メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

新商品・新技術

セブンイレブン、埼玉産食材使ったうどんとスイーツを販売 県内1200店、期間限定で取り扱う

2019.8.23 11:07 埼玉新聞
「混ぜて食べるビビンうどん」(右)と「ミニもちとろ みるく&カフェオレ」。県内のセブン―イレブン全店、1200店で取り扱う

「混ぜて食べるビビンうどん」(右)と「ミニもちとろ みるく&カフェオレ」。県内のセブン―イレブン全店、1200店で取り扱う

 セブン―イレブン・ジャパンは、埼玉産農産物を使った麺類とスイーツの販売を県内の店舗で始めた。県との包括的連携協定の一環。県産食材の地産地消を推進する。  麺類は「混ぜて食べる!ビビンうどん」。産出 ...

関連記事 一覧へ