メニュー 閉じる メニュー
経済

経済

金融庁、老後報告書の撤回決定へ 案のまま放置、HP掲載は続行

2019.9.18 21:02 共同通信
金融庁が入る合同庁舎=東京・霞が関

金融庁が入る合同庁舎=東京・霞が関

 金融庁の金融審議会が、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の蓄えが必要とした老後資金報告書を撤回することが18日、分かった。25日の総会で「今後は報告書を議題としない」ことを決める。報告書は「案」 ...

関連記事 一覧へ