カードローン 在籍確認なし

カードローンの申し込みには、一般的に勤務先へ電話をして在籍確認するのが一般的。与信審査貸金業法により、申込者の返済能力調査が必要なため、在籍確認は避けては通れません。

ところが、カードローン利用はイメージが良いとはいえないので、できることならバレないように利用したいですよね。そんな方には、電話での在籍確認なしのカードローンを選択するといいでしょう。

電話の在籍確認なし借入できるカードローン
プロミス
アコム
SMBCモビット
アイフル

本記事では、在籍確認なしのカードローンはあるのか、バレずにお金を借りる方法はあるのかについて解説します。

電話連絡なしでもOKのカードローン業者の紹介や、電話連絡なしにするコツも紹介していくので、在籍確認が気になる人は、ぜひ参考にしてください。

電話連絡がある場合の対象方法についても紹介していますよ。

在籍確認なしのカードローンはある?

「在籍確認なしでお金を借りれないかな…」と悩んでいる方は多いでしょう。カードローンを利用する際に、誰にもバレたくないと考える方はたくさんいます。

在籍確認なしのカードローンはない

電話

結論、在籍確認なしで利用できるカードローンはありません。カードローンの審査では、必ず在籍確認が行われます。

 理由としては、貸金業法で在籍確認が義務付けられているからです。

カードローン会社は、利用者の返済能力をチェックしなければなりません。万が一回収できなければ、貸し倒れとなってしまいます。

また「在籍確認なしで貸付OK」のように謳っている業者には注意が必用です。悪徳業者、または闇金の可能性が非常に高いと考えられます。

悪徳業者からは絶対に借入しないように注意しましょう。

電話での在籍確認なしのカードローンはある

会社員 握手

カードローンを利用する際に在籍確認は避けられません。ただし、電話での在籍確認を避ける方法はあります。

 カードローン会社によっては、在籍確認を柔軟に実施。電話以外の方法で対応してもらえるところもあります。

たとえば、会社に在籍していることを証明できる書類を用意すると、在籍確認をクリアできるケースが一般的です。

在籍確認に使える書類
  • 社員証
  • 社会保険証
  • 雇用契約書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書

どうしても電話での在籍確認を避けたい方は、上記の書類を用意すると良いでしょう。

また、電話以外の方法で在籍確認に対応してもらえるところの多くは、大手消費者金融カードローンです。

プロミス 在籍確認の相談に対応
アイフル 原則、電話での在籍確認はなし
SMBCモビット WEB完結なら電話での在籍確認なし

電話での在籍確認なしでカードローンを利用する方法

ここからは、電話での在籍確認なしでカードローンを利用する方法を5つ紹介します。

  • 電話での在籍確認なしのカードローンに申し込む
  • 在籍確認に対する相談をする
  • 電話での在籍確認を避けたい理由を用意する
  • 借入希望額を50万円以下にする
  • 申し込み情報を正確に入力する

1、電話での在籍確認なしのカードローンに申し込む

申し込み パソコン

まずは、電話以外の方法で在籍確認に対応してもらえるカードローンに申し込みましょう。大手消費者金融カードローンが、比較的柔軟に在籍確認を行っています。

 銀行カードローンは、基本的に電話連絡で在籍確認を実施しています。

どうしても銀行カードローンを利用したい方には、セブン銀行カードローンがおすすめです。

審査において、原則としてご登録の電話番号および勤務先へご連絡することはありません。当社が必要と判断した場合は、勤務先に在籍されていること、ご本人さまのお申込みであることを確認するため、お客さまの勤務先、携帯電話等にお電話いたします。

銀行カードローンの中で唯一「勤務先への電話連絡は原則なし」と公表しています。

セブン銀行カードローンは最短2日で借入可能。融資までのスピード早く、注目を集めています。

2、在籍確認に対する相談をする

電話 受付

電話での在籍確認を確実に避けるなら、事前に必ず相談するべきです。「原則、電話連絡なし」と公表していても、審査に問題があれば電話での在籍確認を実施する可能性があります。

 「申し込み額が高額」や「勤続年数が短い」など、申込者や借入条件に不安要素がある場合、電話での在籍確認が行われる可能性が高いです。

そのため、あらかじめオペレーターに「電話での在籍確認を避けたい」と相談するべきです。事前に相談しておけば、勝手に電話連絡されずに済みます。

申し込み後、すぐにオペレーターに相談しましょう。

3、電話での在籍確認を避けたい理由を用意する

理由 考える 女性

電話での在籍確認を避けたい方は「なぜ電話以外の方法で在籍確認を済ませたいのか」の理由を用意しておくと良いでしょう。ほとんどの場合、電話連絡を避けたい理由を聞かれます。

  • 外部の人に在籍の有無を伝えられない
  • 私用の電話を禁止されている
  • 社内の人が少なく、電話連絡に対応してもらえない

上記のような具体的な理由があれば、カードローン会社に納得してもらえるでしょう。正当な理由であれば、どんな内容でも問題ありません。

自分または勤務先の状況に合わせて、正当な理由を用意しましょう。

4、借入希望額を50万円以下にする

お金、札束

借入希望額を少なくするのも一つの手です。あまりにも高額だと「電話での在籍確認なしでは貸付けられない」と判断されてしまう可能性があります。

 ほとんどのカードローンでは、50万円を境目に収入証明書の要否が決まります。

そのため、書類で在籍確認を済ませたい方は、借入希望額を50万円以下に抑えたほうが良いでしょう。50万円以上を希望する場合、審査のハードルが高くなると予想されます。

必用最低限の金額を希望しましょう。

5、申し込み情報を正確に入力する

スマホ 申し込み

申し込み情報は丁寧に入力しましょう。万が一間違いが見つかった場合、申込者の信用度が下がってしまいます。

 申込者の信用度が下がれば、在籍確認を柔軟に対応してもらえなくなるでしょう。

最悪の場合、カードローンの審査に落ちる可能性もあります。また、年収や勤続年数に自信がない方でも、必ず正確な情報を入力しましょう。

嘘・偽りのない情報で申し込むことが重要です。

在籍確認の電話連絡なしOKのおすすめカードローン4選

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 在籍確認は書類提出に切り替え可能
  • 郵送物なしで家族にもバレにくい
  • スマホアプリで簡単に借入・返済ができる

プロミスは、創業から60年の実績を誇る消費者金融です。金融大手のSMBCグループ傘下でもあり、信頼性も比較的高いといえるでしょう。

信頼性の高さは審査時の在籍確認にも表れており、原則は勤務先への電話で在籍確認を行います。しかし、利用者の要望次第では書類提出への切り替えも可能です。

 書類提出へ切り替えてもらう場合は、申し込み後すぐにカスタマーサービスへ連絡しましょう。

なお申し込み自体は、Web完結で郵送物なしにも対応しています。同僚だけでなく家族にもバレにくいといえるでしょう。

カードレス契約なら、カード保有によりバレることもありませんね。

借入・返済はスマホアプリで完結する上、初回利用時の30日間無利息サービスもあります。使いやすさ・特典の両方が魅力のカードローンです。

金利(年率) 4.5〜17.8%
融資可能額 最高500万円
申し込み対象 18歳以上74歳以下で安定収入のある方
最短融資時間 25分
Web完結

プロミス公式サイト

※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

アコム

アコム

おすすめポイント
  • 事前相談で在籍確認を書類提出へ変更できる
  • 郵送物の差出人名義からはバレにくい
  • 借入・返済はネットから可能

アコムは、利用者数150万人以上の大手カードローンです。利用者数の多さから在籍確認に関する相談も多く、柔軟な対応をしてくれるのが特徴です。

原則は勤務先への電話連絡による在籍確認を行っています。しかし審査内容次第では、書類提出への切り替えも可能。電話連絡なしにしたい場合は、申し込み後にカスタマーサポートへ連絡を入れましょう。

必ず電話連絡なしにできるわけではないですが、できる限り要望を通してくれますよ。

仮に電話連絡を避けられないケースでも、非通知発信・個人名対応をしてくれるため、同僚バレの可能性は低いです。また郵送物は「ACサービスセンター」名義のため、家族にバレる心配も少ないでしょう。

 郵送物はなしにすることもできます。

借入・返済はネットからもできるので、ATMなしで利用を完結させることも可能。ATM利用を見られてバレるリスクも防げます。

金利(年率) 3.0〜18.0%
融資可能額 最高800万円
申し込み対象 18〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 30分
Web完結

SMBCモビット

SMBCモビット

おすすめポイント
  • Web完結申し込みなら電話連絡が原則なし
  • カードのコンビニ受け取り可能
  • クレジット機能付きカードを発行できる

SMBCモビットは、名称からわかるようにSMBCグループ傘下の消費者金融です。利用に応じてTポイントが貯まるなど、お得な独自サービスを展開しています。

在籍確認方法はWeb完結申し込みをした場合、勤務先への電話連絡は原則ありません。電話連絡が不安な人は、Web完結申し込みをするのがベターでしょう。

 Web完結での申し込みは、対象の銀行で口座を保有しているなどの条件を満たす必要があります。

家族にもバレにくい対策をとっているのも特徴です。郵送物なしのカードレス契約ができる上、カードありを希望した場合にもコンビニでのカード受け取りが可能。自宅にカードが送られる心配がありません。

カードが欲しい人には、コンビニ受け取りはありがたいサービスですね。

カードはクレジット機能付きカードの発行もできます。クレジットカードを利用していると思われるため、周囲の方々に疑われずに利用できるのもメリットです。

金利(年率) 3.0〜18.0%
融資可能額 最高800万円
申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 30分
Web完結

アイフル

アイフル

おすすめポイント
  • 原則として在籍確認の電話連絡なし
  • 審査はWEB申し込みの場合最短25分で完結
  • カードレスのスマホATM利用が可能

アイフルは、銀行傘下ではない独立した消費者金融業者です。独立系企業としてのスピーディーな対応力が特徴で、国内の消費者金融業界では第3位の実績を誇ります。

審査時の在籍確認においては、申し込み方法を問わず勤務先への電話連絡を原則行いません。勤務先への電話連絡が気になる人には、安心して申し込めるでしょう。

 大手消費者金融において、全ての申し込み方法で「原則電話連絡なし」としているのはアイフルだけです。

審査時間の早さでもメリットがあり、WEBし込みなら最短25分での借入が可能。同業大手よりも審査時間は短いため、少しでも早く借入したい人には魅力的です。

郵送物なしのカードレス契約もできるため、家族にバレるリスクも少ないでしょう。スマホアプリからATMが使えるので、カードレスでもATM取引を利用できます。

郵送物ありの場合でも、社名なしの封筒で送付されるから安心ですよ。
金利(年率) 3.0〜18.0%
融資可能額 最高800万円
申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 25分(WEB申込の場合)
Web完結

アイフル公式サイト

※公式サイトの文言より

在籍確認の電話なしで審査を進める5つのポイント

在籍確認の電話なしで審査を進めるポイントがあったら、知りたいですよね。ここでは、電話連絡なしで審査を進める5つのポイントを紹介します。

在籍確認の電話なしで審査を進めるポイント
  1. 申し込み後すぐカスタマーサービスに電話
  2. 借入希望額を少額にする
  3. 安定した職業で勤続年数が長い
  4. 過去に金融事故を起こしていない
  5. 借入を複数業者からしていない

1.申し込み後すぐカスタマーサービスに電話

電話

カードローンの申し込みが完了したら、すぐにカスタマーサービスへ電話しましょう。勤務先への電話連絡をしないでほしい旨を伝えると、極力希望に沿った対応をしてくれます。

審査が早い消費者金融系カードローンの場合、申し込み後すぐに勤務先への電話がある可能性もあります。まずは、カスタマーサービスへ電話をして電話連絡なしの相談をしましょう。

勤務先への電話連絡が原則なしの業者でも、電話連絡してほしくないことを伝えておくと安心ですよ。

2.借入希望額を少額にする

借入希望額が少ないと、カードローン業者側からしても貸し倒れのリスクが低くなります。リスクが低くなる分、電話連絡をしてほしくないという要望を受けやすいでしょう。

要望が通りやすい具体的な金額は、人によって異なるので一概にはいえません。ただし、10万円以内であれば一般的に少額融資と捉えられます。電話連絡なしの要望を通しやすいでしょう。

10万円以上だと電話連絡なしの要望が通らないということではありませんよ。

3.安定した職業で勤続年数が長い

スーツ

公務員や正社員などの安定した職業だと信用されやすいため、電話連絡を回避できる可能性が比較的高いです。毎月一定の収入が保証されており、しっかり返済能力を有していると捉えられます。

勤続年数も長い方が電話連絡をなしにできる確率を高められます。勤続年数が長いと会社を辞めるケースが低いと判断されて、今後の収入状況も安定していると推測されるためです。

 入社・退社を頻繁に繰り返している場合は、収入の安定性を疑われやすくなります。

以上から短期アルバイトや個人事業主などは在籍確認の電話連絡を回避しにくい職業といえます。

4.過去に金融事故を起こしていない

札束

過去に支払い遅延などの金融事故を起こしている場合、信用情報が疑われやすいです。入力された情報も必然的に疑惑の目を向けられるので、電話連絡となる可能性が高まります。

いざカードローンを利用したいというときに、過去の金融事故はマイナスです。日頃から各種支払いの延滞をしないことを心がけておきましょう。

信用機関による延滞情報は、完済後5年間は記録が残るといわれています。

5.借入を複数業者からしていない

電話連絡なしにするためには、他社からの借入がないクリーンな状態を保っておくことも大切です。

仮に複数業者から借入している場合、お金に困っていると推測されてカードローン業者からはマークされやすい存在となります。

審査自体が入念に行われる可能性が高くなり、電話連絡を避けるのは難しくなるでしょう。現在に他の業者から借入がある人は、完済してから新たな審査を受けるのがベストです。

セブン銀行以外なら銀行カードローンは在籍確認の電話が原則あり

銀行

銀行系カードローンの場合、消費者金融系と比べて在籍確認の電話連絡をなしにできないケースが多いです。主要の銀行系カードローンでは、唯一セブン銀行だけが電話連絡なしを謳っています。

どうしても電話連絡なしで銀行系カードローンを申し込みたいなら、セブン銀行カードローンを検討しましょう。ただし、セブン銀行でも100%電話連絡を回避できるわけではありません。

 申し込み時に不審な点があれば、電話連絡されるケースがあります。

なおセブン銀行以外の銀行でも、電話連絡なしに切り替え可能なこともあります。ただし消費者金融系のように、相談すれば書類提出切り替えできると思わない方が賢明です。

銀行系であっても、在籍確認の電話ではカードローン申し込みであることは伏せられます。勤務先に電話がかかってきても、それだけで同僚にバレることはありません。

消費者金融と同じく、バレないための配慮はしてくれますよ。

在籍確認の電話連絡を回避できない場合の注意点・対策

注意点・対策
  1. 正しい電話番号を伝える
  2. 電話の時間帯を相談する
  3. 同僚への言い訳を用意しておく

1.正しい電話番号を伝える

携帯電話

電話番号は、在籍していることが確実にわかる番号を伝えてください。特に以下の2つに該当する場合は注意しましょう。

在籍確認の電話番号で気をつけるケース
  • 派遣社員…派遣元の電話番号
  • 大手企業などの社員…部署直通の電話番号

派遣社員の場合、勤務先の電話番号を伝えても在籍確認はできません。実際に在籍しているのは派遣元なので、在籍している派遣会社の電話番号を伝えましょう。

正社員でも大手企業など部署が複数ある会社に勤めている場合は、部署直通の電話番号を伝えておくとスムーズです。

代表番号を伝えると、在籍確認ができず審査に落ちるリスクも出てくるでしょう。

2.電話の時間帯を相談する

電話連絡自体を避けることはできなくても、電話連絡される時間帯は指定できます。自分自身がオフィスにいて同僚が少ない時間帯を指定すれば、自分自身で電話に出られる可能性が上がるでしょう。

自分で電話に出れば電話の取り次ぎもないので、同僚バレも気になりませんよ。

平日が休業日、営業時間が夜間など、勤務体系が特殊な場合も電話の時間帯を伝えておくとよいでしょう。電話に出られる時間帯を伝えておかないと、在籍確認ができず審査が進みません。

3.同僚への言い訳を用意しておく

同僚

電話の時間指定をしたとしても、同僚が電話を取るケースはあるでしょう。もちろんカードローン業者側は個人名で対応しますが、同僚に不審がられる可能性が出てきます。

そうなった場合に備えて、電話がかかってきた理由を用意しておくと安心です。仮に電話相手を聞かれた場合、クレジットカード申し込みの確認電話と言っておくと不審がられることは少ないでしょう。

 クレジットカードに対してのマイナスイメージは少なく、クレジットカードの審査でも在籍確認は行っているためです。

銀行系カードローンなら、銀行の口座開設という理由でも問題ありません。自然な行動を取っておけば、バレるケースは少ないと言えます。

何のクレジットカードを申し込んだか、どこの銀行で口座開設したかも伝えておけばより自然ですね。

まとめ

今回は、カードローン審査時における在籍確認について解説してきました。

 在籍確認はカードローン契約において必須の作業なので、避けることはできません。ただし状況次第では、勤務先への電話連絡をなしにすることは可能です。

電話連絡なしにしたい人は書類提出可のカードローン業者を選び、申し込み後すぐにカスタマーサービスへ連絡してください。

一般的には、消費者金融なら電話連絡なしにできるケースが多いですよ。

もしも電話連絡が回避できない場合でも、同僚にバレない対応をしてくれます。ご自身が不審な行動を取らなければ、在籍確認の電話でカードローン利用がバレる可能性は薄いでしょう。

どうしても在籍確認が気になるなら、記事内で紹介したカードローンで申し込んでみてくださいね。

※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事