仮想通貨 始め方

以前の仮想通貨ブームは落ち着き、仮想通貨自体の価格も下がってきています。ブーム時に仮想通貨を始められず、価格下落の今こそ買い時と考えている人も中にはいるのではないでしょうか。

ところが、仮想通貨取引をしたことがない方々は、どのように仮想通貨を買えば良いかわからないでしょう。

そこで本記事では、仮想通貨の始め方を解説。口座開設の手順や始めるメリット・気をつけたい注意点などを紹介しています。仮想通貨取引を始めたい方々は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの取引所紹介もありますよ。

仮想通貨とは?暗号資産との違いは?

ビットコイン

まず初めに仮想通貨の定義について紹介します。

仮想通貨とは「インターネット上でやり取りできる財産的価値」のことで、以下の性質を持っているものです。

仮想通貨の定義
  • 不特定者に対して、支払いに使用・法定通貨と相互交換が可能
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨・法定通貨建ての資産ではない

 参照:日本銀行

つまり、「インターネットを通じて、様々な人たちの間で取引できる電子データ上のお金」と捉えられます。

仮想通貨と並んで「暗号資産」というワードもよく耳にするでしょう。暗号資産は仮想通貨と同義で、正式な呼称では暗号資産が使われます。

呼び方が違うだけで、意味することは変わらないですよ。

【初心者向け】仮想通貨投資の始め方・手順

仮想通貨は、どのようにして始めれば良いでしょうか。

ここからは、仮想通貨投資の始め方・手順について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

仮想通貨投資の手順
  1. 取引所で口座開設
  2. 口座に入金する
  3. 取引する通貨を決める
  4. 仮想通貨を購入
  5. 仮想通貨を売却

取引所で口座開設

パソコンとスマートフォン

仮想通貨の取引を行うには、株式などと同じように取引用の口座が必要です。まずは、仮想通貨取引を実施している取引所で口座開設をしましょう。

口座開設は、各取引所の公式サイトから手続き可能です。口座開設する取引所を決めて手続きを進めてください。

取引所の選び方については後述していますよ。

なお、口座開設においては本人確認書類が必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

認められる本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードなどがあります。

口座に入金する

口座開設が完了したら、取引に必要な資金を口座に入金します。入金方法は、インターネットバンキングを使用したクイック入金が便利です。原則いつでも入金可能であり、即時反映されるのが特徴です。

取引所と提携している銀行で、インターネットバンキングに申し込んでいる必要がありますよ。

もちろん、通常の銀行振込にも対応しています。ただし、反映まで時間がかり、手数料が実費負担となることがほとんどです。

クイック入金の手数料は取引所ごとで異なりますが、無料の業者も多いですよ。

取引する通貨を決める

ビットコイン・イーサリアム・リップル

口座への入金が完了したら、取引する仮想通貨の銘柄を決めてください。初心者なら、メジャーな銘柄を選んだ方が良いでしょう。

メジャーな仮想通貨銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

メジャーな仮想通貨であれば、取引量が多い(流動性が高い)ため注文が通りやすいです。安全性が高いと言われるホワイトリストにも入っているため、安心して取引できるでしょう。

ホワイトリストは、金融庁が認可した取引所で取り扱う仮想通貨銘柄のことですよ。

仮想通貨を購入

取引する銘柄を決めたら、実際に仮想通貨を購入してみましょう。仮想通貨の購入は「取引所」「販売所」の2つの方法があります。

 ユーザー間で取引するのが取引所、運営している会社と取引するのが販売所です。

大きな違いは手数料で、一般的に「取引所」での取引の方が手数料は安いです。

ただし、販売所にはいつでも簡単に取引できるというメリットがあります。初心者が初めて買う際には、販売所の方が安心できるでしょう。

もちろん、最初から「取引所」で購入してみても良いですよ。

仮想通貨を売却

資金

購入した仮想通貨は、タイミングを考えて売却しましょう。利益が出ている段階で売れば利益が確定します。

損失時に売れば損失が確定しますが、損失拡大を防ぎたいときには効果的です。

売却時も購入時と同様で「取引所」「販売所」2つの方法があります。手数料の安さを求めるなら取引所、簡単に取引したい場合は販売所という形で、ニーズに合わせて選べます。

購入時は販売所の場合でも、売却時は取引所を選ぶことも可能ですよ。

初心者におすすめ仮想通貨取引所4選

ここからは、初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所を4つ紹介していきます。

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 取扱通貨数が国内最大級の18銘柄
  • マネックスグループ企業の信頼性
  • NFT取引が可能
  • 公共料金支払いでビットコインが貯まる

コインチェックは、国内取引所としては最大級の18銘柄を取り扱う取引所です。親会社は東証1部上場のマネックスグループであり、企業としての信頼性も高いと言えます。

 国内仮想通貨アプリのダウンロード数No.1※であり、多くの方々から選ばれている取引所です。

独自サービスを多数展開しているのも特徴。電気・ガスなど公共料金支払いでビットコインが貯まる特典もあり、日々の生活からも仮想通貨を貯められます。

最近話題のNFT取引も利用できますよ。
基本情報
取扱通貨 18銘柄
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:実費負担
コンビニ入金:770円〜
クイック入金:770円〜
出金手数料(税込) 407円

参照:コインチェック公式サイト
※ 2020年1月 – 12月(App Annie調べ)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の取扱銘柄が国内No.1※2022年3月時点
  • DMMグループの技術力を集約した高いセキュリティ
  • 各種手数料無料

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引におすすめの取引所です。レバレッジ取引ができる銘柄数は国内No.1の15銘柄。マイナーなアルトコインでもレバレッジ取引できるのがメリットです。

 レバレッジは、金融庁の取り決めにより最大2倍までとなっています。

セキュリティの高さも特徴です。コールドウォレット運用による資産保管や不正ログイン防止など、DMMグループの技術力を活かしたシステムで、安心して取引できる環境になっています。

各種手数料は無料で、取引コストを抑えられるのも嬉しいですね。
基本情報
取扱通貨 15銘柄
レバレッジ 最大2倍
取引所手数料
販売所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:実費負担
クイック入金:無料
出金手数料(税込) 無料

参照:DMM Bitcoin公式サイト

bitFlyer

bit Flyer

おすすめポイント
  • ビットコイン取引量6年連続No.1※2016〜2021年の年間出来高
  • 業界最長の7年以上ハッキング0
  • 最小1円から仮想通貨が買える

bitFlyerは、ビットコイン取引量が国内取引所で6年連続No.1を誇っています。ビットコイン取引に信頼の置ける業者と言えるでしょう。

 bitFlyerはビットコインだけでなく、合計15銘柄の取り扱いがあります。

また、最小通貨単位が少ないため、各通貨を1円から購入可能。元手がほぼ必要ないので、仮想通貨取引を試してみたい初心者にもおすすめです。

セキュリティにも定評があり、7年以上のハッキング0を実現しています。
基本情報
取扱通貨 15銘柄
レバレッジ 最大2倍
取引所手数料 0.01%〜
販売所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:実費負担
クイック入金:330円
※住信SBIネット銀行経由のクイック入金は無料
出金手数料(税込) 220円〜

参照:bitFlyer公式サイト

BIT Point

BIT POINT

おすすめポイント
  • 他社で取り扱いのない銘柄を取引できる
  • 各種手数料無料の低コスト
  • キャンペーンが豊富

BIT Pointは、合計13銘柄の取扱がある取引所です。他の取引所では取り扱いが少ない珍しい銘柄も取り扱っているのが特徴です。

 ジャスミー(JMY)やディープコイン(DEP)は、BIT Pointだけが取り扱っています。

さらに、取引にかかるコストが低いのもメリット。取引手数料や入出金手数料など、各種手数料は無料です。

各種キャンペーンを定期的に開催しており、活用することでお得に取引ができます。
基本情報
取扱通貨 13銘柄
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
入金手数料(税込) 銀行振込:実費負担
クイック入金:無料
出金手数料(税込) 実費負担

参照:BIT Point公式サイト

仮想通貨取引所を選ぶ4つのポイント

仮想通貨取引所を選ぶ上で、重視したい4つのポイントについてまとめました。

4つのポイント
  • 手数料が安い
  • スマホアプリが使いやすい
  • 安全性が高い
  • 取扱通貨が多い

手数料が安い

一円玉

仮想通貨取引には手数料がかかります。主な手数料としては、以下が挙げられます。

仮想通貨取引に関する手数料
  • 取引手数料
  • レバレッジ手数料
  • 送金手数料
  • 入出金手数料

特に注目したいのが取引手数料です。取引ごとに手数料がかかるので、取引手数料が安い取引所を選ぶとコストを抑えられます。

 ちなみに、販売所形式の場合は多くが取引手数料無料としています。

ところが、その分スプレッドを広くして、実質的な手数料を取っているので注意しましょう。

スプレッドとは、買値と売値の差のことですよ。

スマホアプリが使いやすい

スマホ

仮想通貨取引はスマホで行うという人は多いでしょう。

 提供されるスマホアプリが自分にとって使いやすいアプリであればあるほど、ストレスなく取引できます。

使いやすさの基準は人それぞれ異なります。アプリの見やすさ、機能面など、ご自身が重視するポイントを満たしてくれるアプリを選んでください。

複数口座のアプリをダウンロードして、比較してみると良いですよ。

安全性が高い

取引所のセキュリティの高さも重要です。以前には仮想通貨が大量に流出するという事件も起きました。なるべく強固なセキュリティの取引所を選んで、個人情報流出や通貨盗難のリスクを減少しましょう。

 不正ログイン防止のための2段階認証、通信の安全性を守るVPNなどを導入しているかをチェックしてください。

また、過去の実績も合わせて確認しましょう。過去にセキュリティ面での問題を起こしていない取引所なら、より安心して取引できると言えます。

ご自身でもパスワードを複雑にするなどで対策することが大事ですよ。

取扱通貨が多い

様々な仮想通貨

取引所が扱う取り扱い通貨銘柄も比較しましょう。銘柄数が多いほど、投資の選択肢が増えていきます。

なお、記事内で紹介した取引所の取り扱い銘柄数は、以下の通りです。

コインチェック 18銘柄
DMM Bitcoin 15銘柄
bitFlyer 15銘柄
BIT Point 13銘柄

銘柄の数だけでなく、どの銘柄を扱っているかもチェックしてください。他の取引所にはない銘柄を取り扱っている取引所もあります。

先述の通り、初心者のうちはメジャーな銘柄での取引がおすすめですが、慣れてきたら他の銘柄に投資してみても良いでしょう。

メジャー通貨に関しては、ほぼ全ての取引所で取り扱いがありますよ。

仮想通貨投資を始める3つのメリット

仮想通貨投資はどのようなメリットがあるでしょうか。主なメリット3つを解説していきます。

3つのメリット
  • 少額から投資できる
  • いつでも取引できる
  • 海外送金が便利でお得

少額から投資できる

お金

取引所にもよりますが、仮想通貨は500円程度から購入可能。ワンコインで投資を始められるのが特徴です。多くの元手を必要としないため、始めるハードルが低い投資と言えるでしょう。

 最低投資金額は、取引所が定める最小取引単位により決まります。

1ビットコイン(BTC)の価格は500万円程度と高額ですが、最小取引単位が0.0001BTCなら「500万円×0.0001=500円」が最低取引金額です。

他の通貨に関しても同様で、必ずしも1通貨単位で購入する必要はありません。

いつでも取引できる

仮想通貨の取引時間は原則24時間365日です。その他の投資と比較すると、仮想通貨の取引時間が長いことがわかります。

仮想通貨・FX・株式投資の取引時間
平日(月〜金) 土日・祝日
仮想通貨 原則24時間 原則24時間
FX 原則24時間 土日:取引不可
祝日:原則24時間
株式投資 9:00〜11:30
12:30〜15:00
※東京証券取引所の場合
取引不可

※日本時間を基準とする場合、FXの取引時間は月曜早朝〜土曜早朝まで。

土日は取引できないFXと違い、仮想通貨は土日も原則24時間取引が可能です。平日は忙しい方々でも取引しやすいのが特徴と言えるでしょう。

取引所がメンテナンス中の場合のみ、その取引所での取引はできません。

海外送金が便利でお得

ネットワークで繋がる

仮想通貨で海外送金を行うと便利です。送金する際には銀行などの金融機関を挟まないため、以下2つのメリットがあります。

仮想通貨で送金するメリット
  • 手数料が安い
  • 着金が早い

また、送金だけじゃなく決済手段としても利用可能。仮想通貨を使って海外で決済した場合は、為替の影響を受けないのも特徴です。

送金・決済ともに為替手数料がない分、お得に利用できるということですね。

仮想通貨投資の3つのリスク・注意点

仮想通貨投資は、メリットだけでなくリスクも存在します。主なリスク3つを把握した上で、仮想通貨投資を始めるかを判断してください。

3つの注意点
  • 相場変動が激しい
  • 国による保証がない
  • インターネット環境が必須

相場変動が激しい

チャート画面

仮想通貨投資を始めたいと考える人の多くが、利益額の大きさに注目しています。相場変動が激しいため、大きく利益を出せる可能性は確かにあります。一方で、損失リスクも同様に高い点には注意しましょう。

順調に利益を重ねていた場合でも、急に価格が暴落してマイナスとなるケースも多いです。

元本保証がないだけでなく値動きも不安定のため、堅実に投資をしたいタイプの方々には向いていないかもしれません。

国による保証がない

仮想通貨はほぼ全ての国において、法定通貨ではありません。

 国家や中央銀行による価値の保証がなく、法律も整っていないのが現状です。

先述の大幅な価格変動に対する保証はもちろんですが、ハッキングや取引所の破綻による仮想通貨流出などの補償も、明確なルールが定まっていません。

それでも、徐々に日本国内でも法整備は進んできていますよ。

インターネット環境が必須

世界展開

仮想通貨投資はインターネット環境が必須です。ネット環境がない場所では取引できないので、山奥や海原などのネット環境がない場所に行く際には注意しましょう。

 通貨自体の実体がないので、現金両替のような実物を使った取引は不可能です。

ネット環境のない場所に行く場合、取引できない間に価値が暴落するリスクがあります。

保有している通貨がある場合は、事前に逆指値注文や売却をして、価格暴落のリスクに備えることが大切ですよ。

まとめ

今回は、仮想通貨取引の始め方、始めるメリットなどを解説してきました。

仮想通貨は、取引所で口座開設をすると取引できるようになります。取引所ごとに取り扱い銘柄や特徴が異なるので、自分が使いやすいと感じる取引所で口座開設しましょう。

少額から投資可能でいつでも取引できる仮想通貨ですが、相場の動き方次第では損失を被るリスクもあります。リスクをしっかり理解した上で、まずは少額から投資を始めてみましょう。

気になっている人は、まずは口座開設から行ってみてはいかがでしょうか。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事