中国通信5社の機器、販売禁止 米国、排除強化で反発必至

ファーウェイのデータセンター=2021年9月、中国・広州市(AP=共同)
ファーウェイのデータセンター=2021年9月、中国・広州市(AP=共同)
2022年11月26日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米連邦通信委員会(FCC)は25日、華為技術(ファーウェイ)など中国大手5社の通信機器の輸入、販売を禁止すると発表した。バイデン政権は10月に最先端半導体などの輸出規制を強化したばかりで、中国の反発は必至だ。

 米政府は、政府から補助金を受ける米企業がファーウェイなどから機器を購入することを既に禁じており、排除を強化した。米中首脳による今月14日の会談では話し合いによる紛争回避を模索する動きもあったが、対立解消の糸口は見えない。

 FCCは「安全保障上の脅威から国民を保護する取り組みの一環だ」と強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/