メニュー 閉じる

47News

経済

経済

市場ニュース&レポート

前日に動いた銘柄 part1:ブランジスタ、SKIYAKI、三機サービス、など

2018.1.4 7:15
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1:ブランジスタ、SKIYAKI、三機サービス、など

銘柄名<コード>⇒29日終値⇒前日比

ブランジスタ<6176> 1665 +260

「神の手」でRIZAP-G<2928>とのタイアップ企画開始。

きょくとう<2300> 715 -30

第3四半期決算を発表。

SKIYAKI<3995> 6940 +670

マザーズのIPO銘柄として関心。

エムビーエス<1401> 815 +42

1月の決算発表を前に上方修正を期待する動きも。

三機サービス<6044> 1529 +181

上半期業績予想の上方修正を発表。

イソライト工業<5358> 1177 +87

好業績期待が高い中で売り方の買い戻し優勢か。

ナイガイ<8013> 594 +46

株主優待制度の導入を発表している。

津田駒工業<6217> 222 +17

業績下方修正後は出尽くし感からの買い戻し優勢か。

モリテックスチール<5986> 796 +36

EV関連の材料株として個人投資家の関心が続く。

サンケン電気<6707> 813 +32

米国の法人税減税でメリット享受の期待高い。

東邦チタニウム<5727> 1198 +39

資源価格の上昇で連想感も強まるか。

広島銀行<8379> 981 +24

野村證券では目標株価を引き上げ。

ソルクシーズ<4284> 1389 +25

仮想通貨関連としての関心が続く。

ステラケミファ<4109> 3715 +45

住友重機とスウェーデン社との協業発表を思惑材料視。

日本板硝子<5202> 1024 +28

28日は一過性損失の計上による最終益の下振れが嫌気されたが。

アダストリア<2685> 2279 -210

28日に発表した第3四半期決算内容が嫌気される。

オプトラン<6235> 2860 -80

年末年始休暇入りを控えて手じまい売りが優勢に。

ジーンズメイト<7448> 1086 -58

28日に決算発表、前年同期比での営業赤字幅拡大を嫌気。

キョーリンHD<4569> 2112 -51

大和証券では目標株価を引き下げている。

日本シイエムケイ<6958> 1021 -28

特に材料ないが信用買い残などは高水準で。

《DM》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事一覧