メニュー 閉じる

47News

経済

経済

市場ニュース&レポート

6日の米国市場ダイジェスト:ダウ1.72ドル安、雇用統計を嫌気 

2017.10.7 9:53
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

*09:45JST 6日の米国市場ダイジェスト:ダウ1.72ドル安、雇用統計を嫌気

■NY株式:ダウ1.72ドル安、雇用統計を嫌気

6日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は1.72ドル安の22773.67、ナスダックは4.82ポイント高の6590.18で取引を終了した。9月雇用統計でハリケーン被害による一時的影響が想定以上となり、非農業部門雇用者数が3.3万人減と約7年ぶりのマイナスに転じたことで売りが先行。一方で、失業率が低下したほか、平均時給も予想を上回る伸びとなり、下値は限られたものの、連日の株価上昇を受けて高値警戒感も広がり、小動きとなった。セクター別では、自動車・自動車部品や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で食品・生活必需品小売や電気通信サービスが下落した。

会員制卸売のコストコ・ホールセール(COST)は粗利益率の減少が明らかとなり、アマゾンとの競争激化が懸念され、下落。原油相場の下落でチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が軟調推移。一方で、ファストフードのヤム・ブランズ(YUM)が中国部門をスピンオフして誕生したヤム・チャイナ(YUMC)はスピンオフ後初となる配当と自社株買い計画に加えて、CEOの交代案を発表し、上昇した。

通信大手のTモバイルUS(TMUS)とスプリント(S)は、合併協議に関して最終合意に向け詰めの交渉に入っている。両社は10月下旬の7-9月期決算発表時の公表を目指しているとの見方が強い。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:米雇用統計で追加利上げ観測強まるも北朝鮮の脅威でドル反落

6日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円44銭まで上昇後、112円61銭へ反落して112円65銭で引けた。米9月雇用統計でハリケーンの影響を受けて非農業部門雇用者数が予想外の減少に落ち込んだものの、賃金の予想以上の上昇、失業率の低下に加えてスラックの大幅な改善で、年内の追加利上げ観測が一段と強まりドル買いが加速した。その後、北朝鮮が今週末にミサイル発射実験を計画しているとの噂が流れると、リスク回避のドル売り・円買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1670ドルまで下落後、1.1739ドルまで反発して1.1734ドルで引けた。ユーロ・円は、132円11銭から132円77銭のレンジ内で上限に振れた。ポンド・ドルは、1.3084ドルから1.3027ドルまで下落。英国の政局不安を受けたポンド売りが継続。その後、メイ首相が閣僚の十分な支持を得ていると述べたため、辞任観測を受けたポンド売りが後退した。ドル・スイスは、0.9836フランへ上昇後、0.9771フランへ反落した。

■NY原油:大幅反落で49.29ドル、需給改善への期待低下で売り強まる

NY原油は大幅反落(NYMEX原油11月限終値:49.29 ↓1.50)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比-1.50ドルの49.29ドルで取引を終えた。熱帯性暴風雨「ネイト」がオフショア原油プラットフォームやメキシコ湾岸の製油所に打撃を与えるとの警戒感は低下したことが要因。需給改善への期待は低下し、短期筋などの売りが活発になった。米長期金利の上昇も多少嫌気された。

市場関係者の間では、原油需要の大幅な増加はただちに期待できないとの見方が広がっている。主要産油国による生産調整(減産合意期間の延長)に対する懐疑的な見方が残されていることも原油先物の上昇を抑える一因となったようだ。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  26.21ドル +0.08ドル(+0.31%)

モルガン・スタンレー(MS) 49.76ドル +0.13ドル(+0.26%)

ゴールドマン・サックス(GS)246.02ドル -0.04ドル(-0.02%)

インテル(INTC)      39.63ドル +0.10ドル(+0.25%)

アップル(AAPL)      155.30ドル -0.09ドル(-0.06%)

アルファベット(GOOG)   978.89ドル +8.93ドル(+0.92%)

フェイスブック(FB)    172.23ドル +0.99ドル(+0.58%)

キャタピラー(CAT)     126.93ドル +0.53ドル(+0.42%)

アルコア(AA)       47.49ドル -0.76ドル(-1.58%)

ウォルマート(WMT)     79.00ドル -0.41ドル(-0.52%)

スプリント(S)       7.36ドル -0.14ドル(-1.87%)

《SK》

一覧へ

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事一覧