メニュー 閉じる

47News

経済

経済

共同通信PRワイヤー

プレスリリース・ニュースリリースの配信なら共同通信PRワイヤー。国内はもとより海外へも配信が可能。共同通信グループの全面的なバックアップのもと、世界標準で信頼性の高いプレスリリース配信サービスを提供しています。

Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.10.2 9:00 データクック株式会社
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

データクック、ビッグデータ分類・可視化ツール 「DataRange(データレンジ)」のクラウドサービスを発表 

2017年10月2日

データクック株式会社

データクック、ビッグデータ分類・可視化ツール
「DataRange(データレンジ)」のクラウドサービスを発表

データクック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永井秀幸、 http://datacook.jp/ 以下、データクック)は、ビッグデータ分類・可視化ツール 「DataRange(データレンジ)※」において、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure を基盤としたクラウドサービスを本日発表いたします。

ビッグデータ分析において、分析前の”分類”は非常に重要な処理となります。どれほどコ ンピュータ処理機能が向上しても、人間が意味を理解したうえで内容を解釈し、分類して いく過程は必須であると考えます。

この度、人間の認知の代替となる Cognitive AI を世界で最も先鋭的に取り組んでいると評 価されているマイクロソフトの AI サービス「Microsoft Cognitive Services」を利用する事で、ビッグデータの分類・可視化を手軽に実現出来るサービス提供が可能になりまし た。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709296331-O2-aHc9n6s9

3STEPでビッグデータ分析に必要となる自動分類が完了します。
[1]トレーニングフォルダを作成
[2]映像・画像ファイルをアップロード・自動収集
[3]トレーニングメニュー選択

【ビッグデータ分類・可視化ツール DataRange(データレンジ)】
「DataRange(データレンジ)」は、ビッグデータ活用基盤ソフトウエア「DataKitchen(データキッチン)※」と連動して、電子レンジのように手軽に食材(ビッグデータ)を調理できるクラウドサービスです。Microsoft AzureのCognitive Servicesを活用することで、探索的にデータのタグ付けできます。また、AIモデルのトレーニングもブラウザで手軽に利用することが出来ます。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709296331-O1-l8Yb4F0E

今回、「DataRange(データレンジ)」は、マイクロソフトが展開するクラウド検証環境構築サービス「Cloud Everywhere」へのメニュー提供を開始し、より手軽にご検証頂けるものとなります。

【注釈】
 ※DataKitchen(データキッチン)、DataRange(データレンジ)はデータクック株式会社の登録商標です。


【ビッグデータ分類・可視化ツールDataRange(データレンジ) エンドースメント】
日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 ISV ビジネス開発本部 本部長 奥主 洋様
日本マイクロソフト株式会社は、ビッグデータ分類・可視化ツールDataRange(データレンジ)でMicrosoft Azure並びに Cognitive Services を採用いただいたことを心より歓迎いたします。当サービスがMicrosoft Azureのサービスと連携した機械学習やAIを活用したサービスとして、広く活用されることを期待しております。



Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧へ