メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【894】千代の園 ロックがうまい 吟醸原酒(ちよのその)【熊本】

2012.9.22 21:46
熊本県山鹿市 千代の園酒造
熊本県山鹿市 千代の園酒造

【水無月会月例会 全6回の⑥完】

 年齢不詳、職業不詳、氏名曖昧、会員名簿無し、分かるのは性別だけ、という水無月会。酒好き人が月1回、Y居酒屋に集い、あれこれ勝手なことを言い合う、超異業種間交流。会員名簿が無いのに必ず5~10人が毎月集まる。欠かさず月例会を開き続け、早くも4年目に突入している。今回は、過去最多タイの11人が参加した。

 「白瀑 ブルーハワイ」「幻の瀧 純米吟醸 無濾過生原酒」「たかちよ 豊醇無盡 しぼりたて生原酒 限定扁平精米おりがらみ」「美濃菊 純米吟醸 冷酒」「お福正宗 純米吟醸 生酒」と飲み進め、6番目に登場したのが「千代の園 ロックがうまい 吟醸原酒」だった。

 その容器に、みんな目が点になった。「なんだ、なんだ、なんだ」。場がざわつく。アルミ缶!!! 酒の容器でアルミは初めて見た。まるでビールやチューハイの容器ではないか。驚きを残したままいただいてみる。

 ヨネちゃん「アルコール度が18度というけど、アルコール度数の強さをあんまり感じないなあ」

 男性Kさん「おいしいです」

 酒蛙「すっと入ってくる。すこし酸があって、旨みがあって、後味に苦みがある。これはおいしい。18度とはまったくおもえないね」

 ヨネちゃん「アルコールを感じさせないのは、本当に上手な造りだ」

 酒蛙「酸と後味が残るのがいいな。好きな酒だ。別にロックにしなくてもいい酒だ。吟醸だけど、吟醸香は抑えられている」

 ラベルには「香味豊かな吟醸原酒です。氷を浮かべてひんやりとお楽しみ下さい」と書かれている。しかし、別に強くは感じないし、氷を浮かして飲むと水っぽくなる恐れを感じた。それとも、氷を浮かすと、香味が増すのだろうか。

 どうせなら、氷を浮かして飲んでみるべきだったかな、と今にしておもう。わたくしの性格は、「ロックがうまい」と押し付けがましく言われると、意地でもロックで飲まないぞ、とおもってしまう。へそ曲がり。嫌な性格。嫌われる性格。自分でも自覚しているのに、直らない。この性格で、かなり損をしてきたんだろうな、とおもったりする。

 また、蔵のホームページは、この酒について「一切割り水をしない吟醸原酒のおいしさをアルミ缶に詰め込みました。冴え渡るキレの良さ、吟醸原酒ならではの『旬』の味わい。柔らかな味と香りの手作り吟醸、氷を浮かべて、ひんやりと、ロックがお勧めです。日本酒の新たなご提案!」と説明している。キレの良さと柔らかな味については、まさにその通りだとおもった。

 アルミ缶には「原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール」とあるだけで、使用米の品種は非開示にしているが、蔵のホームページでは「麹米 山田錦、掛米 レイホウ」と詳細に書かれている。ホームページで開示するのなら、ラベルにも表示してくれればいいのに、とおもう。その方がユーザーには親切だ。精米歩合は55%。

 それにしても、である。なぜ、アルミ缶なんだろう。

酒蛙

関連記事 一覧へ