メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2462】ヤマサン正宗 吟醸 生(やまさんまさむね)【島根】

2016.6.20 22:45
島根県出雲市 酒持田本店
島根県出雲市 酒持田本店

【P居酒屋にて 全10回の①】

 四国の酒豪と一対一で飲むことになった。場所はもちろんP居酒屋。お茶目な店長が、わたくしが飲んだことがない蔵の酒を見つけてくれるとともに、各地の面白いラベルの酒を集めてくれるので実に楽しい。

 店長がトップバッターに持ってきたのが「ヤマサン正宗 吟醸 生」。この蔵の酒を飲むのは初めて。店長が、わたくしが飲んだことがない蔵の酒を見つけてくれたのだ。うれしい。ありがたい。

 酒蛙「甘みがくる。とろみがある。最初、酸が無いとおもったけど、酸は遅れてくる。酸はだんだん出てくる」

 酒豪「確かに。最初、甘く感じたけど、酸がツンとしてきた」

 酒蛙「旨みもけっこうあり、美味しいなあ」

 ラベルの表示は「原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール、精米歩合60%」。使用米の品種名が非開示なのは残念だが、蔵のホームページは、使用米が「五百万石」(島根県産)と開示している。

 蔵のホームページはこの酒を「香が高く、まろやかな口当たりですが、キレがよく、どんな料理にも合わせやすいお酒です」と紹介している。

 蔵のホームページによると、酒名「ヤマサン正宗」は、「屋号の『三分(歩)市屋』(さん・ぶ・いち・や)からきたと言われています」と説明している。屋号は、「釜」の上の部分に似た字の下に「三」が書かれている。「釜」の上の部分に似た字を「やま」と読ませている。

酒蛙