メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

市場ニュース&レポート

5月21日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

2019.5.21 17:18

*17:18JST 5月21日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】

21日のビットコイン(BTC)は、84.5~89.4万円で推移している。午前3時頃に84.5万円まで下押したもののリバウンドをみせ、午前6時頃には89.4万円まで上昇した。ただ、90万円に再び乗せることはなく、日中は87万円近辺でもみ合う展開となった。

米証券取引委員会(SEC)は本日未明、米投資運用会社ヴァンエックが今年1月に提出したビットコインETF(上場投資信託)に対する可否判断を延期することを発表した。SECは3月末にも判断延期を行っており、今回の延期は2回目となる。

判断延期は市場予想通りだったものの、投資運用会社ビットワイズの提出したビットコインETFの判断延期発表が先行していたことなどを理由に、一部では申請却下を警戒する向きもみられた。20日夜から21日未明にかけての下落はETF却下を織り込みに行く動きで、朝方の上昇は延期発表を好感したものとの意見もあるようだ。

次回の判断は90日後の8月19日とみられるが、その時点でまだ60日の延期期間を残しているため、最終的な判断が下されるのは10月末となる見込み。

《SI》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事 一覧へ