メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2349】秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒(あきしか)【大阪】

2016.3.13 18:13
大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造
大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造

【懇親会にて 全7回の⑦完】

 仕事の打ち合わせのあと、B居酒屋で懇親会。この店は冷蔵庫に約200本(種類)の1升瓶を常備し、品ぞろえが超豊富。さらに、2時間飲み放題対象のお酒も、かなりレベルの高いものばかり。“普通酒飲み放題”の店とは根本的に違う。

 12人による懇親会。座席の関係で3-4人のグループができ、それぞれ自由に酒を注文する。わたくしのグループは7種類の酒を飲んだあと、飲み放題のタイムアップ。ここで解散したが、わたくしを含む4人は、なじみのKスナックで点数カラオケ合戦。

 2時間ほど歌合戦をしたあと、再解散。しかし、Hが「まだ飲めますよ」などと誘いをかけてきたので、よ~し、次いこう! 近くのM居酒屋に転戦した。ここも超なじみ店。冷蔵庫に1升瓶約80本を常備している充実店だ。

 ここで、「醸し人九平次 純米大吟醸 別誂」(当連載【370】で紹介済み)、「義侠 純米原酒 生酒」(当連載【72】で紹介済み)、「飛龍 純米大吟醸」と飲んだあと、最後4番目にいただいたのは「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒」だった。

「秋鹿」はこれまで、5種類ほど飲んだことがあるが、いずれも酸が立ち、しっかりとした味わいの酒、という好印象を持っている。これはどうか。期待を込めていただいてみる。

 H 「これ、いいとおもう」

 酒蛙「う、う、う、旨いっ!!! 酸と旨みのバランスがいい。やっぱ、『秋鹿』は、この酸なんだよな。フレッシュ感もある」

 H 「狸さんは、酸好きなんだよな」

 酒蛙「これは旨い。信じられないくらい旨い。ドスンとした存在感のある複雑な旨みがあり、骨太の酸があり、実に力強い。しかし、くどくはない。二律背反的な軽快感もある。旨い味が大きな塊になって、口の中に広がる。ううう、これは感動だ」

 最後に極め付けの酒に巡り会った。とてつもない旨さに、2人、陶然となった。いい〆の酒だった。

 瓶のラベルの表示は「原料米 山田錦100%、精米歩合6割」。

酒蛙

関連記事 一覧へ