【タイ】日新電機タイ、装置部品工場の能力を増強[製造]

2022年06月30日
NNANNA

クレーンレス化した専用溶接ライン=タイ・パトゥムタニ県(日新電機タイ提供)
クレーンレス化した専用溶接ライン=タイ・パトゥムタニ県(日新電機タイ提供)

日新電機は29日、タイで装置部品の受託生産および電気機器の製造・販売を手がけるグループ会社の日新電機タイの生産能力を2020年度比で1.5倍に拡大したと発表した。世界的な半導体不足の中、半導体製造装置メーカー各社からの急激な増産依頼に応えるべく生産体制を強化した。22年度の半導体製造装置関連向けの売上高は、前年度比約10%増の30億円を目指している。

約1億5,000万円を投じて、首都バンコク北郊パトゥムタニ県のナワナコン工業団地にある工場の生産能力を拡大した。部品加工設備を24時間フル稼働させるシステムを構築し、生産性の向上・生産量の大幅な拡大を図った。また、半導体製造装置用部品の特徴を踏まえた専用生産ラインを設けることで、品質向上および生産時間を大幅に短縮した。このほか、クレーンレス化や動線を意識したレイアウト変更により、フォークリフトでの運搬作業を効率化。設備稼働による二酸化炭素(CO2)排出量を削減でき、環境に配慮した生産体制を構築した。

さらに生産能力の拡大を図るべく、最新鋭のファイバーレーザー切断機1台を新たに導入し、7月の稼働開始を予定している。半導体製造装置以外の新規生産受託の依頼も増加しており、継続した設備投資を行い、顧客ニーズに対応できる生産体制を構築していくと説明している。