メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

日経VI概況:低下、日米の金融政策イベントを終えたアク抜け感から落ち着いた状況続く

2019.9.20 15:57

*15:57JST 日経VI概況:低下、日米の金融政策イベントを終えたアク抜け感から落ち着いた状況続く

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は20日、前日比-0.48pt(下落率2.92%)の15.91ptと低下した。なお、高値は16.13pt、安値は15.52pt。本日の日経平均は、日米の金融政策イベントを通過したアク抜け感や、連休前の売り持ち高解消に伴う買い戻しから朝方は続伸スタート。こうした背景から日経VIは大きく低下して始まった。しかし、ドル円相場が再び1ドル=107円台へ突入した円高進行や連休を前にした利益確定売りもあり、その後は日経平均の上値は重く、徐々に上げ幅を縮小していく展開となり、これに伴う形で日経VIは大引けにかけてはじり高となった。

【日経平均VIとは】日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値です。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向があります。一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っています。

《FA》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ