メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【1268】いづみ橋 紀 山廃純米吟醸(いづみばし はじめ)【神奈川】

2013.9.3 19:40
神奈川県海老名市 泉橋酒造
神奈川県海老名市 泉橋酒造

【H居酒屋にて 全3回の③完】

 同業者のある人と話をしなければならない要件があった。相手は酒が好き。ということで、わたくしなじみのH居酒屋で、一対一で飲むことにした。

 店の冷蔵庫を見たら、新しい酒が入っていた。聞くと一昨日、店で飲み会があり、店主がわたくしのために、新しい酒を飲み切らずすこし残しておいてくれたものだ、という。ありがたいことだ。

 その中から、「白露垂珠 純米吟醸 無濾過原酒 生詰」「磐城壽 山廃仕込 純米大吟醸」をいただき、3番目に「いづみ橋 紀 山廃純米吟醸」をいただく。

 店主「飲みやすいなあ」

 酒蛙「いい感じの酸味が来る。旨みが来る。旨酸っぱい。そして、熟成感がある」

 店主「熟成感、いますね。あ、ラベルを見たら、2年間、蔵で貯蔵・熟成されたお酒だ」

 酒蛙「ふくよかなタッチで、味がふくらむ。余韻の苦みが“いづみ橋的”だ」

 Kさん「苦い」

 酒蛙「『いづみ橋』というと、辛口のイメージだが、これはさほど辛くないね。甘みも感じる。辛口の『いづみ橋』より飲みやすいね」

 瓶の裏ラベルは、以下のようにこの酒を紹介している。「『酒造りは米作りから』の信念のもと、栽培醸造蔵・いづみ橋と地元農家が一体となり醸す山廃純米吟醸酒です。伝統的な醸造法(山廃仕込み)と戦前の復刻ラベルでもの事のはじめを意味する『紀』と命名しました。お燗での飲用をお勧めいたします」

 蔵のホームページも、この酒について「お燗で旨さが引き立ちます」。燗酒を薦める酒はあまりない。飲んだとき、裏ラベルの注意書きをちゃんと見ておくんだった。注意を守り、燗酒で飲んだのに…。残念。こんど、H居酒屋に行ったとき、この酒を燗にして飲んでみよう。たぶん、甘旨酸っぱいタッチになるんだろうな。

 ラベルによると、使用米は蔵がある神奈川県海老名市産の山田錦100%、精米歩合は麹米50%、掛米58%。

 わたくしたちはこのあと、「日輪田 山廃純米 雄町」(当連載【985】参照)、「初緑 夏純吟 火入れ(当連載【1205】参照)をいただいた。

酒蛙