メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3999】笹の川 純米(ささのかわ)【福島県】

2019.10.12 17:19
福島県郡山市 笹の川酒造
福島県郡山市 笹の川酒造

【TU会2日目 全2回の②完】

 2カ月に1回、M居酒屋で定例飲み会を開いているTU会。年に1回は遠征して飲んでおり、今回の店は、わたくしがここ数年お世話になっているF居酒屋だ。ここで15種類(わたくしだけ18種類)の日本酒を飲み、初日は終了。

 2日目の昼は、うなぎ屋だ。うなぎが出来上がる前に、「櫻正宗 本醸造 上撰 COOL CHERRY」をいただく。うなぎ屋を出たあと、歴史ある大衆バー(洋風居酒屋)へ移動。ここでは「笹の川 純米」を冷酒でいただく。

 さっぱりとした軽快な口当たりだが、辛みが出てきて、きりっと締まる。旨みは適度。余韻も辛み。辛みが、やや太いため、けっこう力強さがある。酸味は、ほのかに感じる程度。香りもほのか。

 テーブルの上に、この酒のPOP広告が置かれており、以下のようにこの酒を紹介している。「軽やかな美味しさ 福島の旨い純米酒 ふくよかな優しい香り 純米酒なのに重くない 軽やかで心地よい旨味」。味わってみて、おおむね妥当なPOPだとおもった。

 ラベルのスペック表示は「製造年月2019.08、原材料名 米(国産)米麹(国産米)、アルコール分15度、精米歩合60%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 また、ラベルには「古来ヨリ伝ヘラレシ酒造ノ原点ハ 米ト米麹ヲ原料トシタ純米酒ニアリ」と書かれており、この言葉がデザインとして使われている。

 酒名および蔵名は蔵の所在地の地名に由来するのは明らかだ。蔵の住所は「福島県郡山市笹川1-178」。

酒蛙

関連記事 一覧へ