東証続伸、終値は2万8383円 米利上げペースの鈍化期待

東京証券取引所=東京・日本橋兜町
東京証券取引所=東京・日本橋兜町
2022年11月24日
共同通信共同通信

 休日明け24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日続伸した。終値は休日前の22日比267円35銭高の2万8383円09銭で、約2カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースの鈍化期待を背景に、前日の米国株式市場が上昇したことを好感した。

 東証株価指数(TOPIX)は24.05ポイント高の2018.80。出来高は約13億1100万株。

 前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録の中で、出席者の多くが利上げペースの減速を示唆していたため、ダウ工業株30種平均は上昇。東京市場も朝方からこの流れを引き継いだ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/