メニュー 閉じる
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【3780】太平山 別誂 無圧取り 蔵人直詰 生酛純米 無濾過生(たいへいざん)【秋田県】

2019.4.17 21:03
秋田県潟上市 小玉醸造
秋田県潟上市 小玉醸造

【S居酒屋にて 全6回の③】

 足掛け13年間続いている日本酒研究会(単なる異業種間の飲み会だけど)の今後の運営方針について、なじみのうなぎ屋さんでMと飲みながら話す。2人で3時間半も話してしまった。Mは家に直帰したが、わたくしは繁華街にあるS居酒屋へ。このコースは3回目だが、早くもお約束コースとなってしまった。

「鳥海山 スパークリング 生酒」「天上夢幻 旨口 特別純米」と飲み進め、3番目にいただいたのは「太平山 別誂 無圧取り 蔵人直詰 生酛純米 無濾過生」だった。「太平山」は飲む機会が少なく、今回の酒を含め、当連載では2種類だけを取り上げている。さて、いただいてみる。

 甘い。丸みのある甘さを感じる。これが第一印象。次に感じるのは苦み。この苦みが特徴的。そして、穏やかでやわらかな旨みがじわじわ出てくる。旨みは酸を伴うイメージ。含み香は独特。樽香的な香りというか、菌類的というか、ばあちゃんのタンスの香りみたいな、表現が難しい複雑な香りを感じる。

 瓶の裏ラベルは、この酒を以下のように紹介している。「圧搾機に醪を流し入れた直後、自然に流れ出る『荒走り』の部分を、蔵人が11本丁寧に手詰めいたしました。若々しく鮮烈な味わいを堪能できる、生酛純米無濾過生の無圧取り原酒です」

 瓶のラベルの表示は「平成30酒造年度、仕込順号1号、仕込年月30.10、原料米 美山錦、精米歩合59%、酵母 k1701、アルコール度数18度、日本酒度+3.7、酸度1.7、アミノ酸度1.1、製造年月18.11」。

 酒名「太平山」は、秋田県中西部の山「太平山」(標高1,170m)にちなむ。

 

酒蛙

関連記事 一覧へ