カードローン即日

今すぐにお金が必要な時に、便利なサービスが即日融資対応のカードローンです。カードローンなら無担保・保証人不要、最短即日で融資を受けることができるので、冠婚葬祭をはじめとする急な出費にも対応できます。

しかし、カードローンに馴染みのない方は「本当に即日融資に対応しているのは?」「なるべく審査が甘いところは?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、即日融資可能なおすすめカードローンを紹介。審査や最短融資を受けるポイントについても解説しているのでチェックしてみてください。

すぐにお金を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてください。

最短即日融資可能おすすめカードローン10選

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 初回利用時から30日間は利息0円
  • 上限金利が17.8%と他社より低い
  • 申し込みから借入までアプリで完結可能

プロミスは、金融業界大手SMBCグループのカードローンサービス。テレビCMも頻繁に放映されており、消費者金融としては大手業者の1つです。

融資までの時間は最短30分の速さ。申し込みから借入までをスマホアプリで完結できるアプリローンも便利で好評です。

上限金利は17.8%で、他社より低いのもメリット。他社の場合は上限金利18.0%が多く、わずか0.2%ではありますが金利が低くなっています。

初回利用時は実績もないので、上限金利が適用されるケースが多いです。

プロミスで即日融資を受ける流れ

プロミスで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

プロミスで即日融資を受ける流れ
  1. WEB・アプリから申し込み
  2. 遅くても20:30までに申し込む
  3. 審査期間(約30分)
  4. 銀行口座に振り込み

申し込み時間には注意しましょう。プロミスの営業時間は9:00~21:00なので、審査時間を考えると20:30までに申し込む必要があります。

また「手持ちの銀行口座が何時まで営業しているのか」も重要なポイントです。

24時間振込に対応している銀行口座なら、即日融資を受けられる可能性がグッと上がります。

基本情報

金利 4.5〜17.8%(実質年率)
融資限度額 500万円
申し込み対象 18歳以上69歳以下で安定収入のある方
最短融資時間 30分
Web完結

アコム

アコム

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

おすすめポイント
  • 返済期日を選べる
  • 高額借入も可能な融資限度額800万円
  • 楽天銀行に口座があれば最短1分で振込
  • カードローン付きクレジットカードを発行できる

アコムは、MUFGを親会社としているカードローンサービスです。最短30分での融資を受けられ、事前診断は最短3秒とスピーディーなサービスを提供しています。

融資限度額は800万円なので、利用目的を問わずさまざまなシーンに対応可能。契約から30日間は利息0円なのも安心ポイントです。

アコムで即日融資を受ける流れ

アコムで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

アコムで即日融資を受ける流れ
  1. インターネット・電話で申し込み
  2. 審査期間
  3. インターネット・店舗で契約
  4. 銀行振込

アコムで即日融資を希望する場合も、申し込み時間に注意が必用です。営業時間を考慮すると、遅くとも20:30までに申し込み手続きを済ませたほうが良いでしょう。

また、振り込み先の銀行口座は「楽天銀行」がおすすめです。

楽天銀行なら、受付完了から約1分程度で振込。すぐにお金が手に入ります。

基本情報

金利 3.0〜18.0%(実質年率)
融資限度額 800万円
申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 30分
Web完結

SMBCモビット

SMBCモビット

おすすめポイント
  • Tポイントが貯まる・使える
  • 提携ATMは全国に約140,000台と多数
  • LINE連携でポイントやキャンペーン情報ゲット

SMBCモビットは、プロミスと同じくSMBCグループのカードローンサービスです。融資までは最短30分で、カードレスでの申し込みも可能です。

三井住友銀行ATMなら手数料無料で利用可能。提携ATMが多く全国に約140,000台の多さなので、利用できるATMがなくて困る場面は少ないでしょう。

SMBCモビットで即日融資を受ける流れ

SMBCモビットで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

SMBCモビットで即日融資を受ける流れ
  1. インターネットから申し込み
  2. 申し込み後、コールセンターに電話
  3. 審査期間
  4. 入会手続き
  5. 振込または提携ATMにて借入

SMBCモビットで即日融資を希望する場合、申し込み後に「即日融資を希望する旨」をコールセンターに電話する必要があります。

 コールセンターの営業時間は、9:00~21:00までです。

営業時間ギリギリよりは、余裕をもって連絡したほうが良いでしょう。審査完了後、入会手続きを済ませたら借入できます。

銀行振込だけでなく、提携ATMからも借入可能。ローン契約機にて、その場で専用カードを発行してもらえます。

基本情報

金利 3.0〜18.0%(実質年率)
融資限度額 800万円
申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 30分
Web完結

アイフル

アイフル

おすすめポイント
  • WEB申し込みで最短25分で融資可能※1
  • 申し込み時の勤務先への電話が原則なし
  • 最短1秒で事前診断ができる※2

アイフルは、銀行と提携していないノンバンク系の消費者金融です。ノンバンク系ではありますが、創業から50年以上の歴史があり信頼性は高いでしょう。

 融資までの時間は最短25分と、大手消費者金融の中では最も速いです。(※3)

1分でも早く融資を受けたい方には、この融資スピードは大きなメリット。事前診断でもスピーディーな対応は生かされており、最短1秒借入可能かを診断してくれます。※2

アイフルで即日融資を受ける流れ

アイフルで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

アイフルで即日融資を受ける流れ
  1. WEBから申し込み
  2. フリーダイヤルに電話
  3. 審査期間
  4. セブン銀行・ローソン銀行ATMで借入

アイフルで即日融資を希望する場合、申し込み後、フリーダイヤルに「今、スグ、借りたい」と電話する必要があります。

 フリーダイヤルの営業時間は、9:00~21:00までです。

審査完了後、WEBまたは全国の無人契約機にて契約可能。お急ぎの方には、セブン銀行・ローソン銀行ATMでの借入がおすすめです。

提携ATMでは、スマホアプリを利用して借入可能。専用カードがなくても借入できます。

基本情報

金利 3.0〜18.0%(実質年率)
融資限度額 800万円※5
申し込み対象 20〜69歳で安定収入のある方
最短融資時間 25分※6
Web完結

アイフル公式サイト

※1お申込みの状況によってはご希望に添えない場合がございます。

※2診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もございます。

※3WEB申込みの場合・お申込みの状況によってはご希望に添えない場合がございます。

※4申込内容に不備があれば電話確認

※5ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

※6WEB申込みの場合・お申込みの状況によってはご希望に添えない場合がございます。

レイクALSA

レイクALSA

おすすめポイント
  • 初回契約時の無利息期間を選べる
  • 最短15秒で審査結果がわかる
  • 新生銀行カードローンATMは手数料無料

レイクALSAは、新生銀行グループのカードローンです。最短融資時間は60分となっています。

審査時間も早く、最短15秒で審査結果が表示されます。審査に通過かしたどうかを待たされることもないので、精神的には安定するでしょう。

レイクALSAで即日融資を受ける流れ

レイクALSAで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

レイクALSAで即日融資を受ける流れ
  1. WEB・店舗・電話で申し込み
  2. 本人確認書類の提出
  3. 審査期間
  4. 契約手続き・借入

レイクALSAは、WEB・店舗・電話申し込みの3つが即日融資に対応しています。

申し込み方法 即日融資の条件
WEB申し込み 21時までに契約完了※日曜日は18時まで
店舗申し込み 8:00~22:00までに契約手続き完了
電話申し込み 20:00頃までに申し込み完了

注意点としては、各申し込み方法によってタイムリミットがあることです。どの方法を選択する場合も、余裕をもって申し込むと良いでしょう。

契約手続きが完了したら、銀行振込や自動契約機、提携ATMから借入できるようになります。

基本情報

金利 4.5〜18.0%(実質年率)
融資限度額 500万円
申し込み対象 20〜70歳で安定収入のある方
最短融資時間 60分
Web完結

アロー

アロー

おすすめポイント
  • アプリからの申し込みで郵送物なし
  • 最短45分で審査完了
  • 全6パターンの返済日から選べる

アローは、WEB申し込みに特化したカードローン。最短45分で審査完了するので、即日融資に対応してもらえる可能性が十分にあります。

 申し込み方法は、WEBまたはスマホアプリからの2種類のみです。

電話申し込みには対応してませんが、わからないことがあれば専用ダイヤルにて対応してもらえます。誰にもバレたくない方の場合、郵送物なしのアプリ申し込みを利用すると良いでしょう。

アローで即日融資を受ける流れ

アローで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

アローで即日融資を受ける流れ
  1. WEB・アプリから申し込み
  2. 審査期間
  3. 必用書類の提出
  4. 登録した銀行口座に振り込み

アローで即日融資を希望する場合、WEBまたはスマホアプリから申し込みましょう。誰にもバレたくない方には、WEB完結するアプリ申し込みがおすすめです。

 審査は最短45分で完了。無事通過したら、必要書類を提出します。

必要書類には「運転免許証」「健康保険証」などを求められます。50万円以上の借入を希望する方の場合、収入証明書が必用になるため、事前に準備しておくべきです。

平日のできるだけ早い時間に申し込むと、即日融資の可能性が高まるでしょう。

基本情報

金利 15.00~19.94%(実質年率)
融資限度額 200万円
申し込み対象 25~65歳以下の方
最短融資時間 最短即日
Web完結

セントラル

セントラル

おすすめポイント
  • 平日14時までの申し込みで最短即日融資
  • 最大30日間の無利息期間サービス
  • 1万円から千円単位で借入可能

セントラルは昭和48年創業の老舗カードローン。全国17ヶ所に無人契約機や友人店舗、ATMを展開しています。

 もちろんWEB申し込みにも対応。自宅で簡単に契約できます。

自宅や職場付近に店舗がない方の場合、WEB申し込みが良いでしょう。平日14時までに申し込みが完了すれば、即日融資に対応してもらえます。

セントラルで即日融資を受ける流れ

セントラルで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

セントラルで即日融資を受ける流れ
  1. 平日14時までにWEBから申し込み
  2. 審査期間
  3. 本人確認書類の提出
  4. 契約完了・借入

もっとも重要なポイントは、平日14時までに申し込むところです。土日・祝日や14時以降に申し込んだ場合、翌日以降の対応となってしまいます。

また、契約完了後、お急ぎの方は銀行振込にて融資してもらえます。専用カードが届く前に希望額を借入できるのは大きなメリットでしょう。

コンビニATMで借入・返済に利用する専用カードは、後日郵送で送られてきます。

基本情報

金利 4.8~18.0%(実質年率)
融資限度額 300万円
申し込み対象 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
最短融資時間 最短即日
Web完結

ダイレクトワン

ダイレクトワン

おすすめポイント
  • 初めての方限定!55日間利息0円
  • 店頭窓口で最短当日に借入
  • 日本全国のコンビニATMで借入・返済が可能

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループのカードローン。全国の店頭窓口にて最短当日中に借入できます。

 申し込み方法は、インターネット、電話、店頭の3種類に対応。お急ぎの方には、店頭申し込みがおすすめです。

はじめてカードローンを利用する方の場合、店頭申し込みなら説明を受けながら手続きを進められるでしょう。最短30分で専用カードを発行してもらえます。

ダイレクトワンで即日融資を受ける流れ

ダイレクトワンで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

ダイレクトワンで即日融資を受ける流れ
  1. 店頭窓口にて申し込み
  2. 審査期間
  3. 契約書類の記入

ダイレクトワンで即日融資を希望する場合、店頭申し込みがおすすめです。無事契約完了すれば、その場で借入できます。

 ダイレクトワンの店舗は、全国11店舗展開。東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、愛知県にお住まいの方におすすめです。

また、店頭契約する際は、本人確認書類収入証明書を持参する必要があります。万が一忘れてしまうと、その場で契約できない可能性があるので注意しましょう。

その他の申し込み方法でも即日融資してもらえる可能性はありますが、早い時間に申し込む必要があります。

基本情報

金利 4.9~18.0%(実質年率)
融資限度額 300万円
申し込み対象 20歳~69歳までの安定した収入のある方
最短融資時間 最短即日
Web完結

au PAYスマートローン

auスマートローン

おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!申し込みはWEB完結
  • 少ない入力項目でかんたん申し込み
  • カードレスなので原則郵送物不要

au PAYスマートローンは、カードレスのカードローン。借入・返済に専用カードが必用ないので、郵送物なしで利用できます。

 自宅に郵送物が届かないので家族にバレる心配がありません。

スマホ・パソコンからかんたんに申し込めるところもポイント。au IDに登録されている情報が自動で反映されるので、入力項目が少なく済みます。

au PAYスマートローンで即日融資を受ける流れ

au PAYスマートローンで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

au PAYスマートローンで即日融資を受ける流れ
  1. スマホ・パソコンで申し込み
  2. 借入・返済時に利用する口座の登録
  3. 審査期間(最短30分)
  4. 契約手続き・借入

au PAYスマートローンで即日融資を希望する場合、なるべく早い時間帯に申し込むことをおすすめします。

 最短即日融資可能ですが、申し込み時間帯によっては翌日以降の契約となる可能性もあります。

契約さえできれば、銀行振込またはau PAYへのチャージで借入可能です。借入申請は、スマホから簡単に申し込めます。

普段からau PAYを利用している方に、最適なカードローンだと言えるでしょう。

基本情報

金利 2.9~18.0%(実質年率)
融資限度額 100万円
申し込み対象 満20歳以上70歳以下の方
最短融資時間 最短即日
Web完結

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

おすすめポイント
  • 何回でも利用できる14日間の利息0円サービス
  • 最短3分で申し込み!最短30分で審査完了
  • 20~80歳までと幅広い年齢の方が利用可能

ベルーナノーティスは、ベルーナグループ(東証一部上場)のカードローン。申し込みから契約まで、インターネット・電話で完結します。

 インターネット申し込みは最短3分で完了。電話での申し込みにも対応しています。

お急ぎの方には、インターネット申し込みがおすすめです。審査時間が速く、最短30分で完結します。

ベルーナノーティスで即日融資を受ける流れ

ベルーナノーティスで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

ベルーナノーティスで即日融資を受ける流れ
  1. インターネットから申し込み
  2. 審査期間(最短30分)
  3. インターネット・電話で契約手続き
  4. 銀行振込・専用カードで借入

ベルーナノーティスで即日融資を希望する場合、インターネット申し込みがおすすめです。書面での契約手続きを短縮できるので、最速で融資まで漕ぎつけます。

また、審査結果は電話にてお知らせしてもらえます。その際に「融資を急いでいる旨」をオペレーターに伝えましょう。

お急ぎの旨を伝えると、優先的に対応してもらえます。

基本情報

金利 4.5~18.0%
融資限度額 300万円
申し込み対象 20~80歳までの方
最短融資時間 最短即日
Web完結

即日融資対応のカードローンは銀行系or消費者金融系?

ATMにカードを入れてお金を引き出す人

即日融資に対応しているカードローンは、大半が消費者金融系です。銀行が提供している銀行系カードローンは、即日融資が不可能で最短翌日融資になります。

 銀行系カードローンは警察庁データベースへの照会が義務付けられており、照会に1営業日以上かかるため即日融資ができません。

急いでいて即日に借入したい場合は、銀行系ではなく消費者金融系のカードローンを選んでください。なお、同じカードローンでも消費者金融系と銀行系では、以下のような違いがあります。

タイプ 即日融資 法律 上限金利
銀行系 不可 銀行法
(総量規制は対象外)
低い
(年率14%程度)
消費者金融系 可能 貸金業法
(総量規制の対象)
高い
(年率18%程度)

それぞれにメリット・デメリットがあります。状況に応じて、どちらを利用するかを決めましょう。

即日融資が第一優先の場合は、消費者金融系の一択です。

審査なしで即日融資可能なカードローンはある?

カードローン申し込みで気になるのが、審査についてでしょう。なるべくなら、審査が甘い業者で申し込みをしたいところです。そこでここからは、審査について解説していきます。

審査は必須なのか、審査は甘い業者はあるのかなども説明しますよ。

カードローン申し込みは審査が必須

審査

まず、カードローン契約における審査の必要性ですが、カードローンの契約には審査が必須です。審査なしでカードローンの契約をすることはできません。

 カードローンを謳う業者の中には「審査なし」を強調する業者もいるかもしれません。しかし、そういった業者は認可を受けていない闇金と呼ばれる悪徳業者です。

闇金は、法律上限を超える金利での貸付や激しい取り立てを行います。審査なしという言葉に騙されず、利用しないようにしましょう。

ご自身だけでなく、家族など周囲の方々にも被害が及ぶこともあります。

審査でチェックするのは返済能力

手を差し出している

原則として、カードローン各社の審査基準は公表されていません。そのため、どの業者の審査が甘い・厳しいと一概には言えません。

 ネット上で、審査が甘いと言われる業者に審査落ちして、厳しいと言われる業者の審査に通ることもあります。

なお、カードローン会社が審査でチェックするのは返済能力です。返済に問題がないと認められれば、審査に通過するでしょう。一般的に審査に通りやすいと言われる基準は、以下の2点を満たすことです。

カードローン審査に通りやすい条件
  • 収入が安定
  • 過去の金融事故がない

    安定収入に関しては、多くのカードローン会社で申し込み基準として明記しています。具体的な年収基準はありませんが、正社員としての勤続年数が長い方の方が信用されやすいでしょう。

    金融事故は、支払い延滞などが挙げられます。過去にカードローンやクレジットカードでの支払いを延滞した履歴があると、信用力が下がります。

    過去に金融事故の経歴がある方は、一定期間を空けてから申し込む方が審査に通りやすいかもしれません。

    支払い延滞などの情報は、信用情報機関でおよそ5年間保存されますよ。

    事前診断を活用してみる

    事前診断

    カードローン各社では、公式サイトで簡易的な事前診断が可能です。1分未満の所要時間で完了することが多いので、審査に通るかの目安を知るために活用してみることをおすすめします。

    簡単な情報入力だけで診断できるので、空き時間に試してみましょう。

    カードローンで最短即日融資を受ける9つのポイント

    最短即日融資のカードローンでも、誰もが即日融資を受けられるわけではありません。即日融資を受けるために、抑えておくべきポイントを9つ解説します。

    カードローンで即日(最短)融資を受けるポイント
    1. 必要書類を揃えておく
    2. 午前中に申し込む
    3. 借入希望額を少なくする
    4. 多重申し込みをしない
    5. 在籍確認をスムーズに済ませる
    6. 優先審査・融資に申し込む
    7. 混雑時・繁忙期の申し込みは避ける
    8. アプリ・銀行振込で借入できるところを選ぶ
    9. 在籍確認なしのところを選ぶ

    1必要書類を揃えておく

    契約書と印鑑

    カードローンの申し込みには、原則として以下の2点が必要です。

    カードローン申し込みでの必要書類
    • 本人確認書類
    • 収入証明書

      本人確認書類はすぐに用意できるでしょうが、収入証明書は事前に準備が必要な方が多いでしょう。書類準備を当日に行う場合、用意できないケースもあります。事前に書類を確認して準備しておきましょう。

      借入額が低い場合は、収入証明書は不要になることもありますよ。

      2午前中に申し込む

      目覚まし時計

      カードローンの申し込み自体はWebから24時間可能です。しかし、実際に審査を受け付ける時間は、各社で決まっています。

       当日の審査時間を過ぎてから申し込んだ場合は、審査は翌日にずれ込みます。

      記事内で紹介した会社の審査時間は以下の通りです。

      プロミス 9:00〜21:00
      アコム 9:00〜21:00
      SMBCモビット 9:00〜21:00
      アイフル 9:00〜21:00
      レイクALSA 8:10〜21:50
      ※毎月第3日曜日は8:10〜19:00

      気をつけたいのが審査完了時間と申し込み受付時間です。審査には基本時間を要するため受付終了時間間際に申し込んでも当日に結果は出ず、融資を受けられない可能性があります。

      午前中に申し込みを完了させれば、余程のことがなければ即日に審査結果がわかるでしょう。

      3借入希望額を少なくする

      まとめた紙幣

      審査を早めるためには、借入希望額を必要最低限に抑えて申し込むことも有効です。先述の通りカードローン各社は、審査により申込者の返済能力をチェックしています。

       借入希望額を多くすると、返済能力があるかの判断を慎重に見極める必要が出てきます。

      結果として審査時間が長くなり、審査完了が翌日以降となるケースも出てくるでしょう。即日借入を希望する際は最低限の希望額に抑えて、審査時間が長引くことを防ぎましょう。

      融資限度額は後々に増額することも可能ですよ。

      4多重申し込みをしない

      Noに赤丸

      すぐにお金を借りたい方は、審査落ちするリスクも考慮して複数のカードローン業者へ同時に申し込む方もいます。しかし、同時に複数業者へ申し込むことは以下のリスクがあるため、おすすめできません。

      多重申し込みのリスク
      • お金に困っていると捉えられ、返済能力を疑われる
      • 申請額の合計が総量規制に抵触する可能性がある

      特に総量規制に抵触する場合は、審査には通らないと考えて良いでしょう。

       総量規制とは、貸金業法において年収の3分の1を超えて貸し付けをしてはいけないという規制です。一部例外を除き、借入できるのは年収の3分の1が上限となります。

      このように多重申し込みは審査に悪影響を及ぼします。

      申し込みは1社に絞って行いましょう。

      5在籍確認をスムーズに済ませる

      電話(職場)

      在籍確認を実施しているカードローン会社がほとんどです。そのため、在籍確認はできるだけスムーズに済ませる必要があります。

       1回目の電話で在籍確認がとれなかった場合、再度在籍確認を行うまでの時間が空きます。

      カードローン会社によっては、翌日以降に再度在籍確認を行うケースも珍しくありません。その場合、即日融資を受けられなくなってしまいます。

      希望時間を伝えるなどして、確実に1回目で在籍確認を済ませましょう。

      6優先審査・融資に申し込む

      電話をする男性

      カードローン会社によっては、優先審査・融資を実施しているケースがあります。

       優先審査・融資とは、電話連絡にて「急ぎの旨」を伝える方法です。

      申し込み時、または申し込み後に電話連絡にて「審査を優先的に進めてほしい」「即日融資を希望している」と伝えましょう。

      即日融資を実施しているカードローン会社なら、優先的に対応してもらえる可能性があります。

      優先審査・融資を実施しているかは、公式サイトから確認できます。

      7混雑時・繁忙期の申し込みは避ける

      カレンダー

      カードローンにも混雑時・繁忙期はあります。多くの方から申し込みが重なると、その分審査に時間がかかるため注意が必用です。

       カードローンの混雑時・繁忙期は、一般的に長期休暇や連休前だといわれています。

      お盆休みやゴールデンウィーク、年末年始などの大型連休前は、多くの方がお金を使います。そのため、カードローンの需要も高まるというわけです。

      確実に即日融資を受けるのであれば、混雑時・繁忙期は避けるべきでしょう。

      8アプリ・銀行振込で借入できるところを選ぶ

      スマホ

      即日融資を受けるためには、アプリ銀行振込で借入できるところを選択するべきでしょう。最近では、カードレスのアプリローンも増えつつあります。

       カードローンの借入方法は、専用カードでの借入が主流です。

      専用カードを受け取る場合、郵送または店舗にて発行してもらう必要があります。また、カード発行までに時間がかかるケースも珍しくありません。

      申し込み日当日に現金を調達したい方は、アプリや銀行振込で借入できるカードローンを選択しましょう。

      9在籍確認なしのところを選ぶ

      仕事をする人

      在籍確認なしのカードローンを選ぶのも一つの手です。審査に在籍確認が含まれていない場合、勤務先が休業日でも即日融資してもらえる可能性があります。

       電話連絡での在籍確認が必須の場合、勤務先の営業日・営業時間中に申し込まなければなりません。

      また、在籍確認なしのおすすめカードローンは以下の通りです。

      在籍確認なしのおすすめカードローン
      • レイクALSA
      • アイフル
      • プロミス
      • SMBCモビット
      • アコム

      中には、社員証社会保険証などを提示すると、在籍確認をパスできるカードローンもあります。

      もし、勤務先が営業時間外で電話での在籍確認が難しいのであれば、一度相談してみると良いでしょう。

      職場の同僚や上司に怪しまれない点も大きなメリットです。

      カードローンで最短即日融資を受ける5つの注意点

      カードローンで最短即日融資を受けるためには、以下5つのポイントに注意する必要があります。

      パソコンの上に注意

      カードローンで最短即日融資を受ける5つの注意点
      1. 即日融資対応のカードローンを選ぶ
      2. 即日融資の条件をクリアする
      3. 違法業者の謳い文句に注意する
      4. 申し込み内容に不備がないようにする
      5. 振込先の営業時間に注意する

      どうしても当日中にお金を調達したい方は、これから紹介する5つの内容に注意しましょう。一つずつ深堀して紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

      5つの注意点に気を付けると、安全に即日融資を受けられる可能性がアップします。

      1即日融資対応のカードローンを選ぶ

      1つ目は「そもそも即日融資に対応しているか」という点です。一言でカードローンといっても、即日融資に対応しているところは限られています。

       即日融資に対応しているのは消費者金融カードローンだけです。
      また、消費者金融カードローンの中でも即日融資に対応していないところもあります。「大手のほうが即日融資に対応している傾向にある」ということも覚えておきましょう。

      本記事で紹介しているカードローン会社は、すべて即日融資に対応していますよ。

      2即日融資の条件をクリアする

      チェックリスト

      2つ目は、即日融資の条件についてです。即日融資を行っている多くのカードローン会社が「申し込み方法」「申し込み時間帯」などに条件を設けています。
       条件をクリアできな場合、即日融資を受けられないと考えられるでしょう。
      そのため、事前にしっかりと条件をチェックする必要があります。各カードローン会社の公式サイトにて、即日融資の条件を確認できるので、必ず事前にチェックしましょう。

      おすすめカードローンに申し込む方は、即日融資を受ける流れを参考にしてみてください。

      3違法業者の謳い文句に注意する

      3つ目は、違法業者についてです。「ブラックOK」「審査なし」と謳っている業者は、絶対に利用しないようにしましょう。

       貸金業法によってそういった謳い文句は禁止されています。
      そのため、甘い謳い文句を公表している業者は100%違法業者だと考えられます。即日融資を受けられる可能性があるとしても、絶対に利用しないようにしましょう。

      違法な取り立てを受けたり、法外な金利を適用されたりする危険性があります。

      4申し込み内容に不備がないようにする

      タブレット 申し込みフォーム

      4つ目は、申し込み時に関する注意点です。スマホやパソコンで申し込む方は、入力情報に不備がないようにしましょう。
       万が一不備があった場合、審査が長引く可能性があります。
      また「審査に通りやすくなるかもしれない…」という理由で、職業や年収を偽るのはやめましょう。万が一バレてしまった時に契約が無効となるリスクがあります。

      契約が無効になると、一括での返済を求められるケースが一般的です。

      5振込先の営業時間に注意する

      5つ目は、振込先の営業時間についてです。銀行振込で即日融資を受ける場合、振込先の営業時間にも注意する必要があります。

       仮に当日中に振り込んでもらえたとしても、金融機関が営業時間外の場合、翌日以降に反映されてしまいます。

      金融機関は営業時間は、一般的に15時までです。そのため、15時前までに振込対応をしてもらう必要があります。

      24時間反映される、ネットバンクを振込先に登録するのも一つの手です。

      まとめ

      今回は、即日融資に対応しているおすすめのカードローンを紹介し、審査や最短融資を受けるポイントを解説してきました。

      即日融資に対応しているのは、消費者金融系のカードローンです。銀行系は最短でも翌営業日の融資となるので気をつけましょう。

      申し込むカードローンを1社に絞りきれない方は、金利や無利息期間、借入方法、最短融資時間などを比較してみると良いでしょう。

      即日借入で便利なカードローンを利用して、急な出費に対応してくださいね。
      ※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事