メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

東京為替:株安一服でドルは110円30銭近辺でもみ合う状態が続く

2020.2.27 11:21

*11:21JST 東京為替:株安一服でドルは110円30銭近辺でもみ合う状態が続く

27日午前の東京市場でドル・円は、110円30銭近辺で推移。日経平均株価は366円安で推移しており、株安は一服。ただし、株安継続を意識してドル買い・円売りのフローは少なくなっている。110円以下には、一部顧客筋のドル買い興味が依然として残されているものの、新たなドル買い材料が提供されない場合、ドル・円は主に110円台前半でもみ合う状態が続くとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円19銭から110円46銭、ユーロ・円は120円07銭から120円35銭、ユーロ・ドルは1.0878ドルから1.0913ドル。

■今後のポイント

・米国内での新型肺炎の感染拡大に対する警戒感

・米長期金利の低下

・中国本土株式の動向

・NY原油先物(時間外取引):高値48.78ドル 安値48.17ドル 直近値48.38ドル

《MK》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ