メニュー 閉じる

47News

経済

経済

市場ニュース&レポート

3日のNY市場は上昇

2018.1.4 7:16
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;24922.68;+98.67Nasdaq;7065.53;+58.63CME225;23160;+410(大証比)

[NY市場データ]

3日のNY市場は上昇。ダウ平均は98.67ドル高の24922.68、ナスダックは58.63ポイント高の7065.53で取引を終了した。アジア・欧州株が概ね全面高となるなか、米国株にも買いが先行。11月建設支出や12月ISM製造業景況指数が予想を上回り、終日堅調推移となった。FOMC議事録では、数人の委員が足元の低調なインフレ基調に懸念を示した一方で、減税による更なる経済成長が指摘された。大半が年内の緩やかな利上げ継続を支持する見方を示した。発表後の相場は上げ幅を拡大する展開となった。新年に入り、投資資金が流入するとの期待も相場を支えている。ダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数が揃って最高値を更新した。セクター別では、エネルギーやソフトウェア・サービスが上昇する一方で電気通信サービスや公益事業が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比410高の23160円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、花王<4452>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル112.51円換算)全般堅調。

《TM》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーおよび著作権について

関連記事一覧