メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

後場の日経平均は365円安でスタート、全業種がマイナスで推移

2020.2.27 13:02

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22060.76;-365.43TOPIX;1578.26;-27.91

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比365.43円安の22060.76円と前引けから下げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は大幅に4日続落となった。ランチタイム中の225先物は22000円-22090円のレンジで推移。円相場は1ドル110円20銭台で円高一服している。また、中国・上海総合指数も底堅い動きとなっている。この流れから後場の日経平均は下げ幅を縮めてのスタートとなった。ただ、その後は下げ幅をやや拡げ、こう着感の強い展開となっている。

 業種別では、空運業、証券・商品先物取引業、鉱業、石油・石炭製品、不動産業、小売業、海運業、サービス業、その他金融業などを筆頭に全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、SUMCO<3436>の下落が目立つほか、ZHD<4689>、オリエンタルランド<4661>、ソニー<6758>、アドバンテスト<6857>を筆頭にほとんどの上位銘柄がマイナスで推移。一方、キョーリンHD<4569>の上昇が目立つほか、オリンパス<7733>がプラスで推移している。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ