メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

共同通信PRワイヤー

プレスリリース・ニュースリリースの配信なら共同通信PRワイヤー。国内はもとより海外へも配信が可能。共同通信グループの全面的なバックアップのもと、世界標準で信頼性の高いプレスリリース配信サービスを提供しています。

2021.7.26 18:00 日本サイバーディフェンス株式会社

日本初ランサムウェア-インシデントマネジメント アドバイス・ポータルを日本サイバーディフェンスが発表 

ランサムウェアとインシデントマネジメントに精通した世界トップレベルのエキスパートチームによるサービス

2021年7月26日
日本サイバーディフェンス株式会社(NCD) ランサムウェアポータル
”サイバー攻撃を含む様々な攻撃が世界各地で起こっています。御社やあなたの組織が被害を被ると、莫大な損失になり回復に長期間必要になります。組織を守るため、私達専門家の話を聞いてみませんか?” 岩﨑 茂 (空将、第4代 統合幕僚長)NCD会長
 

CyberEnsō ランサムウェア・ポータル
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107217982-O12-6orx3mfq
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107217982-O11-uAE7LlZ2

ランサムウェア攻撃は世界中の組織に多大な影響を与え続けています。会社のデータへのアクセスができない、データの機密性が失われた、企業の評判や顧客の信頼が壊滅的な損害を受けたといったことが、世界中の様々な業界で起こっています。残念ながら、もしいつか影響を受けたなら、ではなく、影響を受けたときには、という次元となっているのが実情です。
当社は、組織がインシデントに対する準備もしくは対応をすることができるよう、被害を受けた組織が即座に、業界の専門家から適正なガイダンスを受けるためのアドバイスサービスを開始しました。
今後、当社は攻撃への備え、防衛、対応の手助けをします。今はランサムウェア アドバイスサービスは基本、日本企業向けとなっていますが、NCDはランサムウェアやその他の形態での破壊的なサイバー攻撃に取り組んだ非常に多くの経験を有しています。当社のサービスについて詳しくはこちらから。

“日本サイバーディフェンス(NCD)は、サイバー攻撃、特にランサムウェアの攻撃がもたらす影響について、長い間見てきました。大規模なランサムウェアの攻撃が新聞の見出しを賑わせていますが、実際には非常に多くの組織が影響を受けています。このような攻撃の数と巧妙さの増加は、Ransomware as a Service(RaaS)ランサムウェアをサービスとするビジネスによって、洗練されたサイバーツールがますます多くの犯罪グループに利用されるようになったことが背景にあります。当社のランサムウェア診断サービスの目的は、どのようなランサムウェアがお客様のシステムに感染し、暗号化されたかを特定し、ランサムウェアの全体的な影響と深刻度を評価することです。お客様は完全な評価が実施された後、次のステップについてアドバイスを受けることができます”
名和利男 非常勤役員シニアエグゼクティブアドバイザー 日本サイバーディフェンス株式会社

”インシデントマネジメントを成功させるための鍵を握るのは、強力なリーダーシップです。日本サイバーディフェンス株式会社のこのイニシアチブは、特にランサムウェア攻撃からの復旧を指揮する企業の幹部を支援することを目的とした、業界初のサービスです”
ジョン・ノーブル CBE非常勤役員 シニアエグゼクティブアドバイザー 日本サイバーディフェンス株式会社

日本サイバーディフェンス(NCD)の経験豊かなチームは、こうした攻撃の被害を受けた組織が直面する課題をよく理解しております。NCDの全てのメンバーは、組織が受けた被害の軽減策の案を即座に提示する事が可能ですし、客観的に事態に対応し、結果的に被害を最小限にする助言が可能です。

世界でも日本でもランサムウエア攻撃は頻発しており、その攻撃方法も日々進化し続けております。数十年にわたるサイバーの専門知識と経験を有する日本サイバーディフェンス(NCD)は、潜在的なランサムウェア攻撃を分析および検証することで、お客様の大切な資産と評判を損なわずに保護するための支援を全力でいたします。NCDは、ランサムウェア攻撃のあらゆる側面と、それを取り巻く技術的な問題について指導いたします。 日本サイバーディフェンスチームは、英国と米国における最新の攻撃と、最近の日本に対する攻撃について知識があり、かつ細部の分析を行っており、いかに対応すべきかをアドバイスできます。 私たちの研究チームは、昨今のあらゆる攻撃を継続的に追跡し、ランサムウェア分野での豊富な経験の更なる拡大をしています。

【会社概要】
名 称        :日本サイバーディフェンス株式会社
所 在 地   :東京都千代田区麹町2-10-3
代 表 者   :代表取締役CEOカータン・マクラクリン
事業内容 :
日本サイバーディフェンス株式会社 (NCD) は、日本に本社を置き、ロンドン、ベルファスト、クアラルンプールにもオフィスを持つグローバルなサイバーディフェンス企業であり、サイバー攻撃から国のインフラや組織を保護しています。NCDは機密データの安全を確保し、保護するための戦略は、機密データを脅かそうとする見えない攻撃者よりも強力でなければならないと考えています。何十年にもわたって蓄積された専門知識と経験を活かして、当社はお客様のネットワークとインフラストラクチャを内部から守ることで、お客様のリソースを保護し、評判を損なうことがないようにします。

当社の使命は、金融、 政治、社会の混乱を目的としたあらゆる形態のサイバー 戦争から政府、企業、組織を保護するために、堅固で機密性の高いソリューション、サービス、サポートを提供することです。当社はインテリジェンスに基づくサイバーディフェンスを提供し、リソースなどの安全性を脅かそうする見えない攻撃者の先を見越して積極的に保護します。当社NCDは、日本国内や海外で事業を展開する日本企業が直面するサイバーリスクを食い止め、闘うべく訓練し、または排除するソフトウェア製品を自社開発もしくはパートナーを通じて選定してきました。業界標準であり最先端のリスクとガバナンスに関するサービス、セキュリティテスト、セキュリティ監視サービスを提供しています。当社のソリューションは、お客様独自のニーズに合わせてカスタマイズおよび組み合わせが可能です。
日本を含む現在の世界は、金融や政治からあらゆる分野で混乱を起こそうとするサイバー攻撃やいろいろな攻撃によって脅かされております。NCDは、お客様が気付かない攻撃や見落とす可能性のある攻撃や脅威をも見逃さず、攻撃する側がお客様の資産を奪う前に、かつビジネスや評判を傷つける前に、攻撃を未然に防ぐことが出来ます。
日本サイバーディフェンスは、機密、信頼、防衛という当社の3つの基本理念の下、お客様に安全なビジネス環境を提供すべく尽力しています。