メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【1318】竹雀 ひやおろし 純米 生詰(たけすずめ)【岐阜】

2013.10.17 18:52
岐阜県揖斐郡池田町 大塚酒造
岐阜県揖斐郡池田町 大塚酒造

【日本酒研究会月例会 全4回の④完】

 異業種の酒飲み人が月1回、M居酒屋に集う日本酒研究会。研究会とは名ばかりで、単なる飲み会。ちょっとカッコつけて研究会だ。今回は、フルメンバーの5人が参加した。

 「北光正宗 特別純米 原酒 ひやおろし 生一本」「紀土 KID 特別純米 ひやおろし」「六十餘洲 純米酒 山田錦」「長陽福娘 雄町 純米吟醸」と飲み進め、店主が5番目に持ってきたのが「竹雀 ひやおろし 純米 生詰」だった。

 J 「個性的で懐かしい風味だ」

 M 「昔ながらの香り・味わいだ」

 Y 「すこし、えぐみを感じる」

 酒蛙「酸味がある。熟成感がする」

 J 「うん、熟成感があるね。熟成感がある酒を飲むのは久しぶりだ。アテのシメサバと合わせたらいい感じだ」

 M 「辛いなあ」

 J 「うん、辛口だね」

 酒蛙「旨みを感じる。力強いタッチだけど、そんなに重くない。燗上がりが良さそうな酒質だ」

 瓶の裏ラベルによると、原料米は山田錦30%、五百万石70%で、精米歩合は60%。

 このあと、最後6番目のお酒として、わたくしたちは「乾坤一 純米吟醸 やまだにしき 原酒 一回火入れ ひやおろし」(当連載【903】参照)をいただいた。

酒蛙

関連記事 一覧へ