メニュー 閉じる
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3815】七水 プレミアム純米 直汲み(しちすい)【栃木県】

2019.5.24 18:04
栃木県宇都宮市 虎屋本店
栃木県宇都宮市 虎屋本店

【F居酒屋にて 全11回の⑥】

 飲み仲間4人で、F居酒屋に出掛けた。店主は以前、TT居酒屋の店長だったが、独立し新たにF居酒屋を開いた。店の面積はかなり狭くなったが、それでも店長からオーナーになったので、店主には、晴れがましさがうかがえる。店主がすこしまぶしく見える。おめでたいことだ。客としても、うれしい限りだ。これからも応援していこう、とおもう。

「灘菊 本醸造 無ろ過生酒」「YATAGARASU 純米吟醸 生酒 吟のさと」「大入ひっぱりだこ 純米吟醸 無濾過生」「萬歳楽 劔 山廃純米 生原酒」「雨後の月 元平 純米大吟醸 旧赤坂町産赤磐雄町 しぼりたて生酒 940/960/961」と飲み進め、6番目にいただいたのは「七水 プレミアム純米 直汲み」だった。

「七水」は今回のお酒を含め、当連載で3種類を取り上げている。さて、今回の酒はどうか。いただいてみる。

 T 「これ、酸っぱいよね」
 W、K「もちろん、酸っぱいよ」
 W 「日本酒っぽくない」
 酒蛙「ウルトラ強酸と果実的甘旨みが、極めて多く出ており、甘旨酸っぱい。やや濃醇だが、さわやか感満点でジューシー。好き好き大好き。甘やかな香りの陰にセメダイン(ベンゼン環芳香族系の芳香)的香味がすこし。余韻は苦み」
 W 「白ワインをおもわせる味だ」
 酒蛙「そうそう。白ワイン的でもある。それより、白麹(焼酎用)で醸した日本酒みたいな味わいだけど、ラベルに白麹使用って書いている?」
 誰か「書いていませんよ。日本酒用の麹を使ったみたいです」
 酒蛙「それならすごいことだ。日本酒用麹(黄麹)で、これほどの酸を出せるなんて、すごいよ」
 店主「酒蛙さんが好きそうなお酒だとおもっていましたよ」
 酒蛙「ばればれだね(苦笑)。それにしても規格外の酸と甘旨だ」

 瓶の裏ラベルは、この酒を以下のように紹介している。「上槽初日瓶詰め限定品。『日本酒酵母』で実現した、味の枠組みにとらわれない純米酒で、すっきりした酸味と程よい甘さが、白ワインを思わせる味わい」

 裏ラベルの表示は「原材料名 米(国産)米麹(国産米)、精米歩合70%、アルコール分15度、製造年月2019.02」。

 蔵のホームページを見ると、酒名「七水」の由来について「『七水』とは宇都宮にあった7つの名水のこと」と説明している。

酒蛙

関連記事 一覧へ