メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3839】岩木正宗 純米大吟醸(いわきまさむね)【青森県】

2019.6.20 16:54
青森県北津軽郡板柳町 竹浪酒造店
青森県北津軽郡板柳町 竹浪酒造店

【B会 全7回の⑦完】

 T社のFとY、小社のHとわたくし、という異業種間の飲み会。以前は2カ月に1回だったが、最近は毎月開いているような気がする。会場はB居酒屋だから、飲み会の名は、B会だ。

「三千盛 純米大吟醸 しぼりたて 生酒」「勢起 金紋錦 純米 低温熟成」「宝剣 純米 生 レトロラベル」「田光 純米吟醸 山田錦 無濾過生酒」「若波 純米吟醸 壽限無 生酒」「雨後の月 純米吟醸 愛山 足立かき沼別注品 生」と飲み進め、最後7番目にいただいたのは「岩木正宗 純米大吟醸」だった。

 この蔵の酒は、今回の酒を含め、当連載で「岩木正宗」2種類、「七郎兵衛」2種類を取り上げている。「岩木正宗」のラベルには「燗酒専心」と書かれている。燗酒向けの酒、という意味だ。そこで敬意を表し、チンチンの熱燗でいただいてみることにする。さて、燗酒ができてきた。

 H 「紹興酒のような香りだ」
 酒蛙「旨みがやや細い。昭和レトロ的熟成感的クラシカル香味がある」
 H 「紹興酒の香りが強い」
 酒蛙「酸がよく出ている。クラシカル香味が強いね。日本酒オールドファン垂涎の酒だ。このような香味の酒は少なくなってきたからね」

 瓶の裏ラベルの表示は「アルコール分15度、原材料名 米(国産)米麹(国産米)、使用米 美山錦100%、精米歩合45%、酵母K-901、製造年月31.3」

 竹浪酒造店は江戸初期・正保年間(1644~1647)の創業で、青森県内のすべての会社を含め、最古の老舗。酒名は蔵からほど近い岩木山(青森県最高峰)にちなむ。

酒蛙

関連記事 一覧へ