メニュー 閉じる
経済

経済

市場ニュース&レポート

N.Avenue、日本最大級のブロックチェーン・カンファレンスを開催【フィスコ・ビットコインニュース】

2019.7.19 13:51

*13:51JST N.Avenue、日本最大級のブロックチェーン・カンファレンスを開催【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨・ブロックチェーン領域における経済メディア「CoinDesk」の日本版「CoinDesk Japan」の運営などを手がけるN.Avenueは19日、日本最大級のブロックチェーン・カンファレンスとなる「b.tokyo 2019(ビー・トウキョウ2019)」を、2019年10月2日-3日の2日間で開催すると発表した。

「b.tokyo 2019」は、ブロックチェーン・仮想通貨の領域をリードする60人以上(7月18日現在)のスピーカーを招き、「技術・スタートアップ・フィンテック・産業・ガバメント・未来」の6つのテーマを網羅するカンファレンスであるとしている。ホテル雅叙園東京で開催され、動員数は2日間合計で3000人を見込む。

6つのテーマで約30のセッションを開催し、「CoinDesk Japan」が総合プロデュースを手がける。ニューヨークより、CoinDeskでトップリサーチャーを務めるNolan Bauerle氏、世界最大級のブロックチェーン・カンファレンス「Consensus」の総合プロデューサーを務めるJoon Ian Wong氏などが来日するとしている。

注目セッションとしては、「ブロックチェーン技術の課題」、「証券型トークンはビジネスをどう変えるか」、「分散型アプリケーション(Dapps)でコンテンツ産業は変わるか」、「トークンは小さな経済圏をつくるか」といったテーマを挙げている。

同社は、「b.tokyo 2019」について「業界のリーダーが参加する各セッションの議論に参加するだけで、これからブロックチェーン技術がもたらす新たなビジネス機会や、未来に起こる社会変革のうねりを知ることができる」と伝えている。チケットは同イベントの公式ホームページにて購入できるようだ。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ