記載されていますので、自分の使用電力量を把握した上で新電力会社を選びましょう。

一人暮らしの契約アンペア数

契約アンペアは多くの新電力会社で10アンペアから60アンペアで任意に設定することが可能です。

 一人暮らしの場合は20アンペア~30アンペアが一般的です。

基本的には契約アンペア数が上がるほど電気の基本料金が高くなる仕組みになっているため、可能であれば低いアンペア数が良いでしょう。

しかし、電子レンジやドライヤーや電気ケトルなどの電化製品は瞬間的に10アンペア以上の電気を使用する場合があり、冷蔵庫やエアコンなどの他の家電と同時に使うことを考えると30アンペアはあった方が安心でしょう。

一人暮らしで自宅に居る時間が極端に短い場合などは、20アンペアで困らないという場合もあります。
電気代を少しでも安くする方法を知りたい方は、こちらの電気代の節約方法について書かれた記事をご覧ください。

一人暮らしの電力会社に関するよくある質問

一人暮らしにおすすめの電力会社はどこですか?
当サイトでは東京ガス(でんき)をおすすめしています。今なら電気の基本料金が3ヶ月無料になり、ガスとセットで申し込むと0.5%割引が受けられます。
関西で一人暮らしにおすすめの電力会社は?
大阪ガスの電気がおすすめです。関西電力よりも基本料金が安く設定されており、関西電力管内における契約件数はNo.1の実績があります。
※出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)
全国エリアで契約できるおすすめの電力会社は?
おすすめはTERASELでんきです。TERASELでんきは、沖縄電力以外の日本全国で契約できます。2022/12/26までのお申し込みで、楽天ポイントが4,000ポイントゲットできるのでお得に乗り換えが可能です。
一人暮らしのアパートやマンションでも電力会社は自由に選べますか?
アパートやマンションなどの集合住宅・賃貸物件に住んでいる人でも自由に電力会社を選ぶことができます。
スマートメーターが設置されていれば工事は不要。設置がない場合は、電力会社に申し込む際に設置工事の申し込みも行いましょう。

まとめ

今回は、一人暮らしにおすすめの電力会社10選を徹底比較して紹介しました。

固定費を最小限に抑えることで生活に余裕が出たり、貯金額を増やすことができます。まずは各電力会社の公式サイトから料金シミュレーションでどのくらい安くなるのか見積もりを出してみましょう。

電気料金だけでなく、セット割や特典も考慮すればより節約につながります。

ぜひ電力会社を契約するときの参考にしてみてください。
−参考サイト−
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事