メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【858】美少年 超辛口 +15(びしょうねん)【熊本】

2012.8.3 17:24
熊本県熊本市 火の国酒造
熊本県熊本市 火の国酒造

【U居酒屋にて 全8回の⑤】

 酒友オタマジャクシとU、それに初めておめにかかる酒豪美女2人、そしてわたくしの5人で酒を飲むことになった(人間関係は当シリーズ①を参照)。会場のU居酒屋は、オタマジャクシのホームグラウンドのひとつ。

 まず、見るからに夏酒という雰囲気ありありの「宝剣 限定涼香吟醸」と「澤の花 純米吟醸 夕涼み」を飲んだあと、濃醇フルボディー酒「而今 純米吟醸 雄町火入れ」を飲む。4番目に飲んだのは「仙禽 かぶとむし 無ろ過生酒」。これも夏酒だが、「仙禽」の夏酒は、よくある夏酒とは全然違っていた。存在感たっぷりの「而今」をも凌駕するほどの個性派。わたくしたちは、この「かぶとむし」に完璧にKOされてしまった。

 強酸の個性派「かぶとむし」の次に飲む酒の選定には難儀した。どんな酒を飲んでも、「かぶとむし」に負けてしまいそうだ。呻吟の結果、おそらくは「仙禽」とはまったく違う“土俵”の酒とおもわれる「美少年」を選択する。いただいてみる。

 オタマジャクシ「辛いことは辛い。旨みが少ないね」

 酒蛙「ややドライ。超辛口を目指してつくった酒は、ドライになる傾向にあるが、これもそうだ。辛い、というよりはドライな飲み口だ。風味は、田園的なものを感じる。酒度は+15だが、じっさいに飲んでみると+15には感じない。+8前後に感じる」

 オタマジャクシ「昔の『美少年』は、ものすごい甘口だった。しかし、これは違うね」

 酒蛙「オタマジャクシが言うように旨みは少ないね。酸味と甘みもあまり出てこない。淡麗であっさりした飲み口だ」

 オタマジャクシ「膨らみが少ない」

 酒蛙「すっきり系のお酒だ。余韻にすこしの苦みとすこしの酸がある。食中酒にいいね」

 自己主張するような味・香りはなく、あっさり・さっぱりした飲み口に感じたが、これは直前に飲んだ「かぶとむし」が超個性的な酒だったため、「かぶとむし」に慣れた舌が、「美少年」に対応できなかったことに起因したのかもしれない。

 ラベルには「国産米100%使用 すっきりしたお酒です」と書かれているが、「原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール」とあるだけで、使用米の品種は明らかにしていない。

酒蛙

関連記事 一覧へ