東京円、136円台前半

2022年12月09日
共同通信共同通信

 9日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=136円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比36銭円高ドル安の1ドル=136円34~36銭。ユーロは20銭円安ユーロ高の1ユーロ=144円09~13銭。

 米長期金利が時間外取引で低下し、日米金利差の縮小を見込んだドル売り円買いが進んだ。週末を控え、持ち高調整のドル売りも出た。

 市場では、9日夜に発表される米卸売物価指数に注目が集まっている。「結果次第ではドルが急伸したり、急落したりする可能性もある」(外為ブローカー)との声があった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/