メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【4074】春霞 純米(はるかすみ)【秋田県】

2019.12.15 17:38
秋田県仙北郡美郷町 栗林酒造店
秋田県仙北郡美郷町 栗林酒造店

【秋田市にて 全10回の⑨】

 秋田市在住の友人Yと10年ぶりで飲んだ。同業のYと知り合ったのは30年ほど前。以後、Yとわたくしはずっと同じような仕事をしてきた。会議でよく顔を合わせ一緒に飲んだものだった。会社を卒業してもSNSで毎日お互いの投稿をチェックしているので、10年ぶりに会った感覚は全くない。いまの言葉で言えば、SNSのオフ会のようなものだった。

 会った場所は、炉端焼き風の居酒屋。酒の種類が多い店を、というわたくしの希望を受け入れ、Yが選んだものだ。せっかく秋田に来たのだから、秋田県の酒だけを飲むことにした。メニューの上から順番に飲んでいった。

「秋田晴」「秋田誉」「阿桜」「奥清水」「竜乃涙」「穂円」「千歳盛」「出羽の冨士」に続いて9番目に飲んだのは「春霞 純米」だった。この蔵のお酒は当連載でこれまで、「春霞」7種類、「栗林」を2種類取り上げている。甘旨酸っぱく、しっかりした味わいのお酒、というイメージがあり、非常に好感を持っている。さて、いただいてみる。

 甘旨酸っぱい味わい。これまで「春霞」に持っていたイメージ通りの味わいだった。味の要素の中でも、旨みと酸がとくにいい。コメの香りが穏やかで、非常にしっかりした味わい。濃醇。分厚い。飲み飽きしないお酒で、オールラウンドプレーヤーの食中酒だとおもった。

 瓶のラベルのスペック表示は「原材料 米(国産)米麹(国産米)、精米歩合60%、アルコール分16度」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名「春霞」の由来について、蔵のホームページは以下のように説明している。

「春霞の銘柄はいつごろから使われたのか定かでありませんが、謡曲『羽衣』の一節、『春霞たなびきにけり 久方の月の桂の花や咲く~』から取ったといわれています。また、『霞』が古くは酒の異名であったことにも関係があるとされます」

酒蛙

関連記事 一覧へ