コインチェック 評判

数ある仮想通貨取引所のなかから、自分に合うサービスを選択するのは難しいものです。コインチェックはその中でもトップクラスの人気がある取引所です。

そんなコインチェックですが「実際の口コミ・評判はどうなの?」「メリット・デメリットが知りたい」と思っている人もいるでしょう。

そこで本記事では、4つの良い評判と2つの悪い評判をもとに、コインチェックの客観的なメリットとデメリットをご紹介しています。

コインチェックが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Coincheck(コインチェック)とは

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 取扱銘柄数が国内ナンバーワンの17種類
  • 幅広い独自サービスを提供
  • 最低500円と少額で仮想通貨を購入可能
  • 売買手数料や銀行からの入金手数料が無料

コインチェックは、マネックスグループ傘下のコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所。

国内取引所では最多となる、17種類もの仮想通貨を取り扱っています。

 ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルといった代表的な銘柄から、日本では購入しづらいIOST、エンジンコインなどのアルトコイン※まで購入可能です。
コインチェックの取扱銘柄一覧
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・リスク(LSK)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・IOST(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・ザ・サンドボックス(SAND)
・パレットトークン(PLT)

以上の銘柄は最低500円から購入可能。少額から仮想通貨投資をスタートできるのが、コインチェックの特徴です。

また、取引所・販売所サービスだけではなく、毎月コツコツと仮想通貨を購入できる「Coincheckつみたて」や、ビットコインで水道光熱費の決済ができる「Coincheckでんき・ガス」など幅広いサービスを提供しています。

取扱銘柄やサービスの豊富さ、手数料の安さなど、コインチェックは数ある仮想通貨取引所のなかでも総合力に秀でていると言えるでしょう。
取扱通貨数 17種類
最低取引金額 500円
レバレッジ ×(2020年3月にサービス終了)
アプリ 〇(iOS/Android)
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
売買手数料 無料
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨送金手数料 ビットコイン:0.0005 BTC
イーサリアム:0.005ETH
イーサリアムクラシック:0.01ETC
リップル:0.15XRP
リスク:0.1LSK

コインチェック 公式サイト

※ ビットコイン以外の仮想通貨の総称

Coincheck(コインチェック)の良い評判

良い口コミ一覧
  • スマートフォンアプリが使いやすい
  • 簡単に口座開設を行える
  • Coincheckでんきの利便性が高い
  • 貸仮想通貨サービスの利率が良い

スマートフォンアプリが使いやすい

スマホを使う女性

コインチェックが用意しているスマホアプリは「画面がシンプルで見やすく、仮想通貨取引に慣れいなくても使いこなせた」という口コミが見られました。

また、チャット機能があるので「ほかのトレーダーと気軽に情報交換できて便利。電車で移動中の暇つぶしにもなるし、アプリだけで仮想通貨投資したい人におすすめ」という声もありました。

コインチェックには、iOS用とAndroid用のスマートフォンアプリが用意されています。

 パソコンの取引ツールと同じようにアプリから注文ができるため、通勤中や外出中にも仮想通貨投資を行いたい方におすすめです。

スマートフォンの小さい画面でもチャートが見やすいよう、シンプルで使いやすいデザインが採用されています。

ログイン時の2段階認証や画面ロックなど、セキュリティに優れるのもポイントです。

簡単に口座開設手続きを行える

コインチェックは「口座開設の手続きがめちゃくちゃ簡単でびっくり。面倒な本人確認も、手持ちのスマホで写真を撮るだけで楽ちん」という声が見られました。

 詳しくは後ほど解説しますが、コインチェックの口座開設手続きは3つの手順だけで済みます。

早い方だと5~10分ほどで手続きが完了するため、「仮想通貨取引所の利用は専門的で難しそう」という方にも安心です。

また「お得なキャンペーンを定期的に開催しているのもいいと思う」という声もありました。

いまなら新規口座開設&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施中※。この機会に登録するとお得になります。

※【キャンペーン期間】2022/9/30日まで

※【条件】キャンペーン期間中に本人確認を完了し、72時間以内の入金が必須

Coincheckでんきの利便性が高い

夜景

「既存の電力サービスより電気代がお得になるCoincheckでんきが使いやすい」という声もありました。

コインチェックでは、電気代やガス代をビットコインで決済できる「Coincheckでんき・ガス」を提供しています。

 Coincheckでんきには、電気代をビットコインで支払えるビットコイン決済プランと、月々の電気代に応じてビットコインが受け取れるビットコイン付与プランがあります。

供給エリアは北陸や四国、沖縄以外の全国に広がっており、今後も拡大が見込まれています

Coincheckでんきに契約すると、既存の電力サービスより2~7%お得になると言われていますよ。

貸仮想通貨サービスの利率が良い

「コインチェックの『貸暗号資産サービス』を利用すると、銀行に預金するよりもお得に感じる」という声も見られました。

 貸仮想通貨サービスとは、取引所に仮想通貨を一定期間預けると、満了日に利息が受け取れるサービスです。仮想通貨レンディングとも呼ばれています。

コインチェックの場合は14日間、30日間、90日間、360日間の4種類から貸し出し期間を選べます

貸し出す銘柄が値上がりしている場合は、年率最大5.0%という高額な利息を受け取れるのが魅力です。

貸し出し中に通貨価値が暴落すると元本割れのリスクもあるため、運用の際には十分に注意してください。

Coincheck(コインチェック)の悪い評判

続いて、コインチェックの悪い評判をご紹介します。

悪い口コミ一覧
  • 販売所のスプレッドが高い
  • レバレッジに対応していないのが残念

販売所のスプレッドが高い

お金ない人

コインチェックの悪い口コミとしては「スプレッドが高すぎる点がマイナス」という声が見られました。
スプレッドとは、販売所が提示する買値(ASK)と売値(BID)の差額を表します。
販売所と取引所の違い
【販売所】
仮想通貨取引所とトレーダーが直接売買を行う方法
【取引所】
仮想通貨取引所のなかでトレーダー同士が売買を行う方法

基本的に買値よりも売値のほうが安く提示されているのがスプレッドの仕組みです。

たとえばビットコインの買値が105万円、売値が100万円と提示されていた場合、同じタイミングで買い注文と売り注文をすると差し引き5万円分の損失となるため、スプレッドは実質的な手数料だと言われています。

コインチェックはこのスプレッドの提示額に大きな開きがあるため、販売所を利用するとコストが高くなってしまうということです。

スプレッドを抑えるには、販売所ではなく取引所を使う、取引量の多い通貨を選ぶといった方法がありますよ。

レバレッジに対応していないのが残念

また「レバレッジ取引ができなくなったのが残念」という声も見られました。

 2020年4月から施行された改正金融商品取引法により、金融当局から国内取引所への締め付けが強化されました。

その結果、多くの仮想通貨取引所がレバレッジを4倍から2倍に引き下げるなか、2020年3月にはコインチェックがレバレッジ制度そのものを廃止しています。

海外では100倍を超えるレバレッジを活用できる取引所が多く、制度が使えるかどうかという違いは大きな差別化要因といえます。

Coincheck(コインチェック)良い口コミからみるメリット

良い評判や口コミを参考にすると、コインチェックには次のようなメリットがあることがわかります。

メリット一覧
  • 投資に慣れていない方でも始めやすい
  • 売買益以外にも利益を獲得しやすい
  • 仮想通貨にまつわるさまざまなサービスを有効活用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

投資に慣れていない方でも始めやすい

スマホを操作する

コインチェックでは利便性の高い取引アプリが使えるほか、口座開設も簡単に手続きできることから、投資に不慣れな方でも馴染みやすい仮想通貨取引所だといえるでしょう。

 コインチェックでは取引ツールをあえてシンプルにすることで、初心者でも手軽に仮想通貨投資を楽しめるようになっています。

仮想通貨取引所のなかには複雑で難解な取引ツールを提供するところもあります。こうした取引ツールは分析機能に優れることが多いため、中級者や上級者にとっては使いやすいかもしれません。

口座開設手数料は無料となっているため、ひとまずお試し感覚で登録しておいても決して損はないでしょう。

売買益以外にも利益を獲得しやすい

コインチェックは、販売所や取引所を通じて売買益を狙う以外にも、売買益以外の利益を狙えるサービスが豊富です。

貸暗号資産サービス 仮想通貨を貸し出して利息を得る
ステーキングサービス 通貨を保有しているだけで利益が発生する
Coincheck NFT(β版) デジタル商品を売買できる

利益獲得手段が増えるほど収入の窓口が増加し、安定した収益を得られる可能性が高まります。

仮想通貨にまつわるさまざまなサービスを有効活用できる

スマホを使う

他社にはない、さまざまなサービスを提供しているのもコインチェックのメリットです。

他社にはない魅力的なサービス一覧
  • 仮想通貨の積立サービス
  • 水道光熱費の支払サービス
  • 優遇レートで大口注文ができるOTC取引サービス など…

ここまで豊富なサービスを提供しているのは、数ある仮想通貨取引所のなかでもコインチェックのみといっても過言ではないでしょう。

今後の仮想通貨は「投資」以外に「利用(決済・送金など)」という用途が拡大する可能性があるため、いまのうちに仮想通貨に慣れておくのも方法の一つです。

Coincheck(コインチェック)悪い口コミからみるデメリット

悪い口コミや評判を見ると、コインチェックの次のようなデメリットが浮き彫りとなります。

デメリット一覧
  • ほとんどのアルトコインが販売所経由の取引となる
  • レバレッジの利点を生かせない

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

ほとんどのアルトコインが販売所経由の取引となる

注意

業界最多となる17種類の仮想通貨を取り扱っているコインチェックですが、それはあくまでも販売所での話となります。

トレーダー同士で売買を行う取引所で取り扱っているのは、4種類の銘柄のみです。

コインチェック(取引所)で売買できる銘柄一覧
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・モナコイン(MONA)
・パレットトークン(PLT)

取引所には注文方法が豊富というメリットがあるのと同時に、販売所にも確実・迅速に目的の銘柄を購入できるという利点があります。

 しかし、取引所に比べて販売所の手数料は比較的高いので、利益が減額されるデメリットには気を付けなければならないでしょう。

取引所でも買えるビットコインが目的であれば、このデメリットはまったく問題になりません。

レバレッジの利点を生かせない

レバレッジとは、少ない元手で多額の取引額を運用できる制度。たとえば、口座に10万円の金額しかない場合でも、レバレッジを10倍に設定すると最大100万円分の取引額を運用できます。

 しかし、コインチェックは2020年3月にレバレッジ制度を廃止しました。つまり10万円という少額の元手しか用意できない場合は、10万円分の取引額しか運用できないということです。

国内FXでは最大25倍までのレバレッジを活用できることを考えると、レバレッジの利点を生かせないという点は大きなマイナスポイントとなってしまいます。

レバレッジは元手以上に損失が膨らんでしまうリスクがあります。制度が廃止されたことで、その点を回避できるのは一つのメリットだといえますね。

Coincheck(コインチェック)口座開設の流れ

コインチェックの口座開設の流れは次の通りです。

口座開設の流れ一覧
  1. メールアドレスの登録
  2. コインチェックにログイン
  3. 本人確認書類の提出

1.メールアドレスの登録

コインチェックの公式サイトにアクセスし、トップページの「口座開設」ボタンをクリックします。

次の画面でメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

3.メールアドレス登録

「私はロボットではありません」というボタンをチェックし忘れないよう、注意してください。

2.コインチェックにログイン

登録したアドレス宛にメールが届くので、なかに記載されているURLをクリックします。すると自動的にコインチェックの会員ページにログインできます。

登録したメールアドレスとパスワードは忘れないように保管してください。

3.本人確認書類の提出

ログインした会員ページから、「本人確認書類を提出」というボタンをクリックします。

4.コインチェックでの本人確認

画面の指示に従い、次のように手続きを進めます。

手続きを進める手順
  1. 電話番号入力、SMS受け取りの手順でメール認証を行う
  2. 個人情報や投資経験などを入力する
  3. 運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を写真におさめる
  4. 撮影した写真をアップロードする

    ここまでの手続きが完了するとコインチェックで審査が行われます。審査に通過すれば登録住所宛てにハガキが届き、取引が可能になります。

    ハガキは簡易書留郵便で送られてくるため、しっかりと受け取るようにしましょう。

    まとめ

    口コミや評判を参考にすると、コインチェックにはアプリの使いやすさや登録しやすさ、サービスの豊富さといったメリットがあることがわかりました。

    ただし、手数料が高く、レバレッジが使えない点には注意が必要です。こうしたメリットやデメリットを理解しておけば、複数の取引所を選び分けて、それぞれ効果的に活用できるでしょう。

    コインチェックが気になっている人は、利用を検討してみてくださいね。
    ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事