メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

マクドナルド---大幅に反発、3月の既存店売上高0.1%減、新型コロナ影響も微減にとどまる

2020.4.7 9:13

*09:13JST <2702> マクドナルド 4855 +65

大幅に反発。3月の既存店売上高が前年同月比0.1%減になったと発表している。2月(14.7%増)からマイナスに転じたものの、新型コロナウイルスの影響下でも微減にとどまったことが好感され、買いが入っている。客数は7.7%減(前月9.2%増)、客単価は8.3%増(同5.1%増)。全店ベースの売上高は0.5%増(同15.4%増)だった。新型コロナの流行に対し、公式サイトに専用ページを設けるなど衛生管理や感染予防に関する最新情報を提供した。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーについて

関連記事 一覧へ