北陸電力、45%の値上げ申請 大手5社目で率は最大、来年4月

2022年11月30日
共同通信共同通信

 北陸電力は30日、家庭向けを含む規制料金で平均45.84%の値上げを経済産業省に申請したと発表した。来年4月からの実施を目指す。申請は電力大手10社のうち東北、中国、四国、沖縄電力に続き5社目で値上げ率は最大となった。認められれば北陸電の規制料金の値上げは1980年以来となる。

 北陸電は燃料価格の高騰を背景とした大幅な赤字を理由に値上げ方針を10月に公表していた。

 北陸電の松田光司社長は富山市内で開いた記者会見で「現状が改善する見通しが立たず、経営効率化だけではコスト増を賄いきれない」と述べた。主力電源の火力発電で使う石炭の価格が大幅に上昇したという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/