メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【4223】粋府 普通酒 カップ(すいふ)【岡山県】

2020.5.12 21:28
岡山県総社市 三宅酒造
岡山県総社市 三宅酒造

【A居酒屋にて 全11回の⑦】

 4~5カ月に1回、ほぼ定期的に開いている、オタマジャクシと美女軍団との飲み会。オタマジャクシは、カエルのわたくしより年下なのでオタマジャクシを自称している。会場のA居酒屋はなんと、2日後に店を閉めるんだそうな。びっくり仰天だ。オーナーのNさんには、わたくしにとってのさまざまな“初蔵酒”を用意してもらった。長年のご労苦に感謝、感謝、だ。Nさんは新しい店を開く気満々。いつになるのか。楽しみだ。そして、また“初蔵酒”を用意していただきたい。

「栄光冨士」「七歩蛇」「忠臣蔵」「千利休」「嶺乃誉」「加茂五葉」に続いて7番目にいただいたのは、「粋府 普通酒 カップ」だった。これも「七歩蛇」「忠臣蔵」「千利休」「嶺乃誉」「加茂五葉」に続いて、わたくしにとっての初蔵酒。用意してくれたオーナーのNさんに感謝、感謝、だ。

 さて、いただいてみる。紙カップを開封したら、非常にきれいな黄色のお酒があらわれ、みんな「お~~~っ」と驚く。

 オタマジャクシ「水の如しで、甘い」
 女性日本酒ライターSさん「味がちょっと不自然かも」
 うっちー「本当に水の如しだ」
 美女MIさん「日本酒の枠を超える日本酒だ」
 みんな「意味分からな~~い!」
 美女MOさん「アルコールですね」
 美女Sさん「しゃばしゃばした感じ」
 酒蛙「クラシカル香味を感じる。甘みがちょっと人工的。辛みが出ている。厚みがすくない。淡麗甘辛酒だ」
 オタマジャクシ「甘い」
 女性日本酒ライターSさん「旨みというより甘みですね」

 紙カップに印字されているスペックは「原材料 米(国産)米こうじ(国産米)醸造アルコール、アルコール分14%以上15度未満」。

 酒名「粋府」の由来について、日本の名酒事典は「明治39年の創業。酒名は中国の古文献にある“粋は宝、府は集まるの意あり”に由来する」と説明している。

酒蛙

関連記事 一覧へ