メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3867】臥龍梅 純米大吟醸 生貯原酒 誉富士(がりゅうばい)【静岡県】

2019.7.19 16:22
静岡県静岡市 三和酒造
静岡県静岡市 三和酒造

【B居酒屋にて 全3回の②】

 当連載「日本酒津々浦々」は、原則として同じ酒を2回載せることはしていない。ごく例外的に2回載せたものが1~2種類ある程度だ。このため、常に飲んだことがない酒を求めている。このB居酒屋は、わたくしが飲んだことがない酒が冷蔵庫に入っていることが多いので、必然的にしばしば“取材”に訪れることになる。

 まずいただいたのは「無想 心静 純米吟醸 生詰原酒」。続いて飲んだのは「臥龍梅 純米大吟醸 生貯原酒 誉富士」だった。「臥龍梅」はこれまで4種類を当連載で取り上げている。硬めの淡麗酒というイメージを持っている。今回のお酒はどうか。いただいてみる。

 吟醸香ほのか。酢酸エチル似香がほのか。超淡麗辛口。まったく平坦な調子で、メリハリが少ない。キレが非常に良い。甘みと旨みは少なく、酸はほとんど感じられず、エンディングの苦みは強い。飲んでいたら、甘みがほのかに出てくる。かなりすっきり・さっぱりした、きれいな酒質。温度がすこし上がると甘苦が味の主体となる。

 甘旨酸っぱいふくよかな酒が近年のトレンドで、多くの蔵がそのような味わいの酒づくりを志向しているが、その中にあって、「臥龍梅」のような淡麗辛口の酒に出会うと、はっとさせられる。むしろ、新鮮な味わいに感じるところが面白い。森林を維持する際、多様性が必要だ、とよく論じられるが、酒造業界も同じだとおもう。ひとつの方向に全蔵がシフトすればつまらない。さまざまな酒があってこそ、飲み手のニーズにこたえられる。

 瓶の裏ラベルの表示は「原料米・銘柄品種 静岡県産誉富士100%使用、精米歩合45%、アルコール分16度以上17度未満、日本酒度+5、酸度1.3、杜氏 南部杜氏菅原富男、製造年月2018 6B」。

 使用米の「誉富士」は静岡県農林技術研究所が1998年、酒米の王者「山田錦」にガンマ線を照射して得た突然変異株10万粒の中から選抜したもの。2009年に品種登録され酒造好適米だ。

 酒名「臥龍梅」の由来について、蔵のホームページが詳しく説明している。要約できない文章なので、すこし長いが、そのまま以下に転載する。
      
        ◇

 「臥龍」という言葉は古く、その出典は中国四大奇書のひとつに数えられる長編歴史小説、「三国志演義」であります。この小説は、魏、蜀、呉、三国対立時代の中国を背景に英雄豪傑の活躍と運命を描いたもので、その書中、「劉備玄徳 りゅうびげんとく」が在野の賢人「諸葛孔明 しょかつこうめい」を三顧の礼をもって自軍に迎え入れる下りに「臥龍・鳳雛 がりょう・ほうすう」という言葉が出てまいります。
 「臥龍」は寝ている龍、まだ雲雨を得ないため天にのぼれず、地にひそみ隠れている龍のことで、転じて、まだ志をのばす機会を得ないで民間にひそみ隠れている英雄、「諸葛孔明」の例えであります。ちなみに「鳳雛」とは鳳凰のひなで、将来、大人物になる素質を備えた少年の例えであります。
 さて、処はわが国に移り、時代は下って戦国時代末期のことです。後に徳川幕府を開設した徳川家康は、幼少の一時期、今川家の人質として当社の近隣の「清見寺 せいけんじ」という禅寺に暮らしていました。そしてその無聊の徒然に、寺の庭の一隅に一枝の梅を接木したと伝えられています。「諸葛孔明」の故事どおり、「清見寺」にあった頃の家康は地にひそみ隠れておりましたが、その後、龍が天にのぼるがごとく天下人となりました。家康の植えた梅は三百年の月日を経て大木に成長し、今も、毎年春三月には凛とした風情で花を咲かせております。さながら龍が臥したような見事な枝振りもあいまってか、この梅は何時の頃からか「臥龍梅」と呼ばれるようになりました。
 当社では、「臥龍」の故事に習い、やがては天下の美酒と謳われることを願って新しく発売するお酒を「臥龍梅」と命名いたしました。なにとぞ末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

酒蛙

関連記事 一覧へ