ブラックカード アイキャッチ画像

ブラックカードは、最高峰のクレジットカードとして知られています。ブラックカードの発行を検討している人の中には「サービスや特典、発行する条件がよくわからない」という人もいるでしょう。

そこで本記事では、ブラックカードの発行条件や保有するメリットについて解説。おすすめのブラックカードも紹介しています

ブラックカードに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックカードとは?

クエスチョン・疑問

ブラックカードとは、カードランク最高クラスのクレジットカードのことです。大きく分けて、クレジットカードは以下4つのカードランクがあります。

一般カード 比較的発行しやすいカード。
年会費無料のものも多い。
ゴールドカード 一般カードより上位ランク。
ステータス・特典が充実。
年会費は原則有料。
プラチナカード ゴールドカードより上位ランク。
ステータス・特典はゴールドカードよりも充実。
年会費は高額。
ブラックカード 最高ランク。
保有者は社会的にも高い地位があることを認められる。
原則招待制のため、限られた人のみ発行できる。

カードランクとステータスは比例しています。そのため、ブラックカードは最高ランクでかつ、ステータスが最も高いカードです。

 カード年会費はすべてのカードランクの中でも、ブラックカードが最も高額となります。

ブラックカードは原則招待制となっていることに加え、発行している会社も少ないので希少価値が高いです。また、ブラックカード自体の情報が少ないことも、希少性をより高めているとも言えるでしょう。

クレジットカードのステータスを求める人には、ブラックカードは憧れですね。

ブラックカードを持ってる人は高年収?保有条件を解説

希少価値の高いブラックカードですから、なんとかして持ってみたいという人も多いでしょう。ここからは、ブラックカードを持つための条件について解説していきます。

ブラックカードを持つための条件
  • プラチナカードでの利用実績
  • 年収目安

プラチナカードでの利用実績

クレジットカードを持っている人

先述した通り、ブラックカードは原則招待制。招待状(インビテーション)が届いた会員のみ発行できます。

ただし、インビテーションが届く基準は、各社非公表となっています。そのため、詳細なインビテーション基準は不明ですが、届く人の目安としてはプラチナカードでの利用実績が挙げられます。

 そのため、プラチナカードで利用実績を積んで、カード会社から実績を認められることが大切です。

利用実績で重要となるのは、年間利用額と保有年数でしょう。

年間利用額が高いほど優良な顧客とみなされる可能性が高まるので、インビテーションが届く可能性は高まるでしょう。もちろん一時的に大金を使うだけでは不十分なので、同じカード会社で長年に渡って継続利用することも大事です。

一般カードから、長年延滞などをせずに利用し続けている方が良い場合もあるでしょう。

年収目安

身なりを整える男性

審査基準やインビテーション基準は非公表なので、ブラックカードを持てる年収は不明です。しかし一説によると、年収1,000万円が目安と言われています。

年収が高いほど返済能力も上がるので、ある程度の高年収は必要になりそうですね。

しかし、年収1,000万円以下でもインビテーションが届くケースもあります。年収はあくまで目安と捉え、プラチナカードでの利用実績を積み重ねる方が重要と言えるでしょう。

高年収だからインビテーションが必ず届くとは言えませんよ。

ブラックカードを持つメリット4つ

ここからは、最高ランクのブラックカードを持つメリットを4つ解説します。

4つのメリット
  • 限度額の高さ
  • 専任のコンシェルジュ
  • 最高クラスの特典
  • ステータスの高さ

限度額の高さ

札束

ブラックカードは限度額が高いのが特徴です。限度額1,000万円を超えるケースも珍しくなく、カード自体に限度額を定めていないこともあります。

 限度額設定がないカードは、個人ごとに限度額が設定されます。個人の限度額さえ高くできれば住宅や高級車をカード決済することも可能です。

ブラックカードを持っていれば、キャッシュレスで購入できる商品の幅が広がります。

個人の限度額については、他のカードと同様に実績により増額できますよ。

専任のコンシェルジュ

ブラックカードは、会員専任でコンシェルジュがつくことが多いです。コンシェルジュサービスでは無料で様々な依頼をできるので、より生活を快適にできるでしょう。

コンシェルジュサービスの主な内容
  • レストラン・ホテル・各種チケットなどの予約や手配
  • プレゼント・旅行プランの相談
  • 通訳サービス
  • 弁護士の紹介や手配

ブラックカードのコンシェルジュは、会員1人に対して専任のコンシェルジュがつくのが特徴。コンシェルジュのレベルも高いと言われており、無理なお願いもできる限り叶えてくれるようです。

例えば、一見さんお断りのレストランは、コンシェルジュ経由なら予約できることもありますよ。

一部のプラチナカードでもコンシェルジュサービスはありますが、専任コンシェルジュではありません。プラチナカードのコンシェルジュサービスよりも便利に使えるのがメリットと言えます。

最高クラスの特典

付帯する特典は、クレジットカードの中でも最高峰です。先述したコンシェルジュ意外にも多数の充実した特典があります。一例を以下にまとめました。

ブラックカードの主な特典
  • 高級ホテルの上級会員
  • コース1名分無料のグルメ特典
  • 航空券のアップグレード
  • 各種空港ラウンジサービス
  • 会員限定イベント
  • 誕生日プレゼント
  • プラチナカード以上に手厚い付帯保険

あくまで一例であるため特典の詳細は各カードにより異なりますが、どのカードランクよりも充実した特典がついています。

ステータスの高さ

ブラックカードを持っているというだけで、社会的ステータスが高いことの証明にもなります。特に海外においては、ブラックカードがあるだけで信頼できる人物とみなされる国もあるほどです。

カード発行確率の低さが、社会的地位を示すことにも繋がっていますね。

おすすめのブラックカード3選

ここからは、ブラックカードのおすすめを3つ紹介します。

インビテーションを狙える下位カードも併せて紹介していますよ。

アメックスセンチュリオン

アメックスセンチュリオン

おすすめポイント
  • 高級感あふれるチタン製カード
  • 一律の限度額なし
  • 最高クラスの専任コンシェルジュ
  • 5つの高級ホテルチェーン上級会員など超豪華特典

アメックスセンチュリオンは、アメックスプラチナの上位カード。アメックスプロパーとしては最上級のカードです。ブラックカードの中でも、特に取得難易度が高いと言われています。

 カードは一律の限度額がないので、人によっては住宅購入にも利用できます。

カード付帯の特典も最高クラスです。特に専任コンシェルジュは「NOとは決して言わない」という噂があるほどで、様々な要望に対応してくれます。

その他では、5つの高級ホテルチェーンでの上級会員や多数の空港ラウンジプログラム、高額補償の付帯保険など豪華そのもの。アメックスプラチナで利用できる特典も、もちろん利用可能です。

カードはチタン製で、見た目から高級感が伝わりますよ。
基本情報
年会費(税込) 385,000円
※入会金が別途550,000円
基本ポイント還元率 1.0%
※交換先により変動
ポイントプログラム メンバーシップ・リワードポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
スマートフォン・プロテクション
ホームウェア・プロテクション
個人賠償責任保険
ゴルフ・テニス・スキー保険
海外レンタカー保険
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
申し込み条件 招待のみ
インビテーションが狙えるカード

アメックスセンチュリオンが狙えるカードは、アメックスプラチナです。アメックスプラチナは直接発行も可能ですが、アメックスゴールドで利用実績を重ねると、発行しやすいでしょう。

アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

おすすめポイント
  • プラチナカードの中でも特に高いステータス
  • コンシェルジュなど豪華特典
  • 家族カード4枚まで無料
年会費(税込) 143,000円
基本ポイント還元率 1.0%
※交換先により変動
ポイントプログラム メンバーシップ・リワードポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
スマートフォン・プロテクション
ホームウェア・プロテクション
個人賠償責任保険
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
申し込み条件 20歳以上

参照:AMERICAN EXPRESS公式サイト

アメックスゴールド

アメックスゴールド

おすすめポイント
  • 他社プラチナカード級の豪華特典
  • 家族カード1枚目まで無料
  • 入会後3ヶ月以内の利用で最大35,000ポイント
年会費(税込) 31,900円
基本ポイント還元率 1.0%
※交換先により変動
ポイントプログラム メンバーシップ・リワードポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
申し込み条件 20歳以上

参照:AMERICAN EXPRESS公式サイト

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

おすすめポイント
  • JCBプロパーの最上位カード
  • 会員限定で年1回の豪華プレゼントが選べる
  • ディズニーランドで会員特別ラウンジ利用可能
  • JCBプラチナの特典は全て付帯

JCBザ・クラスは、JCBプロパーで最上位カードです。年会費は55,000円(税込)と、ブラックカードの中では比較的安め。しかし特典は豪華のため、コスパに優れたブラックカードと言えるでしょう。

 特に大きな特典が、「メンバーズセレクション」という年1回あるプレゼントです。厳選ギフトやエンタメ・トラベル商品から好きなものを選べます。

その他の特典では、ディズニーランドでの会員限定の特別ラウンジ利用があります。ディズニーに強いJCBならではの特典と言えるでしょう。

コンシェルジュやプライオリティ・パス、グルメ特典など、JCBプラチナに付帯する特典は全て利用可能。うまく活用すれば、年会費以上のサービスを受けられます。

コスパの良いブラックカードが欲しい人におすすめですね。
基本情報
年会費(税込) 55,000円
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド JCB
申し込み条件 招待のみ
インビテーションが狙えるカード

JCBザ・クラスは、JCBプラチナからインビテーションを狙えます。クレジットカード初心者は、スタンダードのJCB一般カードから利用実績を重ねていくと良いでしょう。

JCBプラチナ

JCBプラチナ

おすすめポイント
  • お得感のあるプラチナカード
  • コンシェルジュサービスが使える
  • USJラウンジやプライオリティ・パスが付帯
年会費(税込) 27,500円
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド JCB
申し込み条件 25歳以上

参照:JCB公式サイト

JCB一般カード

JCB一般カード

おすすめポイント
  • JCBプロパーのスタンダードカード
  • JCBの上位カードを狙える
  • 年間50万円以上利用で年会費無料
年会費(税込) 1,375円
※初年度無料、次年度以降条件達成で無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

参照:JCB公式サイト

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

おすすめポイント
  • 高ステータスで有名なダイナースクラブのブラックカード
  • TRUST CLUBワールドエリートカードを無料発行
  • 一律の限度額制限なし
  • グルメ特典をはじめとした超豪華特典

ダイナースクラブ プレミアムカードは、世界初のクレジットカードとしても有名なダイナースクラブのブラックカードです。

 コンパニオンカードとして、「TRUST CLUBワールドエリートカード」を無料で発行可能。Mastercard加盟店でもカードが使えるようになります。

下位カードのダイナースクラブカードの特典も付帯。コンシェルジュサービスやグルメ特典、世界各都市の空港ラウンジも利用できます。

特にグルメ特典は、使い方次第でお得度が増すのが特徴。「コース料理2名以上の利用で1名無料」という内容はブラックカードでは標準ですが、店舗ごとに1回特典が付帯するので、店舗を変えれば何度も利用できます

1店舗につき半年に1度の頻度で使えるので、たくさん使えば年会費分はカバーできますね。
基本情報
年会費(税込) 143,000円
基本ポイント還元率 0.4%
※ポイント交換先により異なる
ポイントプログラム ダイナースクラブ リワードプログラム
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド Diners Club
申し込み条件 招待のみ

参照:ダイナースクラブ公式サイト

インビテーションが狙えるカード

ダイナースクラブプレミアムカードが狙えるのは、ダイナースクラブカードです。ダイナースクラブカードも他社プラチナ級のカードのため、ステータスが高いカードと言えます。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

おすすめポイント
  • 年会費の元を取りやすいお得なグルメ特典
  • 他社プラチナカード級のステータス
  • 世界1,000箇所以上の空港ラウンジを無料利用
年会費(税込) 24,200円
基本ポイント還元率 1.0%
※ポイント交換先により異なる
ポイントプログラム ダイナースクラブ リワードプログラム
追加カード 家族カード
ETCカード
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド Diners Club
申し込み条件 27歳以上

参照:ダイナースクラブ公式サイト

【徹底比較】ブラックカード年会費ランキング

札束

ブラックカードは、どのくらいの年会費がかかるのでしょうか。有名なブラックカードの年会費を比較してみました。

主要ブラックカードの年会費(安い順)
カード名 年会費(税込) 家族カード年会費(税込)
1.楽天ブラックカード 33,000円 無料
2.JCBザ・クラス 55,000円 無料
3.スルガ VISA INFINITEカード 132,000円 無料
4.ダイナースクラブ プレミアムカード 143,000円 無料
5.アメックスセンチュリオン 385,000円 無料
6.ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド 660,000円 無料

同じブラックカードといえども、カードにより33,000円〜660,000円まで年会費の幅があるのが特徴です。家族カードは年会費無料なので、高額ブラックカードでも1人あたりの年会費を下げられるでしょう。

入会金が別で発生するカードもありますよ。

まとめ

本記事では、最高ランクのクレジットカードであるブラックカードについて解説してきました。

ブラックカードは原則招待制となっており、誰もが発行できるわけではありません。一説によると、発行には年収1,000万円以上が必要とも言われていますが、発行カード会社での利用実績が最も重要でしょう。

ブラックカードを発行できれば、圧倒的なステータスの高さとプラチナカードを超える豪華特典を利用できます。ぜひ、ブラックカードを目指してカード利用してみてはいかがでしょうか。

まずは、狙うブラックカードの下位カードで利用実績を積みましょう。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事