メニュー 閉じる

47News

文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【1728】19 純米大吟醸 生酒(じゅうく)【長野】 

2014.10.14 23:30
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
長野県長野市 尾澤酒造場
長野県長野市 尾澤酒造場

【P居酒屋にて 全12回の⑥】

 久しぶりに、オタマジャクシ&U&美女軍団との飲み会。オタマジャクシは蛙のわたくしより若いため、そう自称している。この飲み会はこれまで、U居酒屋で開いてきたが、その店長が新たにP居酒屋をプロデュース、その店の店長を務めているため、今回はP居酒屋に店を変えた。

 店長が「19 Sur Lie 生酒」「新政 純米 クリムゾンラベル」「聚楽第 純米吟醸」「佐久乃花×亀の海 純米吟醸 assemblage」「19 poco a poco 生酒」に次いで、6番目に持ってきたのは「19 純米大吟醸 生酒」だった。

 「19 Sur Lie 生酒」「19 poco a poco 生酒」同様、「19 純米大吟醸 生酒」も尾澤酒造場(長野県長野市)のお酒。このお酒を持ってくるとき、店長は「このお酒のラベルは、ヤンキース(大リーグ)のマー君(田中将大)をイメージしたものです」と説明したものだから、一同「おおおーっ、すんげぇ~!!!」。

 たしかに、ヤンキースのピンストライプのユニフォームをおもわせるラベルだ。しかも、ラベルの「19」の書体(フォント)は、ヤンキースでのマー君の背番号そのものだ。尾澤酒造場のメーンブランド「十九」「19」と、マー君の背番号をかけるなんて、尾澤酒造場、なかなかやるなあ。さて、冷酒で「マー君」をいただいてみる。

 オタマジャクシ「美味しい。キレの良いスプリット(スプリットフィンガード・ファストボール。マー君の決め球)だ」

 酒蛙「わっ、オタマジャクシ上手いっ(拍手)」

 美女Oさん「後味が甘い。投げ過ぎると、肘を壊すよ」

 オタマジャクシ「飲み過ぎると腹を壊すよ」

 全員「あははは。オタマジャクシ、今日、さえているね」

 酒蛙「直前に飲んだ『19 poco a poco 生酒』とほとんど同じ。極めて似たタッチだ」

 店長「造った時期、原料米、アルコール分などが違います。『19 poco a poco 生酒』はアルコール分16度、『マー君』は15度」

 酒蛙「甘旨酸っぱい。濃醇ふくよか。厚みたっぷり。とろり感もある。すこし、ガス感のピリピリ感がある。旨いなあ」

 オタマジャクシ「これ、おいしいよぉ~♪」

 マー君は今シーズン、途中で故障したが、異次元レベルの投球で、アメリカや日本の野球ファンを熱狂させた。この「19 純米大吟醸 生酒」も異次元レベルに近い内容だった。

 ちなみにプロ野球では、オタマジャクシは熱烈タイガースファン、わたくしは熱烈ベイスターズファン。

 この酒のラベルによると、原料米は播州産「山田錦」100%使用で、精米歩合は45%。「山田錦」は酒造好適米のエース。その中でも播州産(兵庫県)は、最も評価の高い「山田錦」だ。「山田錦」の中の「山田錦」。エースの中のエース。大エース。“マー君酒”にふさわしい原料米である。

酒蛙

最新記事