クレジットカード 作り方

日本でもキャッシュレス決済が浸透してきており、クレジットカードを作成する人が増えています。ところが、これまで現金派だった方々はクレジットカードの作り方がわからない人もいるでしょう。

そこで本記事では、クレジットカードの作り方や必要なもの、審査について解説しています。学生の方でクレジットカードを作りたい方向けにも、年齢制限や条件など解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

記事最後には初めてクレジットカードを作る方におすすめクレジットカードも紹介していますよ。

クレジットカード作成に必要なもの

クレジットカード作成

クレジットカード作成に必要なもの

クレジットカードを作る上で必要なものは、大きく分けて以下の3つです。

クレジットカード作成に必要なもの
個人情報
本人確認書類
引き落とし用の銀行口座

個人情報をクレジットカード会社に伝えて、その情報を基に審査が行われると想定されます。この個人情報が本当かを確かめるうえで、本人確認書類が必要になってきます。

クレジットカード作成に必要な本人確認書類

一般的に本人確認書類として認められるものをまとめました。

おもな本人確認書類
運転免許証
マイナンバーカード
パスポート
健康保険証
住民票

氏名・現住所・生年月日が記載されている最新の書類である必要があります。

審査に通ってクレジットカード発行となった場合には、引き落とし用の銀行口座を設定しなければなりません。銀行口座はインターネットバンキングに対応していると、設定がスムーズに進みます。

これから銀行口座開設する場合は、インターネットバンキングの手続きも合わせて行いましょう。

クレジットカードの作り方を申し込み方法別に紹介

さっそく、クレジットカードの作り方について紹介します。発行方法としては以下3つの方法が一般的です。

クレジットカードの発行方法
  • Web
  • 店頭
  • 郵送

それぞれの発行方法ごとに、メリット・デメリット、発行までの流れをまとめました。

【Web編】クレジットカードの作り方

PC操作している人

Web申し込みは、最も一般的なクレジットカードの発行方法です。ほぼ全てのカードが、Webサイトを利用して申し込めるようになっています。Web申し込みの発行手順は以下の通りです。

WEBでクレジットカードを作る手順
  1. ネット上の公式サイトから申し込む
  2. 必要事項を入力する
  3. カード会社による入会審査
  4. 審査完了後、カードが郵送

Web申し込みのメリット・デメリットについても合わせて紹介します。

Web申し込みのメリット・デメリット
メリット
  • 限定特典がつくことがある
  • 場所・時間を問わず申し込める
  • 発行までの手続きがスムーズ
デメリット 特になし

Web申し込みは、限定特典がつく場合も多いです。年会費優遇やポイント付与などお得になることもあるので、おすすめの申し込み方法といえるでしょう。

スマホやPCから簡単に手続きできる点も便利ですね。

【店頭編】クレジットカードの作り方

商業施設など実店舗を持っている業者の場合は、店頭でのカード発行も可能です。店頭申し込みの代表例としては、大手家電量販店のヨドバシカメラや大型商業施設のイオンなどがあります。

店頭申し込みの発行手順は以下の通りです。

店頭でクレジットカードを作る手順
  1. 店頭のカードカウンターから申し込み
  2. 必要事項の記入
  3. カード会社による入会審査
  4. 審査完了後、カード受け取りor後日郵送

続いて、店頭申し込みのメリット・デメリットについてもそれぞれ紹介します。

店頭申し込みのメリット・デメリット
メリット
  • その場でカード発行が可能
  • 対面でのやり取りだから安心
  • 疑問点を直接質問できる
デメリット
  • 場所・時間が限定される
  • 他カードとの比較をしにくい
  • 対面によるコロナ感染リスクが避けられない

カードによっては、その場でカード発行が可能。すぐに利用できるのが大きなメリットです。対面対応による安心感を求めている人にも向いているでしょう。

その場で仮カード作成、後日に本カード郵送というパターンもあります。

【郵送編】クレジットカードの作り方

封筒

インターネットを扱うのが苦手な人は、従来からある郵送申し込みも可能です。店頭申し込みの発行手順は以下の通りです。

郵送でクレジットカードを作る手順
  1. 公式サイト・店頭から申し込み用紙を入手
  2. 必要事項を記入して郵送
  3. カード会社による入会審査
  4. 審査終了後、カードが郵送

郵送申し込みのメリット・デメリットは以下のようなことがあげられます。

郵送申し込みのメリット・デメリット
メリット
  • インターネット環境が不要
  • インターネット上での情報流出の心配がない
デメリット
  • 発行まで時間がかかる
  • 書類の受け取り・返送の手間がかかる

郵送でのやり取りとなるため発行までは時間がかかりますが、インターネット環境なしでも申し込める点がメリットです。

ネットから情報流出の不安がないのもポイントですよ。

クレジットカードは学生・バイト・無職でも作れる?

クレジットカードを作ったことがない人は、誰でもクレジットカードを作れるのか疑問に感じるかもしれません。いま学生の方やアルバイトの方、無職の方は特にクレジットカードを作れるか不安でしょう。

ここでは、職業ごとにクレジットカードを作れるかどうかを解説します。申し込みを迷っている学生・アルバイト・無職の方はぜひ参考にしてみてください。

原則、高校生はクレジットカードを作れない

学生

学生でもカード作成は可能です。クレジット会社によっては学生専用カードを発行しており、学生のクレジットカード発行を促進しています。

 クレジットカード発行は高校生を除く18歳以上が原則です。学生でも高校生以下は作れないので注意しましょう。

学生の場合は、両親の信用情報を基にするケースも多いです。両親の信用情報が良好であれば、本人に収入がない場合でも審査通過の可能性は上がります。

アルバイトなどによる収入がある方が良いのは間違いないですよ。

アルバイトでもクレジットカードを作れる

学生ではなく、アルバイトだけで生計を立てている人でもクレジットカードは作れます。アルバイトであっても、収入があることには変わりありません。継続収入があれば審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、ゴールドカードなどの上位カードは比較的高収入が求められます。アルバイトの場合では、上位カードは作りにくい可能性があるでしょう。

アルバイトの方々でも比較的申し込みをしやすいといわれるのは、年会費無料のカードです。

無職の人はクレジットカードを作れないことも

お札

無職や金融ブラックリスト入りしている方々は、カード発行が極めて厳しい可能性があります。クレジットカードの審査において重要だと想定される返済能力に疑問を持たれるリスクがあるためです。

家族カードなら、本会員の信用情報が重視されるので無職・金融ブラックの人でも比較的申し込みをしやすい場合が考えられるでしょう。

クレジットカードを保有している家族がいる方々は、家族カード発行を検討してください。家族カードであれば、豪華特典付きの上位カードを作れることもあります。

クレジットカードを作る際の審査で気をつけたいこと

クレジットカード審査基準は公表されていません。

そのため審査に関しての断定的な紹介はできませんが、審査を受けるにあたり気をつけたいことを想定し、まとめました。ここでは、以下3点を紹介します。

クレジットカード審査で気をつけたい3つの事項
多重申し込みをしない
申し込み情報は嘘をつかない
キャッシング枠を申し込まない

多重申込しない

複数のクレジットカードを同時に申し込むのは良くないです。お金に困っているとクレジット会社に推測され、審査が不利になる可能性があります。

 申し込みは必ず1社ずつ行いましょう。仮に審査落ちした場合は、すぐ次のカード申し込みをせず一定期間を開けるのがおすすめです。

一般的に審査落ち後の新たなカードの申し込みは、6ヶ月以上経過してからが良いとされています。審査落ちから6ヶ月間は信用情報機関に情報が残るため、審査に影響することがあります。

申し込み情報は嘘をつかない

申し込み時の情報は正確に申告してください。故意であろうとなかろうと、虚偽が発覚した際には信用が疑われます。クレジット会社側から不信感を抱かれ、審査が不利になるでしょう。

特に、収入の水増しや勤続年数を誤魔化すことは危険です。審査への印象を良くしようとしても、クレジット会社も信用情報機関へ情報照会するので、嘘はすぐにバレてしまいます。

低収入や勤続年数が短い人でも、嘘をつかない方がクレジットカード会社からの印象は良いですよ。

なお収入に関しては、誤差の範囲であればそこまで気にする必要はないです。年収490万円の人が年収500万円と申告したからといって、情報が正確じゃないから審査落ちとはならないでしょう。

キャッシング枠に申し込まない

キャッシング

クレジットカードには、キャッシング枠がついているカードが多いです。キャッシングはすぐに現金を借入できるので、有事の際には便利なサービスです。

しかしキャッシングは借入にあたるので、申し込むと審査は厳しくなるといわれています。審査通過の確率を上げるなら、キャッシング枠は申し込まない方が良いでしょう。

キャッシング枠はカード発行後に申し込むこともできるので、まずはカード審査だけ受けるのも1つの方法です。

初めて作るクレジットカードの選び方

作成するクレジットカードはどのように選べば良いでしょうか。ここからは、クレジットカードの選び方について、抑えるべきポイントを以下4つほど解説していきます。

クレジットカード選び4つのポイント
  1. 年会費が無料
  2. ポイント還元率が1.0%以上
  3. 特典がお得
  4. 国際ブランド

1.年会費が無料

年会費無料

カードの年会費は無料のものが安心です。カード維持にコストがかからないので、利用頻度が少ない場合でも損にはなりません。

 年会費無料カードは、無条件で無料になるものと条件付きで無料になるものがあります。

条件付き無料の場合は、年間の利用金額や利用回数が設定されているケースが多いです。設定条件をクリアできないと、所定の年会費が発生してしまうので気をつけましょう。

無料条件をチェックして、無理なく達成できるかが大事ですよ。

例えば、年1回の利用で条件達成なら簡単です。一方で、年間50万円以上の利用など、一定額を利用しなければいけない場合はややハードルが高いでしょう。

基本的には、無条件で年会費無料のカードから検討していくのがおすすめです。

2.ポイント還元率が1.0%以上

クレジットカード利用の大きなメリットの1つがポイント還元です。還元率はカードにより異なりますが、1.0%以上あれば高還元率といえるでしょう。

 基本還元率が1.0%未満でも、よく利用する店舗・サービスで高い還元率があるなら利用する価値は高いです。

還元率が上がる使い方も含めた上で、実質還元率がどの程度の割合かを見越してカードを選んでください。

還元率は優待店での利用やキャンペーン、年間利用額によるボーナスなどで上がることが多いですよ。

3.特典がお得

特典

ポイント還元以外にも、カードの独自特典が付帯することが多いです。付帯する特典がどれだけお得かも考慮しましょう。一般的に付帯することが多い特典は以下があります。

カードの代表的な付帯特典
旅行傷害保険(国内・海外)
ショッピング保険
優待店舗利用による割引・ポイント付与
空港ラウンジの無料利用(ゴールドカード以上)
コンシェルジュサービス(プラチナカード以上)

大切なことは、自分自身が利用しやすい特典がついているかです。空港ラウンジ無料利用などは一見すると豪華ですが、飛行機に乗る機会が少なければ付帯する意味は薄いでしょう。

豪華かどうかではなく、役に立つかで判断すると良いですね。

4.国際ブランド

カードにはそれぞれ、発行会社とは別に国際ブランドがついています。国際ブランドの加盟店であれば、世界中どこでもカード利用ができるのが特徴です。

代表的な国際ブランドとしては、以下の5つがあります。

代表的な国際ブランド
VISA
Mastercard
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners Club

特に世界的シェアが高いのが、VISA・Mastercardの2つです。世界中の多くの地域をカバーしているので、海外利用で困らない可能性が高いでしょう。

JCBは日本発の国際ブランドのため、国内利用で困ることは少ないです。さらに日本人に人気の観光地で現地デスクがあるなど、日本人に向けたサービスが充実しています。

AMERICAN EXPRESS・Diners Clubは、カードのステータス性が高いのが特徴。各種特典が充実しており、豪華な優待サービスを受けられます。

同じカードでも、国際ブランドは複数から選べることがありますよ。

【年会費無料】初心者におすすめのクレジットカード

ここからは、初心者にもおすすめできるクレジットカードを2枚紹介します。

JCBカードW

JCBカードW

おすすめポイント
  • 常時1.0%還元
  • 優待店での利用で最大5.5%還元
  • 還元率が上がるキャンペーンを定期的に開催
  • 海外旅行保険・ショッピング保険が付帯
  • JCBプロパーカードで信頼性が高い

JCBカードWは、Web申し込み限定の年会費永年無料カードです。基本ポイント還元率は、JCB一般カード比で2倍の1.0%還元となっています。

 優待店での利用で還元率が上がるのも特徴です。スターバックスカードへのチャージ時には、最大の5.5%還元となります。

還元率が上がるキャンペーンも定期的に開催。新規入会キャンペーンでは20%還元となることも珍しくありません。

他の特典では、海外旅行保険やショッピング保険の付帯もあります。

JCBプロパーカードのため、カード自体の信頼性が高い点も安心です。

年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行保険(最高2,000万円)
ショッピング保険(最高100万円)
国際ブランド JCB
申し込み条件 18〜39歳

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

おすすめポイント
  • ポイントは自動キャッシュバックで手続き不要
  • 携帯電話・インターネット料金はポイント2倍
  • 最短翌営業日に発行
  • 人気キャラとのコラボデザインを選べる

VIASOカードは、ポイントの自動キャッシュバックが特徴の年会費無料カードです。還元されるポイントは自動で利用代金に充当されるため、ポイント使い道で悩む必要がありません。

ポイントを失効するリスクを防げますね。

携帯電話・インターネット料金、ETC利用料金はポイント2倍の還元率1.0%となるため、効率的にポイントを貯められるのも魅力。その他に海外旅行保険・ショッピング保険の付帯もあります。

 午前9時までのWeb申し込み完了で、最短翌営業日発行が可能。急いでいる人にもおすすめです。

人気キャラとコラボしたカードデザインが多数。券面から楽しめるカードといえるでしょう。

年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム VIASOポイント
付帯保険 海外旅行保険(最高2,000万円)
ショッピング保険(最高100万円)
国際ブランド Mastercard
申し込み条件 18歳以上

三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

※対象サービスの利用時

まとめ

今回は、クレジットカードの作り方を解説してきました。

クレジットカードはWeb・店頭・郵送での申し込みが可能です。特にWeb申し込みが、便利かつ独自特典がつくこともありおすすめです。

審査さえ通れば学生やアルバイトの方々でも発行できるので、ぜひ申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

年会費やポイント還元率を比較して、ニーズに合うカードに申し込んでくださいね。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事