メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【2481】千代の亀 純吟火入 青亀EK-7(ちよのかめ)【愛媛】

2016.7.1 22:18
愛媛県喜多郡内子町 千代の亀酒造
愛媛県喜多郡内子町 千代の亀酒造

【K立ち飲みにて 全11回の⑩】

 酒友徳ちゃんの仕事場の近くに、名の知られた立ち飲み店がある。徳ちゃんと半年に1回のペースで飲みに行っており、今回が3回目。アテは各人持ち込み、とのことなので、近所のスーパーで乾きモノを買い入店する。有名地酒蔵の酒はいっさい無く、あまり知られていない中小蔵の酒を中心に置いているのが好ましい。

 冷蔵庫の中に林立する一升瓶の中から、「理可 純米吟醸」「29 純米吟醸 無濾過原酒」「KAZMZ 2016 特別純米 無濾過生原酒」「伊夜日子 特別純米」「越乃雪しずく 純米吟醸」「越後一会 玉風味 純米吟醸 無濾過生原酒」「譽國光 特別純米」「陣屋 大吟醸」「羽前白梅 俵雪 純米吟醸 原酒 生詰」と飲み進め、10番目に選んだのは「千代の亀 純吟火入 青亀EK-7」だった。

 わたくしの酒友の奥さまが愛媛県出身で、実家の近くに千代の亀酒造がある、という関係で、ご実家から「千代の亀」が各種送られてくる。その都度、酒友はH居酒屋に持ち込み、飲み会を開く。当然、わたくしにも声がかかる。ということで、「千代の亀」はけっこう種類を飲んでいる。が、この酒は飲んだことがなかった。どうか。

 徳ちゃん「普通においしい酒だ。いいね」

 酒蛙「酸と旨みがあり、表現不能な、独特な複雑風味がある。甘みと漬物が一緒になったような、非常に個性的な風味。酸がいい。飲み飽きしない酒だ」

 瓶のラベルはこの酒を「愛媛酵母EK-7使用。華やかな香りとスッキリ爽快な味わい」と紹介。また、蔵のホームページはこの酒を「市場初となる愛媛酵母EK-7を使用。華やかでフルーティな吟醸香とスッキリ爽快な日本酒」と紹介している。

 ラベルの表示は「原材料名 米(愛媛県産)米こうじ(愛媛県産米)、精米歩合は55%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

酒蛙