インド自動車販売、日本抜く 472万台、世界第3位に

多くの車で渋滞するインドの首都ニューデリー市内=2022年1月(ゲッティ=共同)
多くの車で渋滞するインドの首都ニューデリー市内=2022年1月(ゲッティ=共同)
2023年01月14日
共同通信共同通信

 【ニューデリー共同】インド自動車工業会は14日までに、2022年の国内新車販売台数(一部ブランドを除く)が前年比25.7%増の472万5472台だったと発表した。年間ベースで日本を初めて上回り、中国、米国に次ぐ世界3位となった。

 インドと並び約14億人が暮らす中国では、22年に約2686万台が売れた。インドは今年中に中国を抜いて人口世界一になる見通しで、さらなる市場拡大に期待が集まりそうだ。

 日本の22年販売台数は5.6%減の約420万台と45年ぶりの低水準だった。日本市場は少子高齢化で縮小傾向が続いており、ピークだった1990年の5割強まで落ち込んだ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/