メニュー 閉じる

47News

経済

経済

市場ニュース&レポート

NYの視点:英国がTPPへの参加を検討、米国はどう出るのか?

2018.1.4 7:38
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

*07:38JST NYの視点:英国がTPPへの参加を検討、米国はどう出るのか?

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道によると、英国は環太平洋連携協定(TPP)への参加に関心を寄せているようだ。欧州連合(EU)離脱後のことになるが、この報道が事実に基づくものなら、英国は輸出促進に大変前向きであると考えられる。TPP参加国は環太平洋地域の国に限定されているわけではなく、FTによると、英政府関係者は「地理的な制約はない」との見方を示しているようだ。

英国はEUの規定により、2019年3月のEU離脱前に新たな貿易協定で合意することはできないが、2019年3月までの合意形成が禁じられていても、交渉することは可能であるとみられる。英国がTPP参加を本当に目指すかどうかは、断定はできないが、英国の行動は米国の通商行動にも影響を与える可能性がある。米国はTPPには不参加の立場だが、二国間の自由貿易協定の早期締結を本気で目論んでいる。英国の行動が米国(トランプ政権)を刺激した場合、為替相場に何らかの影響が及ぶことは避けられないかもしれない。

《CS》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事一覧