メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3104】銚子の誉 純米(ちょうしのほまれ)【千葉】

2017.10.20 17:51
千葉県銚子市 石上酒造
千葉県銚子市 石上酒造

【P居酒屋にて 全12回の⑤】

 久しぶりの、酒友・オタマジャクシ&ウッチー&美女軍団との飲み会。オタマジャクシは蛙のわたくしより若いため、そう自称している。この飲み会の場所は、P居酒屋と決めている。店長が、わたくしが飲んだことのない蔵の酒を用意してくれるからありがたい。感謝、感謝、だ。今回はわたくしにとっての初蔵酒を5種類用意してくれた。ありがたい。

 今回の初蔵酒は、5種類すべてが千葉県の酒。その中から「梅一輪 吟醸辛口」「二人静 吟醸」という、わたくしにとっての初蔵酒を飲み、3番目に、中休みとして「高千代 扁平純米 無調整生原酒 からくち +19純米 秋あがり」をいただく。そして再び千葉初蔵酒。「寒菊 花の九十九里 純米」の次は「銚子の誉 純米」だ。見るのも聞くのも初めてだ。さて、いただいてみる。

 美女Fさん「辛い」

 ウッチー「辛い」

 オタマジャクシ「上顎に辛みを感じ、舌に甘みを感じる」

 美女Sさん「辛みと甘みのバランスが良い」

 酒蛙「直前に飲んだ『寒菊 九十九里』から、地方蔵特有昭和レトロ的熟成感的香味を除去したようなイメージの酒。辛い。旨みがややあり、酸味がある」

 オタマジャクシ「最後に辛みがある。燗酒が良い予感がする」

 酒蛙「さっぱりした飲み口だ」

 ウッチー「典型的な辛口酒。多くありそうなタイプだ」

 酒蛙「うん、ひとことで言うならば淡麗辛口酒」

 美女Fさん「その通りだ」

 酒蛙「酸が良い。軽快感もあり酸が良いので飲みやすい。飲み飽きしない」

 美女Fさん「酸がありますね」

 美女Sさん「酸がいいですね」

 ラベルの表示は「原材料名 米(国産)・米麹(国産米)、精米歩合65%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名「銚子の誉」の由来について、コトバンクは以下のように説明している。「酒名は、地名の銚子と酒器のちょうしをかけて、誉れ高い酒であるようにとの願いを込めて命名」

酒蛙

関連記事 一覧へ