メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3849】鳳凰美田 純米吟醸 無濾過本生(ほうおうびでん)【栃木県】

2019.6.30 23:20
栃木県小山市 小林酒造
栃木県小山市 小林酒造

【TU会 全6回の④】

 2カ月に1回のペースで、M居酒屋で開いている異業種間飲み会「TU会」。今回は6人が参加、にぎやかに飲み、にぎやかに酒を論評し合った。

「清龍 蔵出し 純米」「大手門 純米 上撰」「雨後の月 ugo no tsuki 純米」と飲み進め、4番目にいただいたのは「鳳凰美田 純米吟醸 無濾過本生」だった。「鳳凰美田」は、飲む機会が多い酒で、今回の酒を含め、当連載で15種類を取り上げている。今回のお酒はどうか。いただいてみる。

 酒蛙「メロンなどの果実香が広がる。香り高い」
 KI、KT「美味しい!」
 TU「甘み、酸味、辛み」
 酒蛙「濃厚。旨味と酸が出ており、ジューシー。やわらか、ふくよか。濃醇だけど、上手にまとまっている」
 ヨネちゃん「美味しい」
 KT「濃醇」
 KI「美味しいことは美味しい」
 ヨネちゃん「万人好みです」
 酒蛙「たしかに。ひとことで言うならば、香り立つ甘旨酸っぱい濃醇酒。食前酒に向いているのではないか」

 瓶のラベルの表示は「原材料名 米(国産)米麹(国産米)、原料米 麹米 山田錦100% 掛米 五百万石100%、精米歩合55%、アルコール分16度以上17度未満、製造年月2019.3」。

 酒名「鳳凰美田」の由来について、コトバンクは「酒名は、所在地の旧称『美田村(みたむら)』と、創業当初からの銘柄『鳳凰金賞』の『鳳凰』を合わせて命名」と説明している。

酒蛙

関連記事 一覧へ