メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

NY原油:反落で26.08ドル、需給関係のすみやかな改善は期待薄との見方も

2020.4.7 7:38

*07:38JST NY原油:反落で26.08ドル、需給関係のすみやかな改善は期待薄との見方も

NY原油先物5月限は反落(NYMEX原油5月限終値:26.08 ↓2.26)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比-2.26ドルの1バレル=26.08ドルで取引を終えた。取引レンジは25.28ドル−28.24ドル。ロシアとサウジアラビアは減産合意に近づいているとの見方が出ているものの、原油の需給関係がすみやかに改善されるとの見方は増えていないことから、戻り売りの興味が強まる展開となった。

《CS》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーについて

関連記事 一覧へ