ANAカード おすすめ

飛行機を利用せずとも、ANAマイルを貯めやすいANAカード。普段の買い物でANAマイルがザクザク貯まるので、陸マイラーの方から人気を集めています。

しかし、ANAカードの種類は数多く、どれがいいのか迷ってしまうでしょう。ANA発行のクレジットカードは全32種類もあります。

そこで今回は、おすすめのANAカードを8枚紹介。年会費無料~数万円程度するカードの中から、人気のANAカードを厳選しています。

特典・サービスについても詳しく紹介しています。各カードを比較して自分に合ったANAカードを作成してみてください。

おすすめのANAカード│各カードの特徴を比較

ANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO

CHECK POINT
  • ANAカード唯一の年会費無料カード
  • 「1P=5マイル」相当!移行手数料は0円
  • 初回カード更新時に自動で一般カードに切り替え

ANA JCBカード ZEROは、ANAカードシリーズ唯一の年会費無料カード。18~29歳以下の方限定で作成できます。

 発行から5年後にANAカード(一般)へ自動切り替え。将来的にスタンダードなANAカードを利用できます。

マイル還元率は0.5%で、1,000円につき5マイル貯まる仕組みです。カード支払いで貯まる「Oki Dokiポイント」が毎月自動で移行されます。

ANAマイルへの移行手数料は0円。年会費無料でANAカードをお試ししたい方にピッタリの1枚です。

主な特典・サービス

  • フライトボーナスマイルで+10%付与
  • ANAマイルへの移行手数料が無料
  • 5年後にANAカード(一般)へ自動切換え
  • 加盟店で100円または200円につき1マイル獲得可能

基本情報

年会費(税込) 無料
マイル還元率 0.5%
国際ブランド JCB
入会・継続マイル
フライトボーナスマイル 10%
申し込み条件 18~29歳以下の方

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

CHECK POINT
  • 初年度の年会費無料
  • PASMO一体型のANAカード
  • 3種類のポイント・マイルが貯まる

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)は、PASMO一体型のANAカード。通常年会費は2,200円ですが、初年度は無料で利用できます。

 定期券としても利用可能。カード裏面に定期券を搭載できるので、東京メトロユーザーに最適でしょう。

カード会社ポイントの「Oki Dokiポイント」だけでなく「メトロポイント」も貯められます。

メトロポイントの貯まり方
1乗車(平日):5ポイント
1乗車(土日):15ポイント
自動販売機利用(100円利用):1ポイント
店舗利用(200円):1ポイント

2つのポイントは、どちらもANAマイルへ移行可能。マイル自動移行コースで5マイルコースを選択した場合、移行レートは「1P=5マイル」です。

最高1,000万円補償の旅行傷害保険が付帯しているところもポイント。万が一トラブルが起こっても、負担を減らしてくれます。

主な特典・サービス

  • フライトボーナスマイルは+10%
  • 最高1,000万円補償の旅行傷害保険
  • 年間最高100万円補償のショッピング保険
  • 新規入会で1,000マイルプレゼント

基本情報

年会費(税込) 2,200円※1
マイル還元率 0.5%
国際ブランド JCB
入会・継続マイル 1,000マイル
フライトボーナスマイル 10%
申し込み条件 18歳以上の方

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

CHECK POINT
  • 初年度年会費無料!マイル還元率0.5%
  • Suica機能がひとつになったANAカード
  • 「Vポイント」をANAマイルまたはSuicaへ移行可能

ANA VISA Suicaカードは、年会費2,200円(税込)のリーズナブルなANAカード。初年度は年会費無料で利用できます。

 Suica機能を搭載しているので、移動にも便利です。もちろんオートチャージにも対応しています。

クレジットカードポイントとして貯まる「Vポイント」は、ANAマイルまたはSuicaへ移行可能。カード決済やSuicaへのチャージで大量にポイントを獲得すると良いでしょう。

マイル還元率は0.5%です。入会・継続ボーナスで1,000マイルがもらえます。

主な特典・サービス

  • 最高1,000万円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 入会・継続ボーナスで1,000マイルプレゼント
  • ANAのパッケージツアーが5%OFF
  • 国内線・国際線機内販売が10%OFF
  • お子さんに持たせられる「ANA VISAプリぺイドカード」

基本情報

年会費(税込) 2,200円※1
マイル還元率 0.5%
国際ブランド VISA
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
申し込み条件 18歳以上の方

ANA VISA Suicaカード公式サイト

※1初年度年会費無料

ANA JCB 一般カード

ANA JCB 一般カード

CHECK POINT
  • 初年度の年会費無料
  • 楽天Edy機能を搭載したANAカード
  • 旅行傷害保険とショッピング保険が付帯

ANA JCB 一般カードは、年会費2,200円(税込)のスタンダードなANAカード。こちらも初年度年会費無料で利用できます。

 マイル還元率は0.5%。空だけでなく、陸でもマイルを貯めたい方におすすめです。

カード本体に「楽天Edy」の機能を搭載しています。大手コンビニやスーパー、ドラックストアなどの加盟店で利用した場合、200円につき1マイル貯まる仕組みです。

楽天Edy加盟店(一例)
セブンイレブン
ローソン
イトーヨーカドー
マツモトキヨシ

また、最高1,000万円補償の旅行傷害保険が付帯しているところもポイント。自動付帯なので、旅行代金の支払いに使用しなかった場合でもサポートしてもらえます。

旅行傷害保険が自動付帯なので、サブカードにもおすすめ。年会費が割安なので、負担になりにくいでしょう。

主な特典・サービス

  • 最高1,000万円補償の旅行傷害保険が自動付帯
  • 入会・継続ボーナスで1,000マイル獲得可能
  • 初年度の年会費無料
  • 楽天Edy機能つき!200円につき1~2マイル貯まる
  • ANAグループ空港内免税店での5%引き

基本情報

年会費(税込) 2,200円※1
マイル還元率 0.5%
国際ブランド JCB
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
申し込み条件 18歳以上の方

ANA JCB 一般カード公式サイト

※1初年度年会費無料

ANA VISA ワイドカード

ANA VISA ワイドカード

CHECK POINT
  • 入会・継続ボーナスで2,000マイル
  • 最高5,000万円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 搭乗ボーナスマイルはプラス25%

ANA VISA ワイドカードは、ワンランク上のANAカード。「一般カードだと少し物足りないかも…」という方に最適だといえます。

 年会費は7,975円(税込)。その分入会・継続特典や付帯保険がグレードアップしています。

たとえば、入会・継続ボーナスマイルで2,000マイル獲得可能。一般カードとの差は1,000マイルもあります。

国内・海外問わず、最高5,000万円まで補償してもらえる旅行傷害保険も付帯。ANA便の利用頻度が高い方に最適です。

主な特典・サービス

  • 国内・海外旅行傷害保険は最高5,000万円補償
  • 入会・継続ボーナスで2,000マイル
  • フライトボーナスで+25%のマイルを獲得可能
  • ANAの各種パッケージツアーが5%OFF
  • 国内・国際線の機内販売が10%OFF

基本情報

年会費(税込) 7,975円
マイル還元率 0.5%
国際ブランド VISA
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
申し込み条件 18歳以上の方

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

CHECK POINT
  • 基本還元率0.5%!ANAグループで1.5倍にアップ
  • 加盟店ならポイントとマイルをダブルで獲得可能
  • 国内外29の空港ラウンジを無料で利用可能

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、特典が充実しているANAカード。国内なら最高2,000万円、海外なら最高3,000万円まで補償してもらえる旅行傷害保険が付帯しています。

 他にも旅行に嬉しい特典が充実。国内外29の空港ラウンジを無料で利用できます。

搭乗前に優雅な時間を過ごせるのは、大きなメリットでしょう。同伴者の方も1名までなら、無料で入場できます。

入会特典
入会ボーナス:1,000マイル
カード利用ボーナス1
6,000P
カード利用ボーナス2:20,000P
抽選ボーナス:30,000P

また、入会特典で最大60,000マイル相当を獲得できるところもポイントです。2022年4月5日までに申し込んだ方限定の、お得なキャンペーンをぜひ利用してみてください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードに興味がある方は、お早めに申し込むことをおすすめします。

主な特典・サービス

  • 入会・継続ボーナスで1,000マイル
  • フライトボーナスマイルはプラス10%
  • 最高3,000万円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 国内外29の空港ラウンジを無料で利用可能
  • 海外旅行時に使える「手荷物無料宅配サービス」

基本情報

年会費(税込) 7,700円
マイル還元率 0.5%
国際ブランド AMEX
入会・継続マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
申し込み条件 20歳以上の方

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)

CHECK POINT
  • PASMO一体型のANAゴールドカード
  • JCB提供のゴールドカード特典を利用可能
  • 最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯

ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)は、PASMO一体型のANAカード。人気のソラチカカードにJCB提供のゴールドカード特典が加わって、グレードアップしています。

 空港ラウンジサービスや、ビジネス専用カウンターを利用可能。旅行傷害保険は最高1億円補償です。

マイル還元率が1.0%なので、陸でもANAマイルを大量に貯められるでしょう。入会・継続ボーナスや、フライトボーナスでもらえるマイルも多く、より積極的にマイルを貯めたい方にピッタリです。

年間最高500万円補償のショッピング保険も付帯。数あるゴールドカードの中でも、特典・保険が充実しています。

主な特典・サービス

  • 最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 国内主要空港+ハワイホノルル国際空港ラウンジを利用可能
  • ビジネスクラス専用カウンターでチェックインが可能
  • 年間最高500万円補償のショッピングガード保険
  • 入会・継続ボーナスで2,000マイル
  • フライトボーナスでプラス25%
  • 「Oki Dokiポイント」のマイル移行手数料が無料

基本情報

年会費(税込) 15,400円
マイル還元率 1.0%
国際ブランド JCB
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
申し込み条件 20歳以上の方

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

CHECK POINT
  • 常時1.0%還元!ANAマイルがザクザク貯まる
  • 最高5,000万円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 空の旅に役立つゴールド特典を利用可能

ANA VISA ワイドゴールドカードは、マイル還元率が常時1.0%のANAカード。カード会社ポイントからANAマイルへ「1P=2マイル」のレートで交換できます。

 貯まるポイントは「Vポイント」です。楽天ポイントやTポイント、Pontaポイントなどにも交換できます。

還元率だけでなく、ゴールド特典も人気の理由です。

ゴールド特典
空港ラウンジサービス
ドクターコール24
ゴールドデスク
情報誌「VISA」無料購読

上記に加えて、最高5,000万円補償の旅行傷害保険と、年間最高300万円補償のショッピングガード保険が付帯。充実した保険と特典があれば、いつもより旅行の質を高められるでしょう。

年会費に対する割引特典もあります。上手に使えば年間10,450円で利用できるコスパ抜群のANAカードです。

主な特典・サービス

  • 入会・継続ボーナスで2,000マイル
  • 搭乗ボーナスでプラス25%
  • 最高5,000万円補償の旅行傷保険が付帯
  • 空港ラウンジサービス
  • 年間最高300万円補償のショッピング補償
  • ドクターコール24
  • 情報誌「VISA」無料購読

基本情報

年会費(税込) 15,400円
マイル還元率 1.0%
国際ブランド VISA
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
申し込み条件 20歳以上の方

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

CHECK POINT
  • 毎年10,000円相当のANAスカイコインを獲得可能
  • 最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 貯まるポイントの有効期限は無期限

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、特典・付帯保険が豪華なANAカード。もちろんANAマイルもザクザク貯まります。

 マイル還元率は1.0%です。入会・継続ボーナスで2,000マイル獲得できます。

空港ラウンジサービスや手荷物宅配サービスなど、空の旅に役立つ特典が満載です。AMEXならではの「スマートフォン・プロテクション」も注目を集めています。

スマホが故障した際に、最大3万円まで補償してもらえるサービスです。旅行以外にも使える特典が多い、優秀なANAゴールドカードだといえまうす。

主な特典・サービス

  • 最高1億円補償の旅行傷害保険が付帯
  • 最高3万円補償の「スマートフォン・プロテクション」
  • 国内外29の空港ラウンジを利用可能
  • 入会・継続ボーナスで2,000マイル
  • 年間最高500万円補償の「ショッピング・プロテクション」
  • キャンセル費用を補償してくれる「キャンセル・プロテクション」
  • 国内線・国際線の機内販売が10%OFF

基本情報

年会費(税込) 34,100円
マイル還元率 1.0%
国際ブランド AMEX
入会・継続マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
申し込み条件 20歳以上の方

ANAカードのメリット5選

ここからは、ANAカードの代表的なメリットを5つ紹介。具体的なメリットを知って、ANAカードの魅力を最大限に引き出しましょう。

  • 陸マイラーとして活動できる
  • ボーナスマイルを獲得できる
  • ANAグループをお得に利用できる
  • 自動付帯の旅行傷害保険がついている
  • ANAマイルの使い道が豊富にある

陸マイラーとして活動できる

クレジットカード、パスポート

ANAカードのマイル還元率は0.5%以上。一般的なクレジットカードとは違い、生活費や日用品の購入で効率よくマイルを貯められます。

 一般的なクレジットカードのマイル還元率は0.1~0.5%程度です。

そのため、陸マイラーを目指す方にピッタリです。飛行機を利用する機会が少ない方でも、大量のマイルを貯められます。

陸マイラーとは?
陸マイラーとは、店舗での買い物や生活費の支払い、ネットショッピングなどで上手にマイルを貯める人のことです。

たとえば、1ヶ月に10万円分ANAカード使用した場合、1年間でどのくらいマイルが貯まるのかチェックしてみましょう。

ANAカード 一般 ANAカード ゴールド
マイル還元率:0.5%
6,0000マイル
マイル還元率:1.0%
12,000マイル

一方、一般的なクレジットカードのマイル還元率は、0.5%以下の場合がほとんどです。ANAカードほど大量にマイルを貯められません。

ANAカードは、飛行機を利用する機会が多い方だけでなく、2~3年に1回程度しかANA便を利用しない方にもおすすめです。

ボーナスマイルを獲得できる

コイン、プレゼント

ANAマイルを作成すると、ボーナスマイルを獲得可能。ボーナスマイルの種類は大きく分けて2種類あります。

  • 入会・継続ボーナス
    →入会・継続時に獲得可能
  • フライトボーナス
    →ANA便の利用時に獲得可能

入会ボーナスは、カード発行時にもらえるマイルです。継続ボーナスは、年会費をカード会社指定の期日までに支払うともらえます。

ANAカードの種類 入会ボーナス 継続ボーナス
一般 1,000マイル 1,000マイル
ゴールド 2,000マイル 2,000マイル
プレミアム 10,000マイル 10,000マイル

一方、フライトボーナスは、ANA便を利用する時にもらえるマイルです。通常のフライトマイルに加えて、カードごとの積算率で計算された分のマイルをもらえます。

 フライトボーナスの計算方法は「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」×「カードごとのパーセンテージ」です。

カードごとのパーセンテージは以下をご参照ください。

ANAカード パーセンテージ
一般 10~25%
ゴールド 25%
プレミアム 50%

ANAグループをお得に利用できる

ANA、飛行機

ANAカードには、ANAグループで使える特典がたくさんあります。空港や提携店舗をお得に利用できる割引特典が満載です。

  • 空港内免税店での割引
    5~10%OFF
  • 高島屋SHILLA&ANAでの割引
    5~10%OFF
  • 国内線・国際線の機内販売割引
    10%OFF
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引
    5%OFF
  • 「ANAショッピング A-style」での割引
    5%OFF
  • 成田空港でのパーキング割引
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待
  • ビジネスクラスカウンターでのチェックイン
  • 国内線ANAラウンジのご利用

免税店や機内販売がお得になるだけでなく、ホテルやデパートに対する特典もあります。

なお、割引率や付帯特典は、ANAカードのランクによって異なります。年会費とのバランスを考慮しながら、自分に合った1枚を作成してみてください。

空港で使える割引特典は、一般カードでも利用可能。割引率は5%です。

自動付帯の旅行傷害保険がついている

保険

ANAカードの旅行傷害保険は自動付帯です。旅行代金をANAカードで決済しなかったとしても、保険が適用されます。

旅行傷害保険とは?
旅行時のトラブルに対する保険のことです。旅先でのケガや入院に対する治療費や、誤ってモノを破損した場合の修理費を補償してくれます。

一般・学生カードからワイド・スーパーフライヤーズカードまで、すべてのカードで手厚い旅行傷害保険を利用可能。国内・海外旅行のどちらに対しても補償してくれます。

国内旅行傷害保険
一般・学生
→最高1,000万円補償
ワイド・スーパーフライヤーズ
→最高5,000万円補償
海外旅行傷害保険
一般・学生
→最高1,000万円補償
ワイド・スーパーフライヤーズ
→最高5,000万円補償

ANAマイルの使い道が豊富にある

コイン、使う

ANAマイルの使い道は豊富にあります。有効期限は約3年間あるので、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

 ANAマイルの有効期限は、利用月から数えて36ヶ月目の月末までです。

たとえば、2022年6月のカード利用で獲得したマイルは、2025年の6月末まで有効。7月1日から失効してしまいます。

また、代表的なマイルの使い道は以下の通りです。

  • 座席のアップグレード
  • クーポン・商品券と交換
  • 他社ポイントと交換
  • 国際線の超過手荷物料金に充当
  • 特典航空券と交換
  • パッケージツアー料金に充当
  • 提携ホテルで利用

まとめ

ここまで、おすすめのANAカードを8枚紹介しました。空だけでなく、陸でもANAマイルを貯められる人気カードを厳選しています。

  • 年会費
  • マイル還元率
  • 特典・サービス
  • 付帯保険
  • ボーナスマイル

実際にANAカードを選ぶ際は、上記5つのポイントをチェックしましょう。ANA便の利用頻度を考慮しながら、自分に合ったANAカードを選択してみてください。

ANAカードをお試ししてみたい方には、年会費無料の「ANA JCBカード ZERO」がおすすめです。
※本コンテンツは株式会社ゼロアクセルが制作・監修・提供したものです。本コンテンツへの問合せは株式会社ゼロアクセルに直接お願いします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事