メニュー 閉じる
経済

経済

市場ニュース&レポート

住友ゴム---続落、事業環境の一段の悪化を映して米系証券が格下げ

2019.7.19 14:05

*14:05JST 住友ゴム---続落、事業環境の一段の悪化を映して米系証券が格下げ

住友ゴム<5110>は続落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「売り」に格下げ、目標株価も1350円から1100円に引き下げている。国内タイヤ需要の反動減や原油価格の上昇、米国生産体制強化によるコスト増など厳しい事業環境に直面しているとし、来期以降の業績予想を市場コンセンサスを下回る水準にまで下方修正。会社側の中期計画における来期数値達成も困難としている。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ