メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【534】川亀 吟醸 夏の川亀(かわかめ)【愛媛】

2011.7.2 9:30
愛媛県八幡浜市 川亀酒造
愛媛県八幡浜市 川亀酒造

【水無月会月例会 全5回の②】

 3年目に入った、不特定少数が集う飲み会「水無月会」。今回は、「川亀」の夏酒2種類から入る。まず「夏にごり」をいただき、次は「吟醸 夏の川亀」。夏酒を2種類出すなんて、ここの蔵は夏酒にかなり力を入れているんだろうな。「夏にごり」は旨かった。さて、これはどうか。

 女性Oさん「余韻が残りますね~」

 男性Sさん「苦みをすこし感じます。この苦みが夏に合うのかな」

 酒蛙「すっきり、さっぱり、さわやかな感じの飲み口。若干、熟成感がある」

 女性Nさん「たしかに余韻が残りますね。いいわね」

 酒蛙「たしかに余韻にすこし苦味がある。酸が少ない。いかにも醸造アルコールを上手に使っているような、なめらかさと、まろやかさと、まとまりの良さがあり、さわやかな香り」

 「夏にごり」と「夏の川亀」という、川亀酒造の夏酒2種類を飲み比べた。双方まったく違う酒質なので、どちらが良いかなどどうこう、と言うことはできない。が、通常よくある爽快感のある夏酒カテゴリーに入るのは「夏の川亀」の方だ。

酒蛙