×
メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

12月8日のNY為替概況

2021.12.9 5:20

*05:20JST 12月8日のNY為替概況

8日のニューヨーク外為市場でドル・円は113円95銭まで上昇後、113円60銭へ弱含み、引けた。

製薬会社のファイザーとバイオ、ビオンテックが同社製ワクチンを巡る検査の暫定結果で、3回目投与でオミクロン変異株を中和するとの発表を受け回復への懸念が後退。金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。その後、株安に連れリスク回避の円買いが優勢となり伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは1.1286ドルから1.1351ドルまで上昇し、引けた。

_NEW_LINE__

ユーロ・円は128円20銭から129円11銭まで上昇。

ポンド・ドルは1.3185ドルから1.3244ドルまで上昇。憶測通り、英国のジョンソン首相が新型コロナ対処の規制強化を発表、ロックダウンではないと強調し、ポンドの買戻しが優勢となった。

ドル・スイスは0.9240フランから0.9201フランまで下落した。

 【経済指標】・米・10月JOLT求人件数:1103.3万件(予想:1046.9万件、9月1060.2万件←1043.8万件)

《KY》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーについて

関連記事 一覧へ