メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

東京為替:ドル・円は下げ渋り、上海総合指数の大幅安回避で

2020.2.27 12:10

*12:10JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、上海総合指数の大幅安回避で

27日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。中国株安を受け、日本株が下げ幅を拡大した場面でやや円買いが進んだ。その後、上海総合指数の持ち直しで日経平均株価が22000円の大台を回復し、円買いは後退。ただ、米株安観測でドル買いは仕掛けづらく、ドル・円は戻りが鈍い。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円19銭から110円46銭、ユーロ・円は120円07銭から120円35銭、ユーロ・ドルは1.0878ドルから1.0913ドル。

【要人発言】

・トランプ米大統領

「新型ウイルスが問題でなくなるまで、中国をはじめとした渡航制限を緩めない」

「新型ウイルスが米GDPに影響を与えるか、はっきりしていない」

「FRBの政策金利には満足していない」

・片岡日銀審議委員

「物価目標に向けたモメンタムはすでに損なわれている」

《TY》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ